人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
デジタルカメラが進化して革命も起こして「第四世代」と称してミラーレス機が主力の勢いで有る!?果たして?
使用する側は「第六の人生」を刻む(笑)。九死に一生を指折ると両手でも足りない(笑)。フィルム全盛時の「夢」の記憶をもう一度!の甘い期待を胸に先を急ぐも急ぎ切れてなくて葛藤の日々であり、目の前の撮影が優先で有る話は前にも書いた。これでは行けないと一念発起も長くは続かない?そんな折の限界を色々体験して「思考回路」が綺麗にリセットされて、その第六の人生とも思えた「スタート」を切れた!伊勢・伊勢志摩・東紀州・二十四節気・四季彩!もすばらしくはあったが、撮影地域を特化させることは大事なことでは有るが、ラインは伊勢発、東京経由、世界発信なんだから「眼を開く」べきだった!

日本の歴史を変えた人物を輩出した国の気候・風土・人間・自然・風景に接し、我が心も目覚めたのだ!

b0169522_04381474.jpg
旅は心の中に潜在する何かを呼び起こし目覚めさせるようだ。マンネリの生活の中ではどんなにあがいても出なかったのが次から次への発想で有る(笑)それしてもいとも簡単に・・・。目からの刺激、耳からの刺激、肌からの刺激・・・枚挙遑なく・・・。独自の発想が、オリジナルを創造する!どうも小生、人に縛られ、形にはめられが性に合わないようだ。

季節は残暑も越えそうで?

秋から冬への序章を「空に」観る。で、伊勢発・麗しき日本・二十四節気・四季彩・東京経由、世界発信!



(       文と写真   たかだけんじ       )

# by syashinkouboutabi | 2019-09-20 08:38
鹿児島佐多岬・鈴鹿サーキット・東京ビッグサイト往復のフィニッシュ!TOKYO BEAUTY CONGRESS 2019.9.17(tue) TOKYO BIG SIGHT
我がファミリーが前人未到GRAND-PRIXの大会3連覇!

b0169522_12253591.jpg
b0169522_12253500.jpg
b0169522_12253595.jpg
東京までの距離なんて鹿児島と比べりゃあ「屁」でも無いと首都高速を行きはガラガラでぶっ飛んで行くも帰路は流石東京の洗礼を受けてジョギングよりも遅く徒歩レベルより少しマシな移動速度に泣かされながら、新東名はトラックの速い流れをドラフティングに使いながら眠気は緊張感から来なかったが、湾岸・東名阪道・伊勢本線と来て「車」がどんどんいなくなり、挙句の果ては伊勢西インター出口2km前では他車が前後左右皆無になった時点で「瞬間?」「睡魔」に堕ちて寝落ちも路面のバンプの衝撃で重い瞼が開き!奇跡の生還!?

で、今月の出稼ぎはお後、一回。名古屋への出稼ぎを残すのみである。ゆっくりと睡眠を貪りたい・・・(笑)。来月、66歳の誕生日が来る、スケジュールもできるだけ詰めないようにギリギリに生活ができれば良いと頭では思っていても。この「超多忙」スケジュールは一体なんなんだ!?一番メインであるはずのストックふぉとの作品造りが遅々として進まない!?これが老後の生活を支える糧なんだからとわかっていても目の前の撮影を優先する選択順位にあって、この年齢で全国各地へ呼んでもらえる「幸せ」を噛み締めながら、日々「行きている」「生かされている」コトに感謝して、不平不満人の悪口を言う愚かな輩にだけはならないようにと心に念じ、感謝の「ひととき」を送らさせてもらっている。

ただし、目を閉じれば?鹿児島の南の果ての「風景」が脳裏の残像となって被さって浮かぶ(笑)それにしても九月の旅はエゲツなく壮絶な行程と引き換えに「至福」「感激」「感動」と生きてる悦び満載の好結果の連続で、生きてれば?いつかは作品に仕上げて、伊勢初東京経由世界発信!となる訳で幸運な出会いは幸運な人生であると心より思う、今日この頃・・・。

b0169522_12433980.jpg
b0169522_12434352.jpg
b0169522_12433965.jpg
b0169522_12434387.jpg




(       文と写真   たかだけんじ       )



# by syashinkouboutabi | 2019-09-19 12:50
十五夜を迎える「日中は」晩夏・灼熱の太陽の熱さ・朝が体にまとわりつく憂鬱の「残暑!」。月が越えれば?二十四節気「寒露」である!
ずうっと「南下」した旅は鹿児島県の最南端「佐多岬」に立った!屋久島や沖永良部島などが東シナ海の水平線に浮かぶ風景に正に海に囲まれた国境の国の危うさが脳裏に重く。睡魔に一瞬堕ちた所、道路の段差からの衝撃で目が覚めた!まだ、活かされているんだなあ(笑)。正に居眠り運転を体感出来た瞬間からの生還である!これを何度も繰り返すのが「旅」への真剣味を倍加させる。命がけでカメラを構え、レンズを向けて、シャッターを切っている!



b0169522_14250179.jpg



旅は延々の海沿いの絶景を晩夏の太陽が天空を巡る!真夏の積乱雲と秋の雲がミックされて有無言われぬ「さすが」鹿児島の風景を手に入れた(笑)。台風一過の最たる「一期一会」の「絵」が生まれた!但し、晴れた日中は多汗が吹き出し肌にまとわりつくのはいつまで続く?あっという間の一週間で、次は東京でのミッションが迫りその前に鈴鹿サーキットが二日!こいつもそこそこの大容量になるんで納品は「夜勤」で追い込み(笑)寝ずに東京往復となろう・・・。それは「後で」十二分に報われる出来事が待っていた!

b0169522_17424885.jpg
最果ての地、佐多岬は徒歩で程よく遠かった!同じく纏わりつく大汗が吹き出して・・・。但し、これも後に好結果が待つ事に(笑)本日、検診3ヶ月に一回になった通院「裁きの庭」で、糖尿病の見極めのバロメーターの数値が基準値を0.3オーバーしたが、全く意に介さないドクターの笑みを見た!危険は去ったのだ。で、事は数々のハードスケジュールの狼藉も公に認められる事となり、この「まだ見ぬ絶景」との「遠距離恋愛?」もOK ! の話となった!

大汗は体に良い!夏



画して、男のたまには「ひとり旅」の軽四の車内公開である(笑)。その前に遠征もろものの「執務」即日「納品」の最大の武器はホテル持ち込みの許諾を「チェックイン時」で事前に交渉の27インチデスクトップのマッキントッシュにある。部屋持ち込みは自宅事務所よりも遥かに効率と作業の快適さは言うまでもなく、地方ホテルはチェクアウト延長が30分¥500であった(笑)。それを一回だけやった!高速通信 Wi-fi が全てを片付けてくれるから一々のバックアップの手間も今の時代は要らない(笑)リアルタイムでプレゼンテーションである!

大容量印刷原稿素材とSNS対応小容量素材を2スロットル同時撮影で仕上げる「時代」に居る!

b0169522_17593134.jpg
b0169522_18043218.jpg
b0169522_18044216.jpg
これを「棚」にして、整理整頓出来たら?移動スーパーの談である(笑)で、一晩中の星空風景・朝焼け・日の出と来て、疲労困憊の睡魔と来れば?体をLの字に曲げ、買い物カゴの上にクッションを置けばぐっすりと眠れた!?で、そんな事ばっかりやってたら?エコノミー症候群で「死亡?」するから、ホテルがさらに有り難さが一際で、チェックイン後に即やる事に決めた!「洗濯コーナー・コインランドリー」の有り難さも特筆である!洗い1回¥500、乾燥一回30分¥500を3回やれば?カラカラに太陽の香ほりとまでは行かないが乾いた香りが鼻に心地良い!

で、画像では見にくいが、最奥の狭く見える「カーゴルーム」に超望遠レンズ・三脚二本・雨具一式・座椅子・生活用品一式・下着類ストック・・・小備品。後部座席および床スペースにデスクトップパソコン・ノートパソコン・三脚二本・デイパック大容量1ケ・撮影時携行デイパック1ケ。着替えスリーシーズン対応二週間分は季節の暑さ寒さに対応する。ブランド品はパタゴニア&モンベルで武装(笑)。生活用品は風呂・シャワー・温泉がない場所では川・海で汗を流して「仕上げ?」は身体拭きは介護用品のストックが肌を快適に守り、文字通り「ケア」を完璧に済ましてくれる!

自宅・事務所・ワークフローを移動させた「車上生活者」の完成である(笑)。で、電圧変換器が足元には100Vソケットが引いて、パソコン・スマホなどの電源をカバーする。難点は一人乗りである・・・難点ではないか?(笑)・・・

ナビシートには即戦力の撮影機材が買い物かごに収納され、レストにはニコンD3が2台・D850が1台ぶら下がる!床には補給食・水・スポーツドリンク・ジュースの満載されたクーラーボックを常備して「サバイバル」もOKである。特筆すべきの公的トイレの充実が有り難い!高速道路は勿論、その他でも完備されて来た!ウォシュレットの復旧である!これは最高に旅人をサポートしてくれる!24間フルタイムである!(感謝!感撃!)

