四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2018年 03月 06日 ( 2 )
良く晴れた!見た感じた「良いね」となったらシャッターを切る!これ、スナップの極意!
あれこれ一捻りはせずにストレートに撮る!これがキモ!あれこれ頭で考えずに直感的が楽しい「観光写真」を拾い集めている。仕事柄、アングルをこねくり回すのが「受注仕事」でこれでは最高の絵が残らない。後で、あれこれ「注文?」が付随される理不尽が付録される(笑)。永らくの仕事であった・・・此処へ来て自分の意思で決定する仕事に変えた。売れなければ自己責任であるから、世間一般誰の責めも貰わない(笑)。ただし、販売のパートナーに売れない写真を背負わすのだけは極力避けたい。ストックフォトの難しさがそこにある。



b0169522_10034004.jpg


「観光写真」のニューアングルの構築が今の旅行ブームに乗って行ける様々なファクターをクリアするんだろうと自分を信じて、レンズを向けている日々にある。













[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-03-06 10:07
10年はひと昔。だから、もう50年も前の風景が今に重なるとなると「昔々のさらに昔」の話で、
それでも想い出と現在が同居する。風景の輪郭は変わっていない・・・原風景はなんと半世紀の時の向こうである・・・生活は今よりも活気があって、店も旅館も多くて生き生きとして人の往来も豊かだった。今は人影もまばらで静寂の中で春の訪れた港の風に乗って「潮の香」が匂いたつ・・・。中学生の頃は未舗装路の峠を自転車で越えて、伊勢志摩を巡っていた。今は全面舗装路で気がつけば味気ない・・・。伊勢道路は逢坂越えと言い、今のトンネルの上につづらが続いた。剣峠も鍛冶屋峠も能見坂も地道だった・・・。

b0169522_02234528.jpg
b0169522_02235403.jpg



伊勢志摩・波切・大王崎・・・天陽干しの秋刀魚、かます、カワハギ、いか、アジなど。炙って、味覚が更に増し美味絶賛の海の幸!6年前の夏、伊勢志摩を一年掛けて四季自然、祭り、郷土料理などの撮影完了の打ち上げで剣峠を越えた(自転車で往復した)。志摩の和具で一泊した。その秋のF-1鈴鹿GP撮影後、しばらくして「心臓」が悲鳴を上げた!

有無言われぬ、未体験の感覚に夜明け前に襲われて、悩んだ挙句「自分」で救急車を呼んだ。それが「間一髪セーフ!」で、まさに全てがギリギリの救急救命で救急隊員の対応のおかげで一命を取り留めた!救急病院への連携に1秒の無駄さえ無かった!で、病院の処置対応もパーフェクトだったから「今」がある!

今、生きている生かされている「意味」を考えている。人として、何をなすべきか?








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-03-06 02:46