四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2015年 12月 22日 ( 2 )
所謂(いわゆる)平常心と云う境地を意識するコトも
無く。非常に高い集中力が、無の中で進み、ある時はそれが、完結したり、失敗したりを繰り返し繰り返す日々の流れの中で。今月が、師走で。来月が、新春であるだけの当たり前の「時」の流れの巡りに有って。特別に意識付けを感じていないのが、今年の今の「心境」である。一年の計を元旦に立てるでも無く、悟(さとる)とか、開眼などと云うコトにも無頓着となったみたいで(笑)。既に新春、一月のスケジュールも「程よく」オファーが、入りかけている(感謝)。

で、次の一週間を確認して、気象条件を洗い直して。撮影プランをざっくりと設定する。その繰り返しの365日が一年を巡る、テーマは四季彩。これからは、気合いを入れすぎずにのんびりやることに決めた。還暦を越えて、がつがつやってもろくなことが無いと、この部分では「ほんの少し?」悟ったようだ(笑)。

心の趣くままに「旅」出る。青春時代に彷徨した「ひととき」を思い出し、地図で「旅」をする。このジャンルでも少し、仕事になることも実感出来て来ている。これが、今。最高の楽しみで、それ以外はまったくの無頓着になった?

心臓で、死にかけたが。今、最大の苦境は「膝」に抱えた爆弾である。もう、すでに体重を支えることが、不可能である。いや、立っては歩いている。靱帯を二度も切断して、半月板も裏返ってと。極限の痛み、衝撃、あきらめも許容したが、レッドゾーンに向かっている。正座はすでに無理であり、変な座り方の時に激痛となる。メスを入れるか否か?普通の生活が出来れば好いとドクターの言葉を信じて、この先を「旅」出来ればと思うが、70歳まで、持つか?どうか?

後、一回。出稼ぎが終了すれば?世間並みに正月休みとなるんだけれど。元旦、二日と仕事(撮影)が、あって。仕事始めが、元旦と「毎年」書いている(笑)。それを挟んで、正月休みはあるんで、感謝の極地に正直葛藤している。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-12-22 22:29
伊勢 二十四節気 【冬至】 伊勢神宮 宇治橋
b0169522_9335449.jpg




ここへ来て、暖冬である。底冷えの無いままに「冬至」を迎えた。伊勢、伊勢志摩、東紀州、紀伊山系の四季彩を巡る「旅」も、ここ伊勢で、冬至の日の出の頃に居て、今年も大きな節目は、残す所。大晦日とあいなって、感慨深いものが有る。



b0169522_9391624.jpg
b0169522_9385824.jpg




何時、何処で見ても「日の出」は、好い。ただし、年齢のせいか?ジャストミートのアングルでと思っていたレンズのセレクトが、まったく違っていて?なんとまあ、信じきって向かったベストポジションで、あぜんとした。記憶と云う、老人覚え書きも他でもいっぱい思い込み違いがずらっとあるんだろうか?

な、ことは。さておき、もう一回くらいは「東紀州」の旅も年内にはと思うが、すでに撮り切った感が、あり。正月用に「みかん」でも、仕入れに行くくらいの余裕で、勝浦で「まぐろ」を賞味しがてら
帰路に温泉でも。好いなあ〜・・・。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-12-22 09:51