で、鹿児島湾シーサイドビューは往復でこの絶景を時間差で楽しめる!開聞岳と桜島の共演である!14−24のズームでバリエーションを楽しんだ!(続く)


b0169522_18300701.jpg




(       文と写真   たかだけんじ       )





# by syashinkouboutabi | 2019-09-18 18:01
二百十日の夜は紺碧の深みを増す「満点の星空!」で涼も心憎いばかりの夜風を秋の虫たちの合唱が心憎いばかりに
演出する星明かりの伊勢である。それにしても屋外の方が湿気のない涼風が吹いて断然快適である。最近リフォーム外壁の塗装とやったが築30数年の近代建築は先の台風で「雨漏り」である。で、どこからとも無く湿気が籠もる?エアコンフル回転とは理に適わない生活は如何なものか?木材の家にするんだったとの葛藤と後悔も最後は地震に強いだろうと根拠もない想像で鉄骨にしたら雨が漏るよと新築の折の先人のアドバイスも何言ってんだと笑って聞き流した「罰」が今頃来た!?築三十数年の老体には何を施しても完璧に制御は出来ないんで施工業者に文句を言う筋合いも全く無い。建て直すか?(笑)。嘘ですそんな元気と財力は皆無だ(笑)。

それでも万が一、10年・20年生きながらえるようなことがあれば?どうしようかな?異常気象にしてしまった責任の一端はある。現在進行形である。雨漏りぐらいで不平不満の態は情けない!

車のオイルとエレメントを交換して頂き、ロングランに備えるがタイミングベルトも交換の距離である。この先だが、九州の端へ向かい折り返して東京へ行く!もう、ついでに「日本一周」も悪くは無いと結構本気だ(笑)。その昔、自転車でとこれも本気で考えたが「分割」になった。人生「志半ば」の友が何の順番かは解らないが「他界」の「訃報」を耳にすることが多くなった年齢に達した。

その生き残りも青年の頃の面影はエンドレスな思い出話の時折に見え隠れは致し方なくじっくりと見据えると枯れ果てた老人が鏡に映る!それが自画像である!青春真っ只中の残像を確かめつつの仕事の集大成に今を生きているのである!

やっぱり、最高速「連写モード」だ、な。(笑)

快晴の夏空も晩夏、いや。暦は初秋というか秋の候。一気の雲間にただし、当初の予報は雨マークの連日だったからこの晴れたり曇ったりは女心と秋の空と昔から人の言う(笑)。まあ、心して楽しむか?いや、心してか流れのままに?いや何、月齢からすると絶好の「星夜」で空気も澄んでと期待は高まるがゆえに地図を眺めながらどこでカメラを出そうかと「欲」が先に立つとろくなことは無い。滅多に無い条件である期待を捨てずに空をみあげよう(笑)

閑話休題・・・若かりし頃からの「生活習慣病」みたいなもんで50歳代までは目的地が北の果て南の果て問わず?一気のドライブで目的地へ「先ず」到着を敢行した!一気の最長は1200kmの話も前にもなんども書いた(笑)。で、還暦を超えてからは2日間以上の「時間」をかける事にして、最長更新が鹿児島の鹿屋市となった。小生の九州の印象はいづれの「地」も「火の国」の「温泉」のイメージがずっとある。で、2日の夜。星空も期待できそうに無いんで予定の時間より3時間遅れの21:00に旅はスタートした!それから4日の夕方にかけた「道中」はドラマチックだった!おいおいブログに載せるけれどまさにドラマチックロケーション!

思い描いた「心の絶景」との「一期一会」が必ず訪づれる「不思議」な旅を体感している。

b0169522_07091005.jpg
風は結構、爽やかである!陽射しもそうきつくは無い。九州の絶景はいづれも雷雲の湧き上がる風景の連続で夜も雷鳴が大砲のように轟く時間帯もあり、それでも訪れる星降るひとときも有り、時折のシャワーで大気が混乱してるんだろう「四季彩」は一日中感動的な「色彩」で魅せられる!

桜島の噴煙と競うように入道雲が湧き立ちチェックインまで数十キロの地で出会った光景に息を呑む!スケールが違い過ぎる「すごかばい九州!」(笑)で、何かと「口実」をつけて車で移動する「理由」の「回答」がこんな絶景との出会いを演出してくれるからと本音を書く(笑)。

大粒らしい雨音に目覚める!昨日そういえば?一触即発の空模様を見ていた。神々が創りたもうた神話の国に人が生きる見守る。凪の湾を船の航行のシルエットを見送り、鹿児島の空に開聞岳稜線も逆光も煌きにその先が海に沈む絶景に感動しか覚えない!大きく深呼吸して風景を心に吸い込む(笑)。この地、九州「絶景」との「一期一会」の「連続」に只々、生きてる悦びを感謝して「もう、一度」ベッドに眠ろう・・・(笑)。

b0169522_04510622.jpg
b0169522_04510548.jpg
人も素晴らしい食べ物も美味絶賛、それに「酒」が美味い!八百万の神々と仏が出会う国、麗しき国の「鹿児島」に居る・・・。

4日前に九州に入っていて、熊本の阿蘇に車を走らせ土地勘もないまま偶然?最高のビューポイントに立った幸運にさらに導かれるままにのパロラマは熊本市街の夜景の上の雲は雷雲!ぽっかりと浮かび上がったのが米塚で、一晩中「キョン」に威嚇される。目を移せばの遠景のシルエットが阿蘇外輪山!眼下の夜景は阿蘇の街の人工灯火の海である!延々と広がる雷雲から雷鳴が轟き心中穏やかで無い!夏の銀河が天頂から横たわり東の空にプレアデス、オリオン挙句にシリウスが昇るまで星空風景を満喫!全周魚眼が捉えた九州の大絶景「第一弾」がこれだ!

b0169522_00341790.jpg
夜明けに湧き立つ雲海が姿を様々に変えて東から西へ外輪山の中を流れる「幻想」のスケールは壮大である!その上の空から流れ棚引くのが阿蘇の「噴煙」である!何かすると「硫黄」の匂いが鼻につく?今の所「火の神様」は穏やかにして威厳を放っておられる。雲海を越えて外輪山にぶつかり「その」雲と合流した!現実と別世界が出会い融合する「地」である。見たコトも無い「大絶景」に出会えた「旅路」の「幸せ」にただただ「感謝」の心である・・・。

今。台風が「二つ」日本列島に風雨の洗礼!本日はカメラに雨風の雨あられに「浸水!」ホテルのエアコンフルパワーで「乾燥」を目論むも「明日」の天候も予報では「今日」と同じ?早く台風一過と云うのを「今」の季節の九州で見てみたい!



(       写真と文   たかだけんじ       )

# by syashinkouboutabi | 2019-09-02 05:34
人の生命に危険を及ぼす「猛暑」「灼熱」「真夏日」と連日のアナウンスの後は「豪雨災害」の報が続き、明日「二百十日」の暦を
記すところへ「日照不足」と来て、ぐずぐずと秋雨前線が停滞の頃の季節である。災害復旧を妨げるであろうし、更なる危険も去ったわけでは無く。東日本もまだまだ厳しいと実際の声を聞く。四季折々風景写真・ワイルドライフ・星空風景と麗しき日本の四季彩・二十四節気にレンズを向ける時間が大半になって来て「巡る来る」のが台風の季節でもある「気が滅入る」。

一晩中の「秋の虫」の鳴き声には物悲しいようで癒される。朝夕の蝉の声もクマゼミ・アブラゼミからヒグラシ・ツクツクボウシと入れ替わりつつであるが「陽射しの無さ」に数が心許ない。ため息混じりにパソコンをあれやこれやと読み耽っていると写真馬鹿なんでそっちのコトしか見ない読まない。それにしてもデジタル最前線の進化が止まらない!フォトグラファーが携わるテクニックでは無いジャンルにまで手を染めモノに出来る時代にあって、センスも求められる。それは大変ではあるが創造力が飛躍する。

経験と体験が「第四世代」の機器と出会い「新世界」の「扉」が開かれ、ハードとソフトの融合が更なるアートを可能にして「そこに」職人の知力がコト細やかに活かされるのが「今の」デジタル最前線に違いない!この先向かいレンズを向ける「地」の週間天気予報にバリエーションが無く概ね「傘」マークが続くが、何かのタイミングで星空が雲間でも出てくれれば?最高に嬉しい!夜明けの東天には「オリオン」が横たわるから、なんとかと?「神頼み」ばかりの「きょうこのごろ」。お願いの数だけ、最低でも感謝しないと(笑)。

日々の暮らし生活の中で出逢う「特別」と年一回あるかないかの一期一会の「超特別」ばかりに眼が行き気持ちが流行りと云うのが「今まで」の写真との向き合い方で、カメラを持つとどうしても条件無条件に関わらずそうするコトがベストであるとして来た。正に目を皿のように(笑)。それが最高のシャッターチャンスに繋がる!ニューアングルを叩き出す!間違いでは無いが正解でも無い(笑)フィルムの頃は1本、36EXにお気に入りが1枚あれば良いと「遊びごごろ」と「余裕」を教えられた(笑)。

様々な条件はあったが、645・66・67・69から4x5を自由に使えるポジションになり、最高品質を堪能している真っ只中で「デジタル」に舵を切った世界の到来で首の皮一枚で繋がっているような極めて危うい「今」に居る?まさかの展開であるが「運命」である。この先、世の中がどう舵を切られて行くのかわからないが「老後」は明るくは無い。フィルムのストックで老後安泰を決め込んだが夢は現か幻か?一気に「他力本願」の目論見は失せた!

