四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2018年 12月 07日 ( 5 )
(続)樹上の獣道 ・木登り上手なハクビシン ! 高い木の上も物ともせず躊躇なく「歩く」姿には驚かされる。
b0169522_20475495.jpg
b0169522_20480918.jpg
b0169522_20482567.jpg



出会いは「一期一会」には違いないが、四季、時間帯、気象条件など様々なファクターを解析すれば「行動」も一端を垣間見えるのではと日々の妄想の中に居る(笑)。近頃、待ち伏せも有りと生態系の断片も把握は少々出来てきたが「心身」持たない。身動き出来ないシェルターの中では血の巡りも悪くなり出逢いは瞬間だし最初の発見が遅れれば膨大な待機時間も不意になり・・・。

で、トローリング宜しく「獣道」をゆっくりじっくりリラックスの平常心で焦らず求めず「匍匐前進」の森林浴と嘘ぶいて「欲」を誤魔化し撮りたい殺気を隠す(笑)。これがなかなか出来無い。出会っても撮ろうと色めきだった「瞬間」に相手は背を向ける。間合いは本当に難しくてそれが僅かの差で許容されると撮り放題の「ひととき」が訪れる!

漆黒の闇の奥深く、野生圏真っ只中の獣道の四季自然、食物連鎖の宝庫楽園に「伊勢悠久の森」と「五十鈴川」の流れがあって、黒潮の熊野灘と伊勢湾の風が出逢う「所」・・・。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-12-07 21:11
これだけの満天の星の輝きの空に光があっても漆黒の闇の中に伊勢志摩豊饒の海である!
b0169522_18473497.jpg
b0169522_18480055.jpg


「伊勢の神前 国崎の鎧 波切大王が無けりゃ良い」の難所の海辺に立つ。灯台の光が漆黒の闇から船舶を守る。命の光芒が海上の波間を時折浮かび上がらすインターバルに合わせてシャッターを切る。深夜、真冬の星座を従えて「天の川」が水平線に垂直に立った!地上は快晴、水平線までの距離は概ね20km程度でそれも快晴。ただし、その先の太平洋上には前線があって、星の光を遮った。200kmを超える海の先まで快晴で無いと海の上に浮かぶ「カノープス」とは出会えない!

正に「浪漫」である___。

























[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-12-07 19:04
伊勢・二見ヶ浦・夫婦岩と真冬の星座・オリオン座を一枚の絵に出来ないかと常ずね想い描いていて「禊の海」を
目の前にして。愕然となった!何十年も通っているのに「位置関係」が全く把握されていなかった。朝陽が昇る方向だからと言うだけで、東天と勝手に決め込み今まで来た(笑)。どんどん昇って夫婦岩から離れて行くオリオン座を観て力が抜けて行く(泣)。で、北極星にも嫌われて「思い描いた」アングルは失せた・・・。



b0169522_18252650.jpg



ただし、天空には紛れもなく宇宙の神秘があって星々が煌めき瞬き、伊勢湾には人工灯火が揺れ、目の前には禊の海の潮騒が心地好い調べを奏でた先に大気を切り裂いて航空機のジェット音が遠ざかって行く。人の物差しでは描き切れない風景、光景の前に立つ !








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-12-07 18:33
寒気の訪れが気配なく「五十鈴川」の季節は未だ「秋色」・・・水温む緩い流れは堰が三つあって川底も浅くなり
太陽の光、温もりもたっぷり届き、魚も群れて活発で。カイツブリのけたたましい鳴き声と派手なアクションが川面を縦横無尽に出たり入ったりを繰り返す。時折、鵜とか鷺と共謀もする。



b0169522_17192904.jpg
b0169522_17191976.jpg



例年ならば、朝熊山に雪が舞い。五十鈴川に氷が張る季節がすぐそこではあるが・・・今年は二十四節気「大雪」の風景、光景では無く・・・。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-12-07 18:12
眼の不具合が癒えないまま「このままでは」滅入ってしまう。で、冷え込みの来ない12月を良いことに
悠久の森の生き物たちに会いに行くライフワーク?再開?いきなり600ミリを持ち込んだがピントを拾っているか否か「確認」してシャッターを切らない事には幾ら最新鋭AFでもピントが来ない!?完治してない眼にはまだ負担が大きい(泣)。そんな時に限って「動き」の早いのと遭遇する!



b0169522_09110684.jpg



漆黒の闇の中を移動する数匹のもふもふがLEDに浮かぶ(笑)。こっちに気づいてちりちりバラバラに散開するも闇の中から「視線」がこっちを捉えている!



b0169522_09181619.jpg




ハクビシンである。頭部から鼻にかけての「白い線」が特徴的である。4Kを描写する撮影素子が創造する「写真」の美しさは素晴らしい世界を演出する!伊勢・伊勢志摩・東紀州の山・水辺・海の生物多様性の四季彩の中で四季自然「いきものたち」に癒される!








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-12-07 09:37