四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2018年 06月 05日 ( 2 )
やっと「本日」スタッドレスから「ノーマル」に交換してしかもおニューのBS-プレイズPX-Cで武装した!
走りごごちはまさに筆舌に尽くし難い最高品位の走行感である。これで梅雨の路面も怖くない!自宅近くに咲く「トケイソウ」も笑ってる。日本列島をスッポリと隠して雲が覆っている。「仕事」も、なんでも撮れてしまう Nikon D5 を手にしてから「生活」が一変した!本当に何もかも撮れてしまう「ポテンシャル」も最高品位を叩き出す!それで「雨」の季節を今までに目にしたことの無い「描写力」でアートする楽しさに心がときめいている!

「自称」だった風景写真家の自称をカットしても世間も許してくれるだろうと思える仕事を一つ完了させた。D-Movie の同時進行の手順も慣れて来て作品作りも順調になって「運気」は良い方向に居る。ストックフォトが「型」を最強に押し上げて「ツボミ」が沢山見えて来て70歳までには満開かなと楽しみである。



b0169522_21462505.jpg




「眼」に負担のかかる仕事はそろそろ、自主引退勧告である。危険と表裏一体の出稼ぎも辞めて、納期に縛られない「旅」を取る。撮影機材への負担、心身への負担などあらゆるマイナスは排除しても許される年齢が来て、お後四ヶ月頑張ったら「年金生活」なんだから「やりたい放題」を余命いっぱい楽しんでも誰の責めを貰うことも無い。筈、

往生際の悪さ、悪あがきは「お手の物」の筋金入り!の「居直り」で。それに加えて・・・未だ、俗世間の人間関係の「見ざる」「言わざる」「聞かざる」を悟れないーーー










[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-06-05 22:10
花の開花、スケール、ボリューム。蝶が連動する!自然界の摂理とは?見えて来たものは全く違う次元の世界!?
b0169522_00141752.jpg



伊勢湾の風に乗って、五十鈴川源流と同じ「いきものたち」の躍動があって、幾筋もの登山道に連動する。齢64歳にはちょっとハードだ(笑)。



b0169522_05311812.jpg



伊勢湾からの風は多様である。時に烈風、時にそよ風ーーー。天と地である「さすが」伊勢志摩で唯一無二の天空である・・・。



b0169522_05332283.jpg



伊勢・朝熊山稜線から南中の方向に五十鈴川源流の悠久の森が広がる。星空と原生の巨樹の森に蛍の飛翔である。梅雨の足音が忍び寄ると満天の星空に雲がかかり、人工灯火を反射して星の数が失せる。ただし、連日の蛍の灯の増加が逆に恨めしい(笑)。昨晩は一度に数匹の点滅が漆黒の森の闇に浮かんだ!さらなるピークは去来するのか?満天の星ぞらと遭遇できるのか?「欲」は尽きない(笑)。

で、夏の銀河の中心部やさそり座のハートが稜線に浮かぶ絶妙の頃に蛍の点滅飛翔のピークが終わる。撮影現場は凄まじい湿度で、訳の分からん「虫たち」に襲われる!蜘蛛の糸が顔に絡む!特に靴下の足首辺りのチクチクした独特の痒さは赤い斑点となり、皮膚に何者かが食い込んで無いか?風呂でゴシゴシ洗って確認する(泣)。昨日は伊勢志摩スカイラインの売店のくじ引きで「ボールペン」が当たった(嬉)。

伊勢悠久の森には「マダニ」が生息する!これに当たるのもくじ引きである?「まさか?」・・・。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-06-05 05:53