四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2018年 07月 02日 ( 3 )
「野生圏」の「夜勤」では数回も無い「パターン」の夜明け前から日の出の時間帯を定点撮影で、
3テーマの「ターゲット」に絞って、森に眼を凝らして居たら?目と鼻の先で「動く影」を発見?よくよく見れば?何と近頃見ることの無かった「ミヤマクワガタ」の大きいオスの勇士であった!土から出たばっかりであろうか?顔に土も付いて居た!里山の森のクヌギ林でも無い森に何と生息して居たのだ!これは「大発見!」である!



b0169522_22382182.jpg



以前なら「正直」言うと「お持ち帰り」のパターンなんであるが、森の生命を持って帰る喉と言う事は自然界への冒涜であると断念して「その代わり」これでもかと激写したが、動画を撮るエネルギーが残ってなくて・・・。

まあ、それにしても。次から次への「森」からの「贈り物」を授かる日々に感謝しかない。で、少し先に出たのが「テン」で久々の出会いであったが「撮影機材」のセッティングがその撮影距離をカバーするレンズでは無くて「残念」の一コマとなった。そこで、俄然「物欲」が湧いてきてNikkor 180 - 400 である。D850のコラボで最強の「武器」になるであろうと確信したが、その前に車高の高い4WDを導入することにした。

で、「風景写真家」「一直線」に向かう!(笑)。









[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-07-02 22:53
「海の道」 海峡の島、鳥羽・神島を望む「回廊色彩」・・・新たなる「写真」へのアプローチ!始まる・・・
b0169522_21082167.jpg


あっという間の「梅雨」だと思いきや頭の上を一気に通り越した季節はなんと「関東」を梅雨明けとした。台風の大気が迫る延長線上の紀伊半島は実(まこと)に不安定この上なく、かと言って「被写体」は待った無し!四季彩もある時は凄まじく、ある時は繊細に「千変万化」を繰り返して目の前に現れる!

次から次へと新たなる「ステージ」への招待があって手招きされている!

直感の閃きがあってそこには躊躇も無くまっしぐらでカメラを向ける(笑)。次なる「ステージ」とは?近畿・東海百景である。原風景の記憶とでも言おうか?夢の旅人はデジカメにパソコンを携えて、また「旅」に出る・・・。と、格好付けて「気取って見せる」風である(笑)・・・。

















[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-07-02 21:27
もう限界の究極の撮影条件を何とか乗り切って帰還はまさに「生還!」・・・(笑)・・・・
日の出前と夕方の通勤路では、限界の睡眠不足に折からの人が生きて行くにはあまりにも過酷な湿気。日中は急激な気温の上昇に加えて、直射日光の灼熱地獄の現場(撮影)は海辺の無風エリアで動けないポジションに居た。本気で死ぬかと思った・・・。帰路は流石にエアコンの風の中でしばしの仮眠に堕ちた。まさに紙一重の帰還は生還と呼べた・・・。アカショウビンが30分ほど激しく鳴き交わして居た!夢か?鬱つか?幻か?



b0169522_05455862.jpg
b0169522_05460628.jpg
b0169522_05461466.jpg



今はもう、そんな事さえ「どうでも良くて」唯々、眠りたい休みたいの気持ちの一心で、ここまで「損得」抜きに眠りたいと思ったのは久々で、小一時間で「何とか」極限の状態からは脱した時には夕暮れの空の湿気たっぷりの光景が真夏日の激しい雲の形を夕映えが染めて居た・・・・。

まさにこの世の風景では無いな・・・の灼熱地獄の風景の余韻・・・。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-07-02 06:04