人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2019年 04月 29日 ( 1 )
ああ、眠い・・・「趣味道楽」の極地に居る(笑)三日三晩と人の云う・・・小生は昨晩で六日六晩である。
流石に疲れて果てた!風呂も入れずの睡魔に堕ちて今朝である(笑)。それが実に心地好い疲労と気だるさは一体なんなんだ?身も心も堕ちて充実した疲労困憊?今、ハマっているのが Nikon D850 に全周魚眼 8 - 15 である。瞬時に対角線魚眼と全周魚眼を感覚的に思いのままにストレスフリーで操れるのだ!で、NIKKOR 200- 500 とのマッチングもワイルドライフを「全て」を掴み取り、近接撮影においてはこれも NIKKOR 70 - 200 F4 が素晴らしくて優れた描写はマクロレンズにはないズーミングで新たな世界を的確に描写した!

ただし、夢中になって撮影にのめり込んで「注意」を怠り、禁断の落ち葉の絨毯へランニングシューズでものの5分ほどだったが、ヒルに取り憑かれて「かかと」あたりが真っ赤なドロドロの血染めとなった!帰還してシューズを脱いで発覚した。やってもうた〜!で、風呂で洗い流したがアキレス腱あたりに小さな傷口があって、出血が止まらない!(泣)。

塩を5kgの袋入りを買ってきた!次回に「心当たり」の場所にたっぷりとお見舞いしてやるから「待っとけ!」(笑)。

夜明けから日の出の頃。光が伊勢・伊勢志摩国立公園の悠久の森深く射し込むと枝とか幹が真っ赤に染まり浮かび上がる「ひととき」を見る!実に荘厳で美しい!アカショウビンが何故あんなにも真っ赤な色彩を纏っているかの「意味」も夏鳥として飛来する季節を迎え、まだ暗い早朝の森で鳴き交わす「繁殖」のプロローグにあって小生の脳裏では勝手にそう、想像させた(笑)。で、極彩色のが「峠」の稜線を越えた!こっちも赤やらコバルトブルー、エキサイトグリーンの色彩を纏っており「意味」が森を見ていると良く理解出来てくる!

朝日とともに谷の流れの中で「タゴガエル」の合唱がまるで蝉時雨のように湧き出す!もう、無いであろうとみんなが思っていた「超、寒の戻り」で冬装束を真冬以上に重ね着のここ、二日間である(泣)。今の撮影のメインターゲットはモリアオガエルの産卵であるから、睡眠不足は致し方無い。世間一般の皆様方と出会う頃、正気の抜けたぼうっとした腫れぼったいまなこで会話も上の空である。人目には最低の写真好きの勝手気儘な道楽者の老人と映っているに違いない?

b0169522_08292734.jpg
b0169522_08294969.jpg
伊勢神宮林から、南伊勢「豊穣の海」を眺めていたら?正午前の太陽に日傘がかかってきた!実に荘厳な光景になった!天空におわしますは神?仏?

b0169522_08332371.jpg
神々の森では食物連鎖が佳境に入った!すぐ頭の上ではフクロウが鳴き、足元をチョロチョロと足早にネズミが走り、アナグマ、タヌキがのそのそと歩き、通りすぎ岩を凝視するとイノシシの後ろ姿で尾っぽがハッキリと見えた!手が届く至近距離の接近であったが、お互いすれ違ってから「気が付き」大慌て。その視界の後方に鹿の大群がこちらを見つめていて、これも顔が合って、大混乱になった!

いずれも出会うと至近距離になることが近頃、多くて。小生、ついに「森の住人」として認めてくれたようである。



追伸。
ここのところの大寒波に加えて強風、大雨、超低温でモリアオガエルの卵が樹上から力尽きて堕ちた水面にはおびただしい数のイモリが群れて卵を食い漁った!梅雨入り前までそこそこ時間が残されてはいるが凄まじい死闘が続くんだろうなあ〜。食うモノ食われるモノが超接近する大自然界のスクランブル交差点でレンズを向ける!

b0169522_09401950.jpg


(   写真と文   たかだけんじ   )

by syashinkouboutabi | 2019-04-29 08:46