人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
デジタル最前線!時代はSNSファーストありきである「今現在は」。で、納品は先ず、USB Type-Cケーブル(Thunderbolt 3 )接続又は、
ワイヤレス通信の速さが、仕事の値打ちを「先ず」決める時代である!更にである。シャッター音のオン・オフも瞬時に可能にして置かなくてはならない。これらは既に「特別な」コトでは無く「スタンダード」であるに違いなく、本データと言える画像はRAWで有り、これも「納品」の早さが「普通」に問われる!小生の場合。JPEG生成までの所要時間は現在、1画像辺り、10secから20secであるがこれはカメラの画総数とパソコンのスペックに依存する所もあるからmac-proアッセンブルを駆使すれば、更なる高速化が実現するだろうから「バージョンアップ」に待ったなしである。金で解決する速さなら買いたい!(泣笑)。で、作品づくりにはこの工程にTIFの画像処理などがRAW含めて入るからスペシャルチューンが必須なのである。

先ずは「時限勝負!」の速報版を秒単位の闘いをクリアして、様々なメディア・媒体にリリースするのだ!フレッシュ&インパクト!を売りに頑張る!(笑)。

閑話休題・・・
普段は急がされる「仕事」はしていない(笑)。悠久の「時」の流れに身を任せ、丸々「一日中」シャッターを切らない場合もあるし、撮影した「画像」を延々、何日も作品に仕上げない「ジャンル」とかを持っている(笑)。

伊勢・二見沖合いの水平線の灯火は大型船外洋航路へ続く伊勢湾口付近。愛知・知多・渥美・伊良湖あたりに浮かびのは町の灯に漁火・・・。目の前は二見ヶ浦・夫婦岩で「禊ぎの海」である!八百万(やおよろず)の神々がおわしたもう国、日本。天空に星は北極星から東へと繋がる星座の星空風景に魅入る。天と地に神話の世界が展開する!

b0169522_05522724.jpg
伊勢志摩豊饒の海に浮かぶ「人口灯火」の上には、満天の星であり「神々の饗宴」である。日本とギリシャ、中国の神話や言い伝えが「融合」する天空である。

b0169522_05585038.jpg
夕映えの稜線は紀伊山系である。神と仏の集合する風景がある。伊勢志摩の沖合い遥かには黒潮の回廊である。日本沿岸の真夏と共に海の幸を齎してくれる海の潮の流れである。熊野灘が流れる先は遠州灘と名を変えて「海洋生物」の楽園が連綿と繋がる。里海と里山が出会う「道」の星空風景である。
b0169522_05590695.jpg
時を超えて、宇宙とは何と摩訶不思議で魅力の尽きない存在である。

b0169522_06020670.jpg
で、小生なんであるけれど。眠らない、いや。眠れない「夜」を彷徨である!徘徊ではない、念の為(笑)。

昨晩。明るい月に煌々と照らし出された星空風景で目立ったのは木星とぽっかり浮かぶ雲だった。それでも晴れていた。ただし、湿気が高く撮影に乗り気がしなくて時間だけが過ぎて行き。月明かりが失せる頃の地上はレンズの結露に正体不明の痒みを伴う小さな虫の足元への襲来の懸念?一晩中月明かり無しの快晴ならば「いざ、出陣!」何だけれど。近頃?計算高くなって来た?フォトグラファー失格である(笑)。

それと言い訳其の一、何だけれど。小生のアッセンブルする「超広角レンズ」はレンズ前剥き出しで、霜よけヒーターが効かない!で、違う季節の想い出の空でフォトエッセイで夜が明けたというコトさ(笑)。いや、笑っている場合では無い。明朝、最後のチャンス!?ペルセウス座流星群極大!?・・・。老人の細やかな楽しみも台風には勝てない。かな・・・。それにしてもこの台風、盛夏真っ只中の黒潮の回廊で超絶なエネルギーを補充し続けてぽっかりと開いた穴が四国ほどの広さに見える!これが台風の目としたら?あまりのもえげつない!史上最強!?

寝違えた「首」がどうにも痛い。首の筋力も相当退化老化の一途か?片道90分のワイルドライフの合間に実質60分のペルセウス座流星群に奇跡をかけようと機材をアッセンブルしたが「首」が廻らないのを理由に出掛ける計画は頓挫させ、画像処理をコツコツすることにして、眼が疲れたら?仮眠してを繰り返す。いや、本日は朝から、もっと言うと昨日から続けている。盆明けの納品で良いと折角のお言葉なのに「先程」仕上げた。これはDVD納品なんで、3枚に仕上げる作業だけ残した。

台風10号をやり過ごしてから残暑のお見舞いと言うシーンをアートしようと「怠け」の「癖」がやる気を飲み込んで台風が過ぎるのに何日かかるかは台風次第だが、物騒な予報ではあるが家に引きこもって「盆休み」としよう。日本一の豪雨地帯の大台ケ原の大雨の「作品」の宿題を残している話は再三書いているが、アタックが出来てない。この台風が最強の大雨をもたらすであろうけれど。超暴風で「生還」さえ危ういので、やはり暴風の無い「豪雨」を待つことにする。

となると梅雨明けも逃し、8月もカウントダウンとなると「またもや」宿題のリストから消えない?水中写真も二ヶ所からオファーを頂いており、これも「宿題」のリストから消えそうも無い。納期を切らない「受注」とするとは言っても「何年越し」となって来ると「詐欺」みたいな「気分」になる。これが寝起きの寝違えに出たのかも知れんなあ?

で、往生際悪く。最終判断で、空を見る!月が伊勢悠久の森の稜線にかかり、南西の空低くにあって、千切れ雲を浮かび上がらせていて全天には別の淡い雲がどんよりと薄くかかる。表現的には「晴れ」なんだろうけれど長時間露光で流れ星を撮影しようとすれば「最悪」の条件と言える。すでにこの時間に起きているコト事態が正に不健康この上ない!?さて、寝るかな?

どんよりと曇った今朝の空、明るさが風景に色彩を与えるも鳥も虫も鳴かない「静寂」は土石流が山を流し、里を流した「記憶」に繋がる。其の時は取材で知り合いになった「山小屋」の主人が、電灯に虫が寄らない少ないと「豪雨災害」の何日か前に力を込めて不思議そうに話してくれた。まさかその時に予知などと言う話では無かった。今なら言える。ヤバいかも?自然界からの警告も自然が自然のままで「童謡」の「ふるさと」の歌詞のようであってこそ、八百万の神々に守られるのだ。

相変わらず、コンクリートの壁が隔てる工事が見た目の自然の風景を切り裂く!?自宅近くの池を通る道が「土手」から「狂気」に変わっていた・・・。で、台風の予兆が先ほどから・・・風が一瞬吹いた!大気が動いた!これで、雨が来れば?いよいよなのだが。今、一つ。気象衛星の画像がフルタイムで表示されて来ない?ラジオの気象通報で天気図を描くしか無いなあー。これが一番確実である。やはり、最後は「アナログ」に大きく依存する?エネループも停電を考えて「ありったけ」をフル充電した。

後は?カップ麺の在庫が気になる。缶詰は?水・お茶・スポーツドリンクはカートンで玄関に積んである。後は「サバイバル」にならない事を祈ろう!?



(       文と写真   たかだけんじ       )

by syashinkouboutabi | 2019-08-12 06:04