で、デジタルな時代の安定もこの先わからないけれど「性懲りも無く」やってるコトは昔のそれとなんら代り映えしない同じ轍を踏んでいる!?9月の声を聴き、夏バテも抜け気味になって来て居直った?(笑)。「今」思うがままにシャッターチャンスを逃さない「撮影機材」の「ストレスフリー」を得た時代だからこそ、心に余裕をと初心に帰ろうの表向きを装って、後少し?もう少し?70歳辺りまでもがき続けようではあるまいか(笑)。



(       文   たかだけんじ       )

# by syashinkouboutabi | 2019-08-31 05:41
人類は今尚、温暖化を加速させているから、気候・気象が「変動」を余儀なくさせているが、生物が生きていること自体も
多かれ少なかれ加担している訳で、綺麗事だけでは済まされないんだけれど・・・。そこへ津波だ地震だ火山だ台風だと「震災」も重なり、どうしたもんだと長年生きてくると不意に深く考えてしまう「時」が結構なインターバルで巡ってくる「今日この頃」で、そこへ遂に「ボケ」て来たと実感できる思考・行動がこれも短い周期で巡って来て、新しい「ヤバイ!?」が年齢のように加算されてくる。避けては通れない「道」に差し掛かってきた!?

そこへ。「近年」この暑さのせいで「スケジュール」が変更されてきた「案件」がある。それだけでは無く様々なジャンルが重なり合って、どうしようも無く「バッティング」が回避出来なくなって。真夏のオリンピックや高校野球もスケジュールの見直しを越えた更に「根本的」な開催意義さえも変革の議論のテーブルに上がって来る「昨今」の事態である!生命に危険を及ぼす「気温」なんて表現は早々無かったが、昨日今日「当たり前」に表示される「八月」に居る!もう、すでに混乱して来たスケジュールへの対応は不可能と判断して、それでも出来る限りの努力をと思っている「矛盾」の夏である!

閑話休題!野生圏・けものみち・ワイルドライフは、200 - 500 望遠ズームのおかげで生き物たちの警戒最短距離を例外も勿論あるが、クリア?する事が此処のところ「格段」に増えた!中学生で野球部でこの時にまだそう進んでいなかった「近視」を「眼鏡」の不要な度の設定で「近視」を加速させてしまい「今」に至る。とにかく、球がはっきり見えるようにと「小生」の独断で「視力」を無理に調整して貰っていた。その時代は良いような悪いような?今の時代には有り得ない「話」であるが・・・。

で、その「今」なんであるが、極度の「老眼」も重なり、写真を撮影するなんて「レベル」では無いのに?一応、「自称」最前線を張っている!これの最新鋭のデジタル機材の恩恵を常に100%受けて闘わせていただいている!時代に「感謝!」であるから、先の話に戻すとやはり、複雑極まりない!?漆黒の闇の中、カモフラージュされた「生き物たち」を肉眼で捕捉するなどと言うコトは考えも付かなかったし、森の中を動く「被写体」などピントを合わすことなど正に「出会い頭」に等しかった。物理的には感材の限界があって「許容」はISO400まで。ISO1600もフジフィルムから高性能で増感特性も極めて優れたフィルムがリリースされて来たが、様々な「限界」が創作活動の壁となった!写るけれど「美」では無かった!ただし、天体写真・屋内スポーツ・イベントなど多くの現場で助けて頂いた(大感謝!)念の為。ストロボ・照明も今の比では無かったから・・・。

 現在。スタンダードはISO6400から12800で「美」を堪能している!マクロ領域では100から3200の美的グラデーションと色彩のアートを展開させてくれる!高速シャッターのオートストロボとLEDのコラボレーションがアウトドアステージをライティングするのだ!

b0169522_00562167.jpg
で、夜の森に限って言えば?灼熱も猛暑も熱波も熱帯夜も皆無で有り「涼」さえある。月夜・星夜ならば、明け方は寒いコトさえある。谷川が流れ、風が流れ「冷却効果」満点にある!ただし、どんよりとした「ただただ」何もかもが止まった時の「静寂」と「湿気」は気が狂いそうな程の感覚を覚える「最悪」「極悪」な日も「夏場」は結構、ある(泣)。せめて虫なんかの「餌食」にならないようにと細やかな抵抗をするが「根負け」「睡眠不足」に屈することの方が多いかな(笑)。
b0169522_00563945.jpg
瞳『AF」なんてえのが、又「作画」を変えるんだろうなあ?作者の本能の趣くままにピントが意図したピンポイントで食い付く更に先に「瞳AF」が作動するのである(笑)。そこへ 200 - 600 なんてえのと6100万画素をリリースさせて来るメーカーがあったりと「こっち」の「未来」は夢と希望に満ち満ちている!

b0169522_01034995.jpg
この森は「美食」である。沢蟹が湧き、十数センチの魚類、腐葉土には無数のミミズ、大小のカエル、蜘蛛、爬虫類、昆虫、ヘビ類、様々な虫と食物連鎖は多彩を極める!植物もまた、多様性を極めている!で、撮影のリズムが合わないのが存在する。相性なんだろうか?じっくりと対峙出来ない「生き物たち」もまだまだ居る。姿はバッチリ見るんだけれど。レンズを向けるタイミングとシャッターチャンスを作れてない!?人前に堂々と姿を現さない「生き物たち」は人に対してもだが、攻撃能力の序列順位が低いモノほど「それ」と言える。何かのタイミングは絶対あるはずなんで、それを待つ・・・(笑)。気の長い話になる・・・。
b0169522_01035897.jpg
野生の行動ぱパターンも季節毎に色々、見えて来て「一期一会」も相当数のバリエーションを撮るに至った!伝家の宝刀、600FL には時にテレコンバーターをかましての 1200 なんてえのもライティングが自由自在というのを享受する!超高感度と言うのは微弱な光をアート出来ると言うコトで、その極限の限界域が魅惑の色彩の宝庫なんである!写るか写らないかの「魅惑」は筆舌に尽し難き「色」の魔物が存在する!そこに「生命」が浮かび上がる「ひととき」が紛れもなく「存在」するのだ!

SNSから大型印刷まで完璧に対応するのは勿論、同一機材で動画までアート出来るフットワークを持つに至ったデジタルカメラ最前線!リアリタイムなプレゼンテーションとじっくり創作出来るデジタルフォトストックの両極端な素材提供である!フォトグラファーの本能の趣くままに被写体と対峙して創造する時代が来て、闘える道具を手にして自分の「言葉」でクライアントに届けるのが「今流」であり、更なる先を切り拓く「時」は熟した!正にシンガーソングライターにやっと熟れた?

で、数日だ経って。
スポーツフォトの現場が大きく変わって来た!全日本レベルの某競技では今年2回目で「ようやく」貸与されているメディアのビブスの価値が判った(笑)。例によって「自由自在」の水戸黄門の印籠のような?と言うと誤解かな?まあ、目立たないようにと思いながらも「そっち」の存在は勝手にビブスが目立っていて、それがわかると小心者の小生などは両手両足が同時に動きしどろもどろの言動に陥る?

で、いわゆる。OFFCIALと言う奴で、昔からどうゆうわけか?この手の撮影ポジションが回って来る!?いいのか悪いのかは?で、昨日電話が繋がったと思ったら?今日のイベントのOFFICIAL CAMERA 「今から」鈴鹿市へ「出稼ぎ」に行く。

暑い1日になりそうな?気分?天気?なんのこっちゃ?先のお先には「九州」の果ての「鹿児島」まで、軽四を走らす「旅」で繋ぐ、ミッションもお声がけ頂け、ただし。一日中の「撮影」では座りっぱなしも正直「しんどい!」かと言って、勿論「立ちっぱなし」ではそろそろ「限界」のしんどさになる。先の三日間は片道90分の移動プラス!4:00 起床!丸々、撮影!帰還(生還?)は 22:00 前で確実に「ブラック」な労働条件をこなし!

これが「写真」の世界に一般論であるから、好きで勿論やってるんであるから「不平・不満」の「話」の見えるが、そろそろ?どうあがいても「70歳」で、きっちり「定年」と行きたい!そこまで「手を抜かず」精一杯の表現を届けたい!




(       文と写真   たかだけんじ       )


# by syashinkouboutabi | 2019-08-18 01:19
台風から「避難」してデスクワークが続き、ストックフォト「予備軍」の最終選考が第一次分「完了!」ときおり、
天空を重苦るしく「突風」が過ぎて行く!はっと我に帰り、デスクトップから目を離し休める口実になった。2017-2018-2019年現在に至る画像の変遷を垣間見れば?素晴らしい進化をデジタル撮影機材に魅せられた!この3年間の主力機種は Nikon D5 であり、D850とZ7が加わり「表現力」が格段にアップされた!これからは確実にミラーレスが主役になる事は間違いなく「画質」「描写力」「アプローチ」は今までにない「上質」な「品位」を纏い「音」までもコントロール下に置いた!で、超望遠ズームの撮影最短距離に「依存」するワイルドライフでは目と鼻の先の被写体をクローズアップさせて止めるAFは正に「神の手」である!

照明では高品位LEDと電源のエネループが驚異の明るさと照射力と色再現を実現させた上スタミナが極上(笑)である。加えて、ストロボの性能も格段にアップされアウトドアをスタジオライティングの様に自由自在にコントロールする時代になった(笑)!漆黒の闇を極上のミックス光が演出する!

b0169522_09540865.jpg
双方の安全安心撮影スタンスからゆっくりとストレスを与えずに距離感を保ち匍匐前進で、フィニッシュは撮影最短距離で「仕上げる!」これによって極々自然に撮影が完結する事が格段に増加して喜ばしい「今日この頃」でもある・・・。で、ウリ坊の耳にはデカイ「マダニ」のピアス!

ランドスケープに至ってもハイキーとローキーの表現力が格段にアップされて、四季彩の描写が実に官能的でさえあるほどの色再現と質感を醸し出してくれている!そこへ超高感度のノイズ低減は特筆すべき「超世界」を実現させ特別な世界だった「星空風景写真」なるジャンルを確立させるに至った!

