四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2016年 12月 09日 ( 3 )
年末の大掃除!業者のトラックに載せきれず!これは外回りの話・・・
屋内は新春、2日に息子娘たちが押しかけてくる。小生、近年。二度死にかけてるんで、身の回りの整理整頓を目論まれている・・・外回りの積み込みがひと段落した頃合、ジョウビタキの雄が、植木にぴょこんと止まった!久々に顔を合わす!犬小屋のフェンスに止まってから、覗きに来た!愛らしい目が可愛い!残り柿の枝にとまったが、光線が悪いので撮影は辞めた・・・

1日が短いような長いような、本日である・・・

例年に無い、気候の変化で。四季彩が実に良い!600mにグレードアップしたので、全てが「ニューアングル!」で、感激の描写に浸っている!明日からの週末の激写は「雅楽」を撮る。被写体との距離感が絶妙で、シャッター音を意識させないのが好い。インドアでのシチエーションが完璧に「コントロール」できている。

ISOスピードレートは12800〜25600でミックス光下で、抜群の色彩を演出する!640〜1250分の1秒でシャッターが切れるから、Nikon D5とのコラボレーションで描写においては天下無敵!

これは「別件」、極限の底照明下、松明(たいまつ)の照らす祭りでも高速シャッターの恩恵に与かっていて「別次元」のアングルからのアートが可能となっている。撮影ディスタンスに無制限のアートが可能!自らの感性の趣くままに「作家」になれる!(笑)。

レンズも魂を揺さぶる「ラインナップ」になった!仕事の本気は「単焦点レンズ」にあり、見えてくる!(笑)・・・















[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-12-09 16:10
朝陽を待って、凍てついた夜明け前!と書くと。凍える寒さを思い描くが、
昨日よりも冷えた今朝。着込み、重ね着の暖かさを超えて、汗ばんだ!?体でも悪いのか?と思ってしまう?アウトドア用品は所詮アウトドア用品であると。そう思っていたが、そのジャンルのアイテムも日進月歩である!優れものが次々とリリースされていて?知らないと損?頭のてっぺんから足の先まで!ラインナップは完璧で、軽量コンパクトを基本として。大外回りをプロ仕様のがっつりで固めれば、雪の中で眠れる。テント、ターフ、寝袋で更なる「保温」「保身」である。

満身創痍で諦めていた「大自然」へのアプローチが復活!?撮り尽くせないアングルが大自然には延々と待ち受けている!

撮りたいテーマがあって。満点の星空の後の、朝陽の後の・・・と、ばっちりと進んでいたが。雲が出た!まだまだ、冷え込みが足りないようだ?足元で、野鳥が警戒の「け」の字もない至近距離で餌を追い、傍を違うのが、するりと抜けて行く!有り難くて、好いんだけれど。

小生の存在は自然界の中で「無」なんであろう?レンズ向け放題ではちと、緊張感もあったもんでは無く。複雑な心境になる(笑)。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-12-09 08:38
夜明け前の仕事では、先ず。アンダータイツ(パタゴニア)を二枚履く。アンダーシャツは、
フィッシング用のヒートテック。後はフリースの重ね着にジャンパーまたはスキージャケット。頭はヘアバンドにニットの帽子。厳冬期は目出し帽などのアイテムが加わる。で、シャッターを切る手は「素手」である。凍傷一歩手前までの「時限レース」での闘い。日中無風快晴では、Tシャツ短パンで大汗を流し、一度(ひとたび)気圧配置が変わり、荒天烈風で「即」氷点下の洗礼を受ける。伊勢ー伊勢志摩ー東紀州の話である。標高500mの稜線でも南斜面と北斜面でも雲泥の差となる。さらに標高1000mはまさに山岳であり、生死をかけた「領域」になる。

体調不良、怪我、自然の猛威、アクシデント。

長年の体験はあるが、何の役にも立たない。気力、体力、知力・・・自然には無味だ。そんな季節の写真撮りが、始まった。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2016-12-09 01:33