四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2017年 07月 31日 ( 1 )
Suzuka 8hours FIM Endurance World Championship 世界耐久選手権最終戦!鈴鹿8耐!
で、メディアのエントリー数も400を超え、F-1並み。ところがイベント会場の拡張で、メディアのパーキングがサーキット外になり、シャトルバスで30分・・・。今回からVTRの撮影機材もエントリーさせたので半端じゃない量と重さ・・・。ゴールに花火と夜間撮影もあるんで、スチールにも三脚・・・。メディアセンターの席が幅1mもなくなり、椅子が一席。パソコンをセットするだけで精一杯・・・。そんな環境に世界から様々な人種が入り乱れる。早速、Aパスのビブスが無くなった?と悲壮な顔のフォトグラファーが出た。そうそう。真夏なんでクーラーボックスに氷を満載して持参する。

コカコーラの冠大会なんで、飲み物はメディアセンターにたどり着けば「飲み放題」なんだけれど。補給食に別メーカーの強力ドリンク、ゼリー、糖分、ビタミン、お菓子、カップ麺などありとあらゆる「エネルギー」を持参する。昼食はサーキットから出されるも今回はパスチェックをして本人自身でないと配布させない引き取りとなった。これも国際大会での「初体験」だった。

で、撮影はNIKON D5 を3台エントリーさせて、ストロボもSB5000をセットした。タイムスケジュールをにらみながら、詰め将棋のように「撮影順」を練り上げて、撮り忘れのないように入念に組んだ。8耐ウイークの睡眠時間は平均、3時間!?気力体力集中力人間力思考力全ての限界を超えた。これが実に快感なんである。メディアの数の多さは受付時ではねられるメディアもいる。受付はクリアしてもパーキングパスの発行を拒否されたりといろんな話が飛び交う・・・。

決勝日には特別なビブスを渡され特別なミッションを言い渡され、還暦越えのジジイの体力、気力は「ほぼほぼ」限界に近づき、熱中症、ふくらはぎは痙攣寸前、意識朦朧、筋肉痛などなど。ただし、ニコンの機材とニコンのプロサービスデポの完璧なサポートを受け、無事「全ミッション」を完結させた!感謝!

で、自宅生還は夜明け前だった。レースは8時間耐久なんだけれど。フォトグラファーは一体?何時間?の耐久?ただし、これをしっかりと楽しんでいる自分が怖い(笑)。この上ない、最上級のやりがいなんである。世界最高峰のステージで仕事できるやりがいなんである。選ばれし者たちの「夢舞台」に違いない!本物のプロフェッショナルの世界である。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2017-07-31 19:54