四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2015年 12月 27日 ( 1 )
ニッコール200〜500ズーム・・・の話。
本日、伊勢〜伊勢志摩〜東紀州〜紀伊山系風景写真にフルタイムエントリーは、「グッドジョブ」&ベストフィーリング!一旦捉えたアングルはコンセントレーションを切らさずにズーミングで、4バリエーションを規則的に刻み撮影出来るテンポが、なんと一本のレンズで、小気味よく決まった!使い勝手、重量、デザイン、パフォーマンスなど「相性抜群」であった!AFにちょっとした「コツ」が必須となるが、これが決まると「快感」である(笑)。



b0169522_2347311.jpg




夜の野生圏では、独特の個性あるズーム比が、アングルを拾いだすのにストレスフリー!さらにSB910のオートマチックな露光制御で、完璧にライティング!瞳の色を忠実に拾いだしてくれた!



b0169522_23505245.jpg




凍てついた紀伊山系の稜線から昇る朝陽を撮影したが、レンズのボディーバランスが、最高で。肝心の描写はフレアーも出ず、ハイコントラストで、輝度差も難なくクリア!好みの色彩に仕上がって、気分は最高!



b0169522_073792.jpg


b0169522_23554646.jpg




エキセントリックな飛翔で、捕食に入った猛禽類も、ものの見事に結像させてくれるAFはシャッターを切るタイミングに迷い無く限りなく自信を与えてくれた!瞬間を切り取るための最高の武器を手にしたと云える。それはリズミカルなサウンドを奏でるようにアートするためのプロの道具であるに違いない。

D5とのコラボレーションが、今から楽しみでワクワクする(笑)。ここまで、書くと褒め過ぎか?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-12-27 00:04