撮影した全ての極上の「ひととき」をさらに全世界へリリース出来る「仕事」を与えて頂き「日々是」生きてる悦びに他ならない!花鳥風月デジタル最前線!(続)・・・

台風が日本海に抜けるという頃合い。お盆のお参りをとキッチンからもノボリの見える庚申塚へ。この台風で祭礼の類は無いだろうと思いきや階段を登り詰め、鳥居の先に町内会の方がお二人詰めておられたのに気付く。場所を変えた所で福引きも決行されていて「台風であろうが何であろうがうちはやる!』と役員連の鼻息は荒い!?(笑)。ハズレなしのクジの景品と直会のお餅を頂き丁度小雨を幸いと傘も無し。この続きがある・・・

台風の雨に丁度の湿り気であると自宅周りの「草木」を切り倒し、刈った!?いろんな「虫」の巣窟だから、丸刈りはやらない。そこそこ残しとかないと行き場を失った「奴ら」が家宅侵入を必ず決行してくるので、そこは考えもんである。自然の摂理は難解である。どうにか「ライフライン」のメーターなどが顔を出した!クーラーのファンにしがみ付いたツルや壁とか塀にまとわりついたモノまで。八分目で駆除した所で、返しの風に吹き付ける大粒の雨も「本番」の時よりも激しく、叩き付けて来た!台風は終わってはいなかったのだ!もう一度、スマホを見たら?揖斐川から伊勢志摩までの一直線がいわゆる「線状降水帯」の図で、高見山・大台ケ原のエリアは日を跨いで延々の降水にあった!これ以上なデンジャラスは無い!撮影スケジュールを延期である。

言うたら?案外、一番危険な条件下で「外」に居る訳である。で、何がくっ付いているか分からんので汗と共にシャワーを浴びて「ホット」して冷たいのを喉に流し、夕飯もゆっくりと頂きながら?スマホを見たら、何と伊勢市上空が真っ赤である!雨戸を叩く音に水路を流れる洪水の音が今まさにピークであった!

22:00になっても空が唸り、雨が雨戸を叩く瞬間があって近年の気象の展開が読めなくて「今宵」は恐ろしい気分である・・・。台風との距離は北上してるから離れて行く筈なのに円の縁を廻っているので、実質の距離が変化しないままに風向きだけが変わるから恐ろしいのである!前日からの動きは四国沖、瀬戸内、広島、日本海と相当な距離を北上したのに微妙な右カーブの進路により、そうなっているのは理解はするが何ともはや・・・。

なんか一層、風雨強しの感である・・・。さらにさらに時間が経過して。24:00になっても台風10号の余韻の風雨がフルパワーで終息を見せず、但し。停電はないと踏んで、デスクトップ深夜便にスイッチを入れた!禁断の夜食はニンニク味噌ラーメン!ファイトohー!台風は日本海なのに雨・風・雲は紀伊半島付近の太平洋上にどっかりと映し出された衛星画像!まだまだ、一晩中こんな感じで吹き荒れるんだろうなあと言う感じか?で、夜明けまで「時化だとさ!」・・・。

で、夜明けの〆が「早朝?」の停電で一気に寝苦しさが襲い!それが逆に功を喫して深い眠りへと誘う「皮肉」。電源入れっぱなしのmacがシャットダウンされてたのを復活させて買い溜めの「氷」の具合を確認して「普通」の朝のいつものルーティンへ向かう。普通が良いとつくづく思う「朝」である。その停電なんだけれど「予感」があって「何時ぞや」からありったけのエネループをフル充電して、単三から単一のアダプターまで「フルセット」でスタンバイで、ランタンからパワーライトまで手の届く場所に設置でLEDの「灯」の饗宴を楽しんだ?(笑)。

以前は「停電」=「蝋燭」だったんだけれど。此処へ来ての巨大地震の予感で「自粛」である。蝋燭の炎、蝋燭の香り、蝋燭の熱など全てが「停電」家庭の重要な「灯」だったけれど。とりあえず「火の気」「厳禁」の今日この頃で、マッチ・ライターの類も機能不全?蚊取り線香さえ「過去」の品と生活が一変?した「今日この頃」・・・。その朝の風景は雲と大気と朝陽の共演で、ミラーレス機&第四世代超望遠ズームが描き出す「新世界」の四季彩の饗宴にあって、太陽が顔を出すと「猛暑」「酷暑」「灼熱」の中で「命がけ」の撮影となる!体温を超えた気温とどう闘うか?

それもまた「ワイルドライフ!」に違いない!



(       写真と文   たかだけんじ   )


# by syashinkouboutabi | 2019-08-15 10:13
デジタル最前線!時代はSNSファーストありきである「今現在は」。で、納品は先ず、USB Type-Cケーブル(Thunderbolt 3 )接続又は、
ワイヤレス通信の速さが、仕事の値打ちを「先ず」決める時代である!更にである。シャッター音のオン・オフも瞬時に可能にして置かなくてはならない。これらは既に「特別な」コトでは無く「スタンダード」であるに違いなく、本データと言える画像はRAWで有り、これも「納品」の早さが「普通」に問われる!小生の場合。JPEG生成までの所要時間は現在、1画像辺り、10secから20secであるがこれはカメラの画総数とパソコンのスペックに依存する所もあるからmac-proアッセンブルを駆使すれば、更なる高速化が実現するだろうから「バージョンアップ」に待ったなしである。金で解決する速さなら買いたい!(泣笑)。で、作品づくりにはこの工程にTIFの画像処理などがRAW含めて入るからスペシャルチューンが必須なのである。

先ずは「時限勝負!」の速報版を秒単位の闘いをクリアして、様々なメディア・媒体にリリースするのだ!フレッシュ&インパクト!を売りに頑張る!(笑)。

閑話休題・・・
普段は急がされる「仕事」はしていない(笑)。悠久の「時」の流れに身を任せ、丸々「一日中」シャッターを切らない場合もあるし、撮影した「画像」を延々、何日も作品に仕上げない「ジャンル」とかを持っている(笑)。

伊勢・二見沖合いの水平線の灯火は大型船外洋航路へ続く伊勢湾口付近。愛知・知多・渥美・伊良湖あたりに浮かびのは町の灯に漁火・・・。目の前は二見ヶ浦・夫婦岩で「禊ぎの海」である!八百万(やおよろず)の神々がおわしたもう国、日本。天空に星は北極星から東へと繋がる星座の星空風景に魅入る。天と地に神話の世界が展開する!

b0169522_05522724.jpg
伊勢志摩豊饒の海に浮かぶ「人口灯火」の上には、満天の星であり「神々の饗宴」である。日本とギリシャ、中国の神話や言い伝えが「融合」する天空である。

b0169522_05585038.jpg
夕映えの稜線は紀伊山系である。神と仏の集合する風景がある。伊勢志摩の沖合い遥かには黒潮の回廊である。日本沿岸の真夏と共に海の幸を齎してくれる海の潮の流れである。熊野灘が流れる先は遠州灘と名を変えて「海洋生物」の楽園が連綿と繋がる。里海と里山が出会う「道」の星空風景である。
b0169522_05590695.jpg
時を超えて、宇宙とは何と摩訶不思議で魅力の尽きない存在である。

b0169522_06020670.jpg
で、小生なんであるけれど。眠らない、いや。眠れない「夜」を彷徨である!徘徊ではない、念の為(笑)。

昨晩。明るい月に煌々と照らし出された星空風景で目立ったのは木星とぽっかり浮かぶ雲だった。それでも晴れていた。ただし、湿気が高く撮影に乗り気がしなくて時間だけが過ぎて行き。月明かりが失せる頃の地上はレンズの結露に正体不明の痒みを伴う小さな虫の足元への襲来の懸念?一晩中月明かり無しの快晴ならば「いざ、出陣!」何だけれど。近頃?計算高くなって来た?フォトグラファー失格である(笑)。

それと言い訳其の一、何だけれど。小生のアッセンブルする「超広角レンズ」はレンズ前剥き出しで、霜よけヒーターが効かない!で、違う季節の想い出の空でフォトエッセイで夜が明けたというコトさ(笑)。いや、笑っている場合では無い。明朝、最後のチャンス!?ペルセウス座流星群極大!?・・・。老人の細やかな楽しみも台風には勝てない。かな・・・。それにしてもこの台風、盛夏真っ只中の黒潮の回廊で超絶なエネルギーを補充し続けてぽっかりと開いた穴が四国ほどの広さに見える!これが台風の目としたら?あまりのもえげつない!史上最強!?

寝違えた「首」がどうにも痛い。首の筋力も相当退化老化の一途か?片道90分のワイルドライフの合間に実質60分のペルセウス座流星群に奇跡をかけようと機材をアッセンブルしたが「首」が廻らないのを理由に出掛ける計画は頓挫させ、画像処理をコツコツすることにして、眼が疲れたら?仮眠してを繰り返す。いや、本日は朝から、もっと言うと昨日から続けている。盆明けの納品で良いと折角のお言葉なのに「先程」仕上げた。これはDVD納品なんで、3枚に仕上げる作業だけ残した。

台風10号をやり過ごしてから残暑のお見舞いと言うシーンをアートしようと「怠け」の「癖」がやる気を飲み込んで台風が過ぎるのに何日かかるかは台風次第だが、物騒な予報ではあるが家に引きこもって「盆休み」としよう。日本一の豪雨地帯の大台ケ原の大雨の「作品」の宿題を残している話は再三書いているが、アタックが出来てない。この台風が最強の大雨をもたらすであろうけれど。超暴風で「生還」さえ危ういので、やはり暴風の無い「豪雨」を待つことにする。

となると梅雨明けも逃し、8月もカウントダウンとなると「またもや」宿題のリストから消えない?水中写真も二ヶ所からオファーを頂いており、これも「宿題」のリストから消えそうも無い。納期を切らない「受注」とするとは言っても「何年越し」となって来ると「詐欺」みたいな「気分」になる。これが寝起きの寝違えに出たのかも知れんなあ?

