四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2018年 11月 29日 ( 1 )
眼が悲鳴をあげた!ファインダーに集中してしかも膨大なカット数を創造する事は65歳には過酷極まりない!
さらに作品の仕上げはこれも眼にはよろしくないと散々言われているデスクトップ。そこへ結果として24時間を要する仕事を引き受けた(泣)。撮影の夜勤なら日常茶飯事なんで苦にならないんだけれど?パソコンの作業は脳みそと視神経と感性と集中力のスキルがMAXで進む。で、徹夜も含む労働を完了して疲労困憊で鏡を見たら眼が真っ赤であった。暫く休養しよう・・・。

酷使した三脚、一脚の座りが悪くなったので足元一新と思い、いしづちを取り寄せて貰った。一個の定価が¥700なり。真新しいゴムは快適で特に一脚での撮影で大きく写真の出来上がりに影響がある。スムーズな流し撮りには必須アイテムに違いない。ちなみにメーカーはハスキーである。

腱鞘炎に関節痛、筋肉痛が致命傷になる予感がして。三脚&一脚のお世話になる事に決めた。短い時間のは慣れた手持ち撮影で行く事もあるが。

デジカメ最前線のスグレモノ多機能レリーズを調達したのに使う前に失せた!部屋から持ち出した記憶がないので整理整頓の折にひょっこり出てくることを期待する(笑)。使わないと非常に勿体無いスペックがそれで眠っている。4Kの世界の創造である。天体写真やタイムラプスなども今やスタンダードな作品として需要がある。ジッツオで最大の大型カーボン三脚にザハトラーの雲台と言う最高スペックで武装した!

今やビデオグラファーと言う呼び名も見受けるようになって、そこで。厚かましくも怖いもの知らずで名刺に「写真」「映像」と印刷して頂き、さりげなく名刺交換の今日この頃である。撮影から納品まで自分が責任を持って完結させられる時代の到来が嬉しい!生きてる悦びが持てる!素晴らしい時代に素晴らしい人生の集大成を迎えられて(感謝)。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-11-29 02:54