人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2017年 02月 07日 ( 1 )
大型の寒気団、高気圧はローテーションよく巡っては来てるんだけれど。気圧配置の妙と、
太平洋側にも雪の気配の雲行きが怪しい季節の到来と相成って。わかりやすい快晴のエリアが失せて、夜明け前に寝床を抜け出すのも「くじ引き」のような「運」「不運」のような「一期一会」をまあ、楽しんでいる(笑)。それにしても風の強さが難儀である。手袋を外すと一気に指先が痛くなり、感覚が薄れる。毎度の話だが、いつしか高齢の身の上に病院通いの持病持ちで、凍てついた夜明け前から最低気温を記録する時間帯に冷たい三脚とカメラ、レンズを「素手」で触っている!?如何なものか?



b0169522_15241058.jpg
b0169522_15574001.jpg



ようやく、東紀州。七里御浜で水平線の上に我が銀河系の中心部を撮影できた!夜中の交通量の少ない紀勢道を2時間以内のドライブ。道中は結構楽しいオプション付き(笑)。ただし、軽自動車なんで運転手1名の旅なのに機材とかで身動きが取れない(笑)。

この日。東紀州の雲海が、どうゆうメカニズムで。どこから、どうゆう風に湧き、集まり「峠」を超えるのかというパターンが偶然解明できた!地形の妙である。幾筋もの河川の流れ、山肌、稜線、それらの個々の気温、大気。もっとも肝になるのが熊野灘の大いなる「いとなみ」。それが、雨の二日前と云う、地元の老人の言葉に集約される。その湧き立つ頃に何度も車を走らせ、目の当たりにして。大自然の光景に平伏したのであった。

快晴の風景に雲海が湧き出し、龍のようになって「峠」を目指すのである!河原に立っていて、雲海が毛嵐となって通り過ぎた「ひととき」、快晴なのに河原の石がびっしょりと濡れていて、朝陽に輝いた!紀和町より奥の紀伊山系、紀伊水系には荘厳な大自然の摩訶不思議がさらにとてつもない大きなスケールで、存在した!

闇に目を見た!ひょっこりと出会ったのが、野うさぎにカモシカである(笑)。黒いのに出くわさないように「万全の注意」「細心の注意」を払って、息を殺して「撮影」に望んでいる「きょうこのごろ」である・・・。









by syashinkouboutabi | 2017-02-07 15:53