で、往生際悪く。最終判断で、空を見る!月が伊勢悠久の森の稜線にかかり、南西の空低くにあって、千切れ雲を浮かび上がらせていて全天には別の淡い雲がどんよりと薄くかかる。表現的には「晴れ」なんだろうけれど長時間露光で流れ星を撮影しようとすれば「最悪」の条件と言える。すでにこの時間に起きているコト事態が正に不健康この上ない!?さて、寝るかな?

どんよりと曇った今朝の空、明るさが風景に色彩を与えるも鳥も虫も鳴かない「静寂」は土石流が山を流し、里を流した「記憶」に繋がる。其の時は取材で知り合いになった「山小屋」の主人が、電灯に虫が寄らない少ないと「豪雨災害」の何日か前に力を込めて不思議そうに話してくれた。まさかその時に予知などと言う話では無かった。今なら言える。ヤバいかも?自然界からの警告も自然が自然のままで「童謡」の「ふるさと」の歌詞のようであってこそ、八百万の神々に守られるのだ。

相変わらず、コンクリートの壁が隔てる工事が見た目の自然の風景を切り裂く!?自宅近くの池を通る道が「土手」から「狂気」に変わっていた・・・。で、台風の予兆が先ほどから・・・風が一瞬吹いた!大気が動いた!これで、雨が来れば?いよいよなのだが。今、一つ。気象衛星の画像がフルタイムで表示されて来ない?ラジオの気象通報で天気図を描くしか無いなあー。これが一番確実である。やはり、最後は「アナログ」に大きく依存する?エネループも停電を考えて「ありったけ」をフル充電した。

後は?カップ麺の在庫が気になる。缶詰は?水・お茶・スポーツドリンクはカートンで玄関に積んである。後は「サバイバル」にならない事を祈ろう!?



(       文と写真   たかだけんじ       )

# by syashinkouboutabi | 2019-08-12 06:04
実はジャンルによっては2017年12月撮影分の仕上げが出来ておらずに。と言う事は?2018年も丸々残っており、
2019年も8月となり、次々と「新作」が撮影され、本日も買い物散歩がてらのスナップショットがバックアップされた!想い出すのは?図体がデカイが実は「巣立ち雛」だったと言うのがある。親鳥のように機敏かつ余裕が無くて「どっちへ?どっちへ行こう飛ぼう!?」と言う感じで、小生の気配から中々、遠ざかれない(笑)。秋に様々な猛禽類が伊勢湾を越えて来て伊勢悠久の森を通過しながら休んで行くのがルートの一つとされているが。留鳥になる場合もある!ハチクマ・サシバ・クマタカ・トビなど次々と営巣である!今の季節。オオコノハズク ・アオバズクが子育て真っ只中!この地は何と「生物多様性」の核にあるに違いない!

b0169522_23225245.jpg
自宅を出るとトンネルがあって、抜けると公園でここが時に野鳥のいわゆる珍鳥ポイントでもある。そこを抜けると五十鈴川の橋を渡る。水田を中心に畑や柿の木や花畑にウシガエルの池と多彩な里山となり、五十鈴川は中流域の景観である。地道の土手やら畦道と片道小一時間ほど散歩の散策件で某ショッピンセンターで日用品を買いだす名目で歩く。二十四節気の画像は大抵ここいら辺で賄っている(笑)。

で、反対方向へ五十鈴川を遡上する旧五ヶ所街道を剣峠へ向かう道がワイルドライフ24H!であり、越えてR260を南伊勢町の信号交差点を左折で豊饒の海を巡る伊勢志摩半島の各地へ。右折で星空風景のメッカ熊野灘沿いの紀伊山系を目指す。今年の真夏の天の川は特別に美しい!台風の風が運ぶ「大気」の影響であろうか?「火の鳥」アカショウビンの巣立ちは晴れ間が訪れた2日目の一気の太陽光線が眩しい森で4羽の雛が巣立ったが、丸々1日をかけて変則な時間を費やしたのも悪天候が延々と続いたせいかも知れない?それにしても10年ぶりの快挙の報でもある。生き物たちの楽園は伊勢志摩最高峰、朝熊山から伊勢悠久の森の類稀な食物連鎖に守られて生命を連綿と繋いで行く・・・。

b0169522_23335314.jpg
好物のアイスクリームや冷凍食品は流石に買うわけにはゆかないが、寿司などはリュックに入れてユッサユッサと持ち帰ると並びが崩れ片寄ってこんなに少ないんだといつも思う。今日も良く晴れて太陽は熱射!一日中暑かったけれど。風が結構吹いていて、多少汗ばむ程度で心地好いくらいだから2時間カメラを持ってリュックを背負い、ショルダーバックを肩に掛けのいでたちでも「腹」がへっこむほどの運動にはなってない(泣)。アイスボトルのドリンクも一口も口を付けなかった!

b0169522_23425262.jpg
部屋の中だと当たり前だが「風」は吹かない。田舎なんで窓を開けてると近頃はメインがヤモリ・ムカデ・蜘蛛・ハチ・蚊・ブヨなど枚挙いとまない「出入り」が確認される。で、扇風機とエアコンの出番なんであるが「快適」なはずの電化が実は不快この上ない!?エアコンのパワーが屋内に篭った暑さを処理出来ない近頃の夏であるのだ。この夏は灼熱の高気温ではあるが汗を流し風に吹かれている方がよほど快適で健康なんである。エアコンは喉にも宜しくない。電気代も跳ね上がるしなあー(泣)ここが一番健康に悪いかも知れん(笑)。

デジカメの容量にパソコンが悲鳴を上げる!RAWからの展開で16bitTIFFで多少好みに仕上げてから8bit-jpegと1カット3パターンの画像を展開させて行くんだけれど。サクサク作動してくれるのはmac pro しかない。ジャンル別にラインナップとなればベストなんだけれどなあー。この夏からNikon D850 もフィッシュアイ8-15と強力タッグを組んで星空風景をガンガンアートしてくれる。先のアカショウビンの巣立ちでは4K動画も最高のクウォリティーでゲット!この先に予定するタイムラプスや天体写真の合成では群を抜くアートを展開させる予感である。で、更なる高画素のミラーレス機への切り替えは急務なんで。更にパソコンのパフォーマンスに依存する訳だからこの先が悩ましい!そのミラーレス機の Nikon Z7 は春先。早咲きの桜前線を追って「激写!?」した。不思議な感覚の連続で、機材のフォルムも相まって「第四世代」と人の言う。間違いなく「次の」時代、世代を担うレスポンス・ハイクウォリティを予感させ「使う」喜びを感じさせる「道具」に違いない!

b0169522_23431039.jpg
夕方雲が出たが、今。上限過ぎの月が煌々と照り、快晴の空となる。月が沈んだら、夜明けまでペルセウス座流星群を全周魚眼で待ち受ける!で、午前中は泥のように眠り、元気が戻れば!ランチタイムをと思う。で、そこで疲労困憊なら更に昼寝の追加を貪るんで、電話が繋がらないとお叱りを受けながら?なんとかマイペースの談である。

調子をこいてると痛い目にあうかも知れないが?最初のカテーテルアブレーションから7年目の秋が近くに当たり、世間一般論であるが当に「山場」は過ぎてんだろうなあ?ただし、時折「やばい!」は体感する。かと言ってこのまあ「老衰」までおとなしくと言うのも癪に触るではないか?折角、生命を繋いで頂いた「救急車スタッフ」「医局の方々」「家族」「知人友人」の皆様にアイツやるやないかと!?足跡をここいらで一つ、二つ記憶に残せるもならと目論んでいる(笑)。それがいわゆる助けて活かされ頂いていることへのささやかな恩返しなのかな?と・・・。

残った手立ては人生で飽きもせず、半世紀以上に渡って取り組んで来た「写真」しか小生には表現のしようが無いと言うか絶対的自信である(笑)。立って歩ける内は?(続)たかだけんじのフォトエッセイ!


(       文と写真   たかだけんじ       )

# by syashinkouboutabi | 2019-08-08 23:51
夏真っ盛り!夕映えの空に三日月が美しい姿で浮かぶ。猛暑の大気が織り成す天空のショーに魅せられる日々!
b0169522_11465634.jpg
天の川が天頂にかかろうかと言う頃合い。プレアデスの淡いブルーが見て取れて空は秋に向かっていた。天と地の四季自然・風景・四季彩・ワイルドライフ!本日に来て、風の強さ具合が空模様と相まって台風の予兆である。ちょっとだけ?涼しげにもなった・・・。

昨日。灼熱の太陽下で終日の「行」であった見返りの日焼けの火照りが「今」は心地好い(笑)。全ては喉元過ぎれば?である。

で、Nikon 8-15 フィッシュアイのパフォーマンスに「ベタ惚れ」「心酔」している。単焦点の16フィッシュアイも切れ味が抜群でもう、世代を代えてはいるが何十年もの愛用品であり満足の一品である。その「せいで」年中、星空を見上げることに相成って(笑)。先に迫るペルセウス座流星群は月明かりで、撮影には?だが、満月前の明るい月が西の稜線に消える夜明け前のどれだけの時間帯が「絵」になるのか?極大日前後が待ち遠しい!

