人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
2019年 04月 30日 ( 1 )
まずは五十鈴川源流の森をトレースして峠を越える。それは、伊勢志摩国立公園エリアでモリアオガエルの森を辿る往復である。
峠では帰還の頃は夜明けで、夏鳥の声が湧いてくる!往還の頃の出会いで警戒宣言はイノシシとの距離であり、子供と成獣とで対応が大きく異なる。双方が存在を確認している場合は良いが相手が分かっていて、こっちが気付いてない場合がもっともデンジャラスなまわいでもある(笑)。
b0169522_04444655.jpg
b0169522_04445847.jpg
b0169522_04450745.jpg
昨年、伊勢悠久の森でも相当数のモリアオガエルの産卵とオタマジャクシの誕生を見た!伊勢志摩国立公園全体に産卵エリアが広がって来ていて美嘉なエリアで日々のバリエーションを拾っている。

b0169522_04495555.jpg
森から出て来たばかりの「身体」にはヒノキの葉っぱが付いている。
b0169522_04500411.jpg
結構、延々の降雨で寒さも有って今年の産卵数はどうなんだろうかと気を揉む。何しろ撮影の経験に日数が語れる程の経験値には無いんで、プロローグから本格的にレンズを向けるのは今年からの初心者マークである。

b0169522_04541102.jpg
b0169522_04542269.jpg
トノサマガエル?の女王が出現!沢蟹やタニシも生息する「食物連鎖」の「楽園」がここにある!ありとあらゆる「生き物たち」が行き交う!天空・地上・水中と食うモノ喰われるモノたちが生と死を壮絶に共存する!峠の谷筋の「ミミズ」は夏鳥からイノシシの胃袋を満たし、沢蟹もそうである。アカショウビンやタヌキが咥えているのを見ることも。

さて、何処も季節柄佳境に入って来て、ムササビの巣も「ふたつ」撮影ポイントが追加されて超多忙になっている(笑)。餌場を把握したことで撮影最短距離を越えての至近距離に超接近現在進行形!

ただし、夜は寒い!


五月に入って、小鳥の口には「餌」が咥えられて来て「巣」への頻繁な往復を至るところで目にするようになったのがメジロ・シジュウガラ・ヤマガラのお馴染みの里山の仲間たち。コゲラもいつに無く活発に・・・で、いよいよ。楽しみの夏鳥との一期一会にかけている!モリアオガエルも佳境に入ったし、超多忙で睡眠不足なんで。雨具やら防寒着の天日干しも仮眠のついでに撮影現場でやっていると風の強い日には飛んで行く(笑)。

伊勢志摩は時折「珍鳥」「迷鳥」の通過を見ることもあるから「気を抜けない」。今はまだ、レンズはほぼほぼ「地上」を向いているが、ここへ来て「見上げる」アングルも激増で。腕の筋肉痛が治らない(泣)・・・で、色彩再現の頼みの綱のSB5000のセッティングもFPで、1/500secへ。これが超の付く優れもので、超望遠のすべての領域で「微弱」な「光」をサポートして捕捉する!その味付けが実に絶妙である!

そして、高精細高画質高感度のハイスペックで今まで届かなかったアングルのその先をTTLがジャストミートで仕上げてくれる「快感!」もセットされて来て、24Hフルタイムで「光」をコントロール出来るのだ!デジタルカメラ新時代が「夢の世界」を瞬時に叩き出し!瞬時に「世界発信」を可能にした!最新のテクノロジーに乾杯!

今までは「言い訳がましく」「口」でフォローし続けた「情け無さ」を背負っていたが、今は「写真」が全てを語って納得させる「デジタルカメラ新次元」に立つ!


(   文と写真   たかだけんじ   )


by syashinkouboutabi | 2019-04-30 05:10