月明かりがあればあったで、星空風景の四季彩は独特な摩訶不思議な「色彩」を魅せてくれるので、季節の独特の雲が浮かび上がればそれはそれで好い感じにもなるし。そのアングルこそがフィッシュアイの世界であるし、凝縮された天空と漆黒の闇の地上との絶妙な空間のアートとなる。

伊勢志摩には海があり、山があり、森があり、川が流れ、無限の空間の空がコラボして春夏秋冬で四季彩を創造し季節を奏でる風景の演出の妙を見る。「自称風景写真家・映像作家」で、印刷会社さんのお手を煩わし「名刺」を持つに至って、さらにようやく「ベース」になる相当数なストックフォトがワールドワイドな市場に展開させて頂くと言う幸運にも恵まれ、これからが本当の真価を問われる「努力」を「結果」にと言う「本題」に入る!この一枚という「スペシャル」をリリースして展開させてゆくと言う「ドリーム」だ!この作品作りの合間にスポーツフォトを挟んでゆくと言う「理想」のパターンんが完成したと言って良い!

「自称」芸術家と言う、風貌と年齢層にもなった(笑)。で、この歳だと何を言っても「そろそろ」要介護だと笑われて「世間」を騒がすことも無い?言動を中傷され後ろ指を指され笑われているぐらいがなんとも心地好くて罪もなく丁度好い(笑)。

PS
西陽に染まる雲を一刀両断したように筋が走り風景が失われ、そこの空だけ繋がらず左右には明らかに同一の繋がりである雲があった!筋の面積だけぽっかりと色の失せた空間が際立った!それを理解する知識も無く高速道路上のドライブで流石にカメラを向けられず・・・で、1日後。先ほど。ネットで納得の解明となった!薄明光線と言う。良かったあ(笑)。小生の頭の中では正に「天変地異」であったのだから・・・。

b0169522_21132934.jpg
で、夏の大三角でお口直し?

閑話休題?
ところでこのところの気圧配置なんだけれど?台風がぼこぼこやって来て、過ぎればあっという間に「お盆」も過ぎとなり。一気に真夏も何処へやらのパターンになったら?真夏風景も The END ! 記憶の彼方の残像となるんだろうなあー。7日(水)は朝からカラッと晴れて透明度が抜群の空に真夏の太陽の灼熱の直射!お盆のご先祖のお祭りを自宅で執り行っていただく時間帯が来たので自宅の前の道で神主さまをお待ち申し上げている所だったのだが、ご近所の御高齢のご婦人が通りすがりに「太陽に直接当たっとたらあかんよ」とお声がけ頂き、そうだよなあ「頭髪」も遥か先に失せ世間体には還暦を数年も越えた「老人」である。

ご心配ご無用と言いたいが、日向ぼっことは言い難く「徘徊」「要介護」の域に居る。田舎なんで、時折「行方不明者」のアナウンスが鉄塔高くに配備されたスピーカーから流れて来る。まあ、その内「お世話」になる予感は多々ある(笑)。と、一旦「ご婦人」が立ち去るまで玄関に引っ込む(笑)。

それにしてもこの青空に綺麗すぎる真夏の雲にカメラを取り出す・・・。(続)継ぎ足しの話。



(       写真と文   たかだけんじ       )

# by syashinkouboutabi | 2019-08-05 12:14
伊勢志摩四季彩「八朔」 凄まじい熱波は凄まじい湿気を見舞って、風景も昼夜見たこともない「現象」を魅せた!
濃霧のホワイトアウトの切れ間に星が見え、やがて星降る夜と紙一重の現象を連夜、体験している!大気が超不安定なのであるが「雨雲」レーダーには「皆無」の雨雲?只今、主題は「星空風景」と言うのにハマっている(笑)。小学生高学年の頃の星空感動体験が今も脈々と波打っている。で、小生の夜と言えば?「けものみち」探訪であった。一期一会の出会いなどと嘯いていた。手短に言えば?実は追っかけである。ところが「星空風景」の場合は一定の定点撮影の時間の撮り方となる。で、そこへ「けもの」が通過してくるのである!これは今までとは全く違う「距離感」になり、意味合いも違うから野生そのものの姿を撮れるようになった!

一石二鳥!である(笑)。実の偶然の幸運を拾うことと相成った・・・

b0169522_21522213.jpg
「喰う」ことが生きる道。今年の森はいつに無く潤っている。肉付きも毛並みもしっかりと猪の色である。力強い成長は日々、生きるために探し続けて喰うことである。けもの道のリアルタイム!ワイルドライフ!伊勢悠久の森は生き物たちの楽園!
b0169522_21524361.jpg
異なるテーマの同時撮影に加えて、4K動画のトライもだから、ジッツオの大型三脚が新旧二本後部座席に臨戦態勢にセットされている。

b0169522_21564182.jpg
撮影のアプローチが多種多様になってニューアングルの連発となっている!いわゆる究極極限瞬間の「動」と「静」とでも言おうか?決定力を高めるために日々、スキルアップは必須である(笑)。

b0169522_22013181.jpg
ハイキーとローキーが新次元で融合して来たデジタルカメラ最前線!人工灯火と宇宙の神秘的な光が四季折々の風景と巡り出会い!心が吸い込まれてゆく感動がそこにある!
b0169522_22014332.jpg
伊勢志摩にはまだまだ物凄い四季彩の星空風景が存在する!これからリリースが続くデジタルカメラのポテンシャルに乞う期待度は測り知れない!
b0169522_22015011.jpg
で、睡眠不足である。昼間、移動のドライブでエアコンを切ってウインドウフルオープンで結構、大丈夫であると自覚があって、行けるもんだなと実はこれが落とし穴で?
水分の摂取が少々少なめでもあったのか?と今にして思えばなんであるが・・・夕食後。強烈な疲労感に襲われて、エアコンを入れてベッドに沈んだ!?ずっと涼しい日が続いた後の連日の猛暑日である。体力免疫は出来てない?

やってもうたあ〜!?

まあ大事に至らなかったが、いつもは飲み物・補給食などを積載しているクーラーボックスも今日に限って・・・積んで無く。8月は始まったばかりで先は長い、気を抜いたらアカン!小生の撮影のジャンルはアスリートレベルの「レース」なのであった!

閑話休題

ミラーレス高画素・ハイスペック!新時代・・・更なるハイスペックが新たなる扉を開ける予感であふれている!星空風景・野生圏けものみち・ワイルドライフ!!!日々是、日常の中の非日常との一期一会であるに違いない!で、夜勤にコンバートされる日々は日中エアコンで心地好いひとときの眠りをむさぼり「夜は」夜でエゲツない直射日光の無い気温と湿度が軽減された海辺や峠で「避暑」である。

見上げれば、今日も満天の星空で・・・ゆっくりとゆったりと時間を刻み「天の川」が天空を流れて行くのであった・・・。地上には星明かりに浮かぶ「けもの道」・・・。

但し。但しだ「盛夏」「猛暑」「真夏日」「熱波」「酷暑」「灼熱」・・・の真夏風景真っ只中のエネルギーはお盆頃には写真的には晩夏の色合い・四季彩・空気感が訪れるので意外と撮影最高潮期間は限られていて、台風でも来ようものなら「夏空」も極端に少なくなる。加えて「月明かり」で星空風景も表現が大きく異なるし難易度の高いのが今更ながら「風景写真」であると言える(笑)。

3日夜。
志摩市で、夏の星空観察会の講師に招聘されている。良く晴れますように!?

で、明けて。4日の早朝の風は涼風!但し、束の間(笑)。その後、現場(撮影)は終日炎天下の灼熱地獄に加えて、太陽を遮るものは「皆無」・・・。とにかくタイミングを見て「正装」の上から水を浴びたが正に焼け石に水!?午前中を乗り越えたが本気で「不安」が過(よ)ぎる!クーラーボックスの氷やスポーツドリンク・ジュース・水が一気に飲み干されて行く!撮影機材が直射日光の直撃で熱くて持てない!(泣)。秋で66歳を迎える身でこんなことをやっていては本当に死ぬと思う!

そろそろ?お暇を頂いても誰の責をもらうことも無い。ハイリスクローリターンだと本日はつくづく思う(笑)・・・。


(       写真と文   たかだけんじ       )

# by syashinkouboutabi | 2019-08-01 07:29
日本の夏・二十四節気「大暑」伊勢志摩国立公園源流紀行・五十鈴川「伊勢悠久の森」にアカショウビンの飛翔!
b0169522_10524889.jpg
デジタルカメラの進化が目では追えない「瞬間」を止めた!その描写力がか科学的に野鳥の飛翔のメカニズムさえも写し出す!もう、一つ。4K動画が映像を記録する!二つの「力」で「静」と「動」が自然の神秘や摩訶不思議が創作されてゆく!
b0169522_10530498.jpg
理屈をはるかに超越した瞬間を捕捉し描き出すデジタルカメラ!超高感度が超高速シャッターを可能にしてAFがまるで意思を持ったかのようにピントを拾いアングルを完結させる!
b0169522_10533451.jpg
巣立ち間近の雛に給餌するのは正に命懸けである!天敵は猛禽類・蛇・テン・カラスなどがこの森に存在する!食物連鎖の織りなす「小宇宙」で喰うもの喰われるものが「鬩ぎ合う!」RAW & 4K が大自然の営みを記憶する!

まさに「大暑」!? 光景が一変した朝は体感する季節が激変と言って良い。朝から強烈な太陽の陽射しがあって街は「初」真夏日を迎え、むせかえっていた!川沿いの道を峠へ向かう。ずうっと続いた「梅雨」のおかげで森は水分をたっぷり蓄えて「涼しげ」な風が吹いていた。別世界である!南の島から遠距離を旅する野鳥「アカショウビン」のファイナルカウントダウン「帰還」旅立ちへの二日間の記憶である。


b0169522_11075975.jpg
なぜ雛がこの色をしているのかと言うコトがこのごろやっと理解出来るようになった。オオルリもサンコウチョウも森と同化するための色彩とデザインを纏う。瓜坊もバンビも森の腐葉土の絨毯に同化する。声を辿っても姿を目視するのはいずれも容易くはない・・・。
b0169522_11081243.jpg
野生の生命力は凄い!樹洞を離れた瞬間に本能の命じるままに飛翔して樹間を抜けてゆく!翼が空を捉え浮かび飛行した!しかも思い描いた方向に飛んだ!
b0169522_11083865.jpg


偶然と幸運が重なれば?親子と「また」出会うかも知れない?「この夏の一期一会」にただただ感謝して・・・。但し、小生の経験からゆくと梅雨、冷夏といつもの夏よりも20日ほどズレた。で、真夏日も無く「一気に」7月下旬の二日間の晴れ間、夏空「到来」で。大きなカエル、トカゲなどをヒナに与え、アカショウビンの家族は必死で見たことも聞いた事もない「凄まじい」行動で雛を巣立ちさせた!しかし、安定した晴れ間は4日目で終わり。その週末は台風の直撃かも知れない「空」から真夏が失せた。近年の台風では朝夕顔を出していたムササビの巣がある木が根元から折れ、サンコウチョウの巣から巣立ち前の雛たちが流失した!

人為的にも今年のアカショウビンの木も道路への倒壊が懸念されるので、間伐される。いろんな野鳥の巣立ち雛や小動物の子供達がこのタイミングの台風の襲来に生き延びられるのか?自然界の破壊とは再生のメカニズムであり、宿命ではあると頭では理解して入るけれど。台風一過の満点の星空を一方では期待するスケジュールが決まっていて、その前に台風の恐ろしさはこのタイミングでは嫌だなあ・・・。

閑話休題・・・
撮影機材はオリンピックイヤーに進化する!あらゆる意味の感度・緻密な解像感・色彩のグラデーション・瞬間を捕捉するAFなど。いくつものマイナーチェンジの融合が総合力を劇的に押し上げるから特撮であった感覚のエリアの感動的シーンをいとも簡単に画き出す!で、いつの日にも人間力が試される(笑)。センス!スピード!スピリッツ!与えられた条件の中で最大の努力をする!

経験は創造力の宝庫である!見た感じた・・・総合力をフル動員して最高のアートを導き出す。インスピレーション?コンセントレーション?インパクト?



(   文と写真  たかだけんじ   )

# by syashinkouboutabi | 2019-07-26 11:14
芳醇な酒にほろ酔い気分の先に彷徨!デジタルカメラミラーレスの鮮やかで、高精細、高品質が創造する「絵」は
まさに「魂」「魁」「夢幻」「心」の「旅」。一期一会のシャッターの記憶は「鼓動」の如し、リズムで描かれる!呼吸を整えて「被写体」を注視する。息を吸い、最高の集中力に高めた後に息を吐き、リラックスの境地を導き出し「シャッターチャンス」の瞬間を間髪入れずに「捕捉」するのだ!瞬間とは「見た」「感じた」「アングル」「シャッター」「絞り」「感度」「ピント」「決定」「決断」「アクション」が同時進行のコトである(笑)。

延々の梅雨空の雨模様である。そろそろ、快晴の星空が恋しい!で、星空散歩に赤道儀をと暇さえあれば?「カタログショッピング」に夢中になっている(笑)。キリが無いがそこそこのモノとなると軽く「長玉」と遜色のない「価格帯」にある。で、今の車では積載出来ない大きさとなる。かと言って「野遊び」なるエリアが4WDと限定されるから?頭が痛い(笑)。今更?この年齢?この趣味?道楽?やる気十二分である困ったものだ(笑)。

「時」は薄暮・夕暮れ時・夕方・・・梅雨空の薄明かりが返って「同一」の明かるさを長きに渡って保ってくれた!補助光に浮かぶ伊勢悠久の森の「けものみち」を歩くようにトレースしてゆくと次々に被写体が蠢めいて見えてくる!全てのサイクルが「ひと月」程、遅れて進んでいた。アカショウビンの巣立ちもそうだった。小ぶりの「瓜坊」をロックオン!付かず離れずで「距離」を詰める。シャッターも300カット近くまで来ると「最短撮影距離」をキープしてなお「警戒心」が薄れて、人の気配・足音にも無反応になった!?

b0169522_00550763.jpg

補助光は道を照らし浮かび上がらせ、餌の捕食を容易にしたようだ。シャッター音やストロボ光はこの所の「雷鳴」と比較すれば「無」に等しいようで、反応の皆無で微動だにしない。こちらのアクションがエキセントリックになった時だけ目を向いて「視線」をよこす(笑)。600FLにX 1.4 のテレコンバーターで焦点距離を稼ぎ、F 5.6 で後は SB 5000 に光のコントロールを100%託す(笑)。補助光があるとは言えコントラストも最悪で全てがニュートラルグレー以下の色彩ではAFが食いつかない!反応が全く「止まる」時間もある。で、MFで強制的に拾い出しAFにトドメを託す(笑)。

梅雨の雨、プラス「夕立」のような豪雨に見舞われて撮影は一旦、休戦(笑)。アナグマがテンがハクビシンが代わる代わる顔を出し、アオバズクが巣に戻り、ムササビが樹洞を後にするのを見送ル頃。アカショウビンの声も巣の前の漆黒の闇に失せた!雨のひとときこそが真の野生を垣間見れるのかも知れない・・・。

b0169522_02594817.jpg

原生の森に「生命の輝き!」盛夏の候にして涼しげ!森の緑の下ではたっぷりの水の循環、気が付けばいつの間にか「晴天」の連続!?梅雨明けの樹間の子育てが佳境!1日を目一杯使い3羽の巣立ち雛が森かげへ旅立ったのを見送る・・・。食物連鎖の四季彩は愛おしくも感動がMAXに達する頃、我が心は放心状態の虚脱感?逃した無数のアングルは来年の宿題(笑)。アカショウビン4羽目の巣立ちを突き出た枯れ枝から見守る無言の親鳥が薄暮の森の最終章!

b0169522_07150598.jpg
神々の森と云う「宇宙」に活かされる。地球という掛け替えのない「ゆりかご」である。森の目覚め「朝」真夏の太陽光が樹間から地床に突き刺す!森林浴の風が谷から峠へと吹き上げる!巣立ち雛が一斉に活気付き樹々を伝って餌をついばみ「次々」と移動する。

アカショウビンの雛も無事に森に旅立った!で、その4K動画の撮影にも辛うじて成功?したけれど「映像作家」を名乗るにはクウォリティが低すぎて単なる記録以下の出来栄えにガックリ(笑)。修行に励むしか無いな(笑)わからないコトだらけなんでデータを先ずは構築したい。テーマは麗しき日本の四季彩!なんで、先ずは「色彩」を突き詰めねばな(笑)。で、ここでもピントに解像感、グラデーション、色再現など基本を掴めなくては始まらない・・・。

晴れ間が夏の晴れ間が来たぞー!(笑)。

で、意気揚々と出かけたら?結局、先島半島のニューアングルのポジションではダダ曇り(泣)流石に帰還してデスクワークと思い帰路の峠を越えたら微かに森の上に「星々」?全て同じコースを引き返して戻るのも癪なんでR260まで戻ったところで熊野灘沿いに南下して伊勢志摩国立公園最南端エリアまでを何とかゲット出来ないものかと腹を括った!ただし、現実は海霧真っ只中でホワイトアウトに加えて湿気が半端なくて(泣)。駄目元で「祈り」腰を据える・・・程なく「奇跡」が起こる!ガスが完璧にクリアでは無いので透き通るような「快晴」では無いが真夏の星空の抜けとしては良い方であろうの「妥協点」の「満点」の「星空」が訪れ、夏の天の川が天頂を越えて行くのを見送れた!執念の末の幸運?

b0169522_09464210.jpg

で、帰路。結局、3回目の獣道を東の空が白み始める頃に注意力散漫のトレースと相成ったが、これがその「結果オーライ」のジャストミートで。それまで外しまくっていたフラストレーションが歓喜でしかも自宅直前の森の出口で「瓜坊の兄弟」をワンフレームいっぱいいっぱいでゲット!

b0169522_09470834.jpg
b0169522_09472606.jpg
b0169522_09483906.jpg

好いコトも無けりゃねえー(笑)日々是、往生際が悪い「後に」必ず「幸運!」・・・。伊勢志摩国立公園には人の生活圏の中で素晴らしい星空と野生の生き物たちの楽園がある!



(       写真と文   たかだけんじ       )




# by syashinkouboutabi | 2019-07-19 19:58
「よく降るねえ〜」水田から顔を出すのはサギである。青いのから白いのまで多彩。長い首を伸ばして、こっちを観ている(笑)。
自宅の屋根にはイソヒヨドリが心地好い囀りを聞かせてくれるのが一羽止まる。自宅でも近所でも繁殖する。軒下では相変わらずスズメが訪れこれにも癒される(笑)。換気口に営巣するので巣立ってから取り外す。片道徒歩40分の買い出しルート沿いの水田ではタニシが群れていた。で、梅雨も20日頃から順次、日本から去ってゆくとの予報?この「夏」のアプローチは正に自然体?モリアオガエルに集中したが予想を遥かに覆した結果に。夜行性では無い人間が夜に徹すると云うことは日中は「昼寝?」に終始する訳だから、但し。もう既に世間体は気に留めなくて良くなった話は前にも書いた(笑)。

雨の日こそが絶好のワイルドライフフォト日和!(笑)。お後、二週間程で季節が変わる!で、これらの水の循環の四季を経て、食物連鎖の持つ意味が輝きを見せるのに太陽光が万物の生命感を際立たせるに違いない!森の音、川の音、風の音の中に「些細な」「生命反応」を空気で感じる先にレンズを向ける!撮影成功か失敗かは「時の運」と云うところに「万に一つ」の「一期一会」の「幸運」を祈る!

時に予期せぬ幸運と失敗が同居するが、両方「瞼」にも「脳裏」にも鮮明に焼きつくんで、失敗と書いたが「事実」は失敗では無い!見れたことに「意味」がある。失敗とは単にピントを拾えたかシャッターが切れたかと云うことで過去形でしか無い(笑)。心穏やかにして見つめる先の四季彩は尊い!

「雨」が人の臭いを消してゆき、呼吸が気配を大気に伝え生きてる事イコール「気配!」の応酬!それでも生きて行く為に「生き物たち」は「けものみち」を進む!雨の染み込んだ「けものみち」の森の臭いは息苦しいほどに臭いたち。雨音と谷の流れの音が交差して、獣と人の気配が漆黒の闇で消えて、運良く「いや」運悪くLEDに浮かぶ「瞳」は正に至近距離!ここでのシャッター音は大抵が「凶」と出る。で、世間ではLEDに虫は付かないと言い切っている御人がTVに出ていたが、森の奥深くのあらゆる「虫たち」は呼吸も困難なほどに次から次へと飛び込むように乱舞してくる!

その合間のシャッターである(笑)。足元からも頭上にも様々な「吸血鬼」が襲って来る!人も「えさ」でしか無いロケーションに立つ。それがワイルドライフフォトの宿命!但し、梅雨のひとときの稀に時折の晴れ間の雲間の月が「夢幻」に美しい!物の怪の気配の中でシャッターを切る「今日この頃」・・・。

人口灯火とコラボして梅雨空を彩る花火の季節もまた、四季彩!「伊勢の花火」宮川、度会橋の大気を切り裂く「音」と「火」の共演は川面も天空も染める様が魂を揺さぶる!伊勢の夜景の先は伊勢湾である。伊勢志摩最高峰、朝熊山から度会の山々から「遠望」出来るショウタイムは「光」と「音」の時間差があって、それはそれで趣がある!ここでのこの「テーマ」でもデジカメの機能が遺憾無く発揮される!テクニックはカメラに任せて「想像力」に「創造力」を楽しめる時代になったと言える。

ミラーレス&ニューアイテム(レンズ)がストレスフリーでシャッターチャンスを捕捉する!蒸し暑さも霧雨であるが故にそう気にもならない夕暮れ時の水田の畦道で見たことも無い数のトンボの群れが目の高さの延々の先と見える目の前を乱舞して行く!警戒心は皆無である!年に一度のスペクタクルに遭遇である!「山籠もり」のための食糧・水などで座席は身動き取れない(笑)。このところ、目的別にレンズをアッセンブルしたので撮影機材も多くなる。三脚一脚も複数で脚立も三台と本当に足を延ばして「仮眠」もままならない(笑)。エアーマットに寝袋と大きな枕のセットで結構「快眠」は疲労困憊で睡魔に負けて「泥のように」眠る!?

もう、随分と生きて来たと「したり顔」も大自然の営みの中では「ど素人」なんである。謙虚に学び尊び無心に遊べばその先に「ニューアングル」が見えて来る!気象衛星の画面からは一気に梅雨らしき雲が失せた!但し、伊勢の空はどんよりと雨の気配真っ只中!思い起せば?初夏の直射日光で日焼けした肌もここの所の天候ですっかりと色褪せて中途半端(笑)。7月は加えて、夜型にシフトされたライフワークも日焼けからは程遠くて?これでこの先7月下旬、8月、9月のガンガンの日照りが来たら?かなり、身体に悪いだろう・・・。

梅雨明け間近と思いきや?ドカンと雨雲が?そろそろ次のテーマへとの妄想も先に進まない?コトは目の当たりにしないと正直テンションは上がらない。ぐずぐずやっているとモチベーションも維持出来ない?覚悟を決めた先の落とし所での足踏みは奈落の底への急降下?ハイリスクは承知の上のアタックチャレンジも空振りはきつい!結構鍛えて来たからそこそこは根性もあるはずだと7月下旬のファイナルカウントダウンも「但し」自然には勝てない?往生際悪く最後までやり抜く努力の先の「運」を期待して妄想が現実の展開となるのをただひたすら「待つ」(笑)。

ずうっと涼しい日々が続いた7月下旬へのタイミングの深夜、雷鳴が轟いて「二人組」で向かおうとした「けものみち」撮影隊の出鼻をくじいた!急いでマッキントッシュデスクトップの電源を落としコンセントを抜いた!この雷雨さえ無ければ?絶好の雨の降り具合に森の状態であった筈?子育て真っ只中の「野生24H」である!今、何事もなかったかのように不気味なほどの「静寂」である!?巡る季節の色彩と去り行く季節の四季彩が激しき鬩ぎ合いを展開する!生半可な覚悟では「現場」に立てない相手だと知る!命がけの野生の過酷さ、優しさ、美しさと愛。人は何故かここに醜さと愚かさが加わる。如何なものか?(笑)・・・。シャッターを切る度に葛藤し自問自答する!?

鈴鹿、北西の空は快晴の空の下「心地好い」風が吹き、但し。太陽光直射にはに汗ばむ・・・。夜の伊勢志摩の空は梅雨空の合間の満月前の月が煌々と照らす光景にあった!巡りめくる四季彩の中で「一期一会」の「一喜一憂」に「太陽」「月」「星」の記す「風景」と「いきものたち」の回廊のニューアングルへのアプローチは摩訶不思議な空間に他ならない!今、言えるコトは「すべて」が極上のエポックメイキングであるに違いない!

# by syashinkouboutabi | 2019-07-11 17:04
欲得は捨て、されど。思うがままに本能の趣くままに(笑)。S社が200−600なんてえのをリリース!色んなメーカーの超広角系も「超」楽しい!
老人のエンドレスな話(笑)。7月は上旬、半夏生と言う野草が梅雨の朝の風景によく似合う!今年はまだ、見に行ってない。タイミング悪く天気予報の災害的豪雨と言う「文言」にビビっている。想定外と言う表現が世に出回って久しいが、正にそれである。何百年、いや。それ以上続いた「道」が跡形も無く「土石流」が襲い記憶を消し去る昨今の猛威は身を守る術さえ脳裏から失せる。今までの物差しを遥かに超越して「今あった」風景が消え去る現場は胸が詰まり思考が止まる衝撃に打ちのめされる・・・。

ワイルドライフのフォトグラフは人為的介在を排除する「自然界の輝き!」を今年はテーマに掲げた!ただし、矛盾がある。照明である。んーんと言うところであるが、今更?とそれは目を瞑り(笑)。

有り余る時間を最大限に使っている。「果報は寝て待て」好い響きだなあ〜(笑)。

自宅駐車スペースの草を生えたい放題に放置した。此処へ来て、種子が付き、花が咲き誇りのタイミングで、窓ガラス越しの至近距離に野鳥が訪れ、アゲハにモンシロ、蜂、ムカデ、蜘蛛、ヤモリと多彩なゲストが目と鼻の先!ライフワークも去年までは近隣河川上流へ向かっていたが。固定概念は捨てた(笑)。中流、下流域にも「夏鳥」が様々な生態を魅せる!川面には「エイ」の大群が遡上したりと「海」と「山」が出会う「光景」は先ず、人影も無く。被写体が人を気に留めない。

で、里では「夏祭り」の季節でもある。消えゆく「まつり」も自然界の一部である。ずっと違う「観点」からレンズと心を向けていたが、自然と捉えるに心が動く被写体は記憶してゆこうと。そう、違った見え方がして来たのだ。

余生短いから、懐と相談なんだけれど。東西南北、春夏秋冬。麗しき日本!旅する65歳9ヶ月(笑)。

撮影の概念が良い意味で固定出来なくなって久しい!デジタルカメラのレンズ前、レンズ後のすべての進化その日進月歩は創造力と表現力を無限の領域へ押し上げた!感度、シャッター速度、絞りは自由自在。眼に捉えていない「幻」さえも捕捉する「ポテンシャル」の高さは魔法でさえある。

「心」が感じたままに「写真」が描き出される!人類はそこへ「ミラーレス」を完結させ、更なる「進化」の現在進行形を変幻自在に操り始めた!タイムラグ「ZERO」へのストレスフリー!シャッターが切り裂く「一期一会」。指先への極限の集中力こそ「人間力」であり、最高級のイメージをクリエイト出来る「至福」の「ひととき」であるに違いない!

今。全身全霊をかけて、レンズを向ける「被写体」がある!こんなレンズがあったら好いなあの「定番」プラスアルファが続々とリリースされる時代の「今」に居る!インスピレーションが本能の趣くままに湧き上がる!

格段に進化を遂げたジャンルにステージがあって、撮影機材は勿論ソフトもワークフローも正に「夢」の世界を創作させる!天と地と水と生命の「絶景!」に魂が揺さぶられレンズを向ける覚悟はチャレンジとアタックの連続で、ハイリスクノーリターンの表裏一体なのだけれど。純粋に真っ向勝負で真摯に対峙出来る「人生」の「悦び」に他ならない!(笑)

で、二十四節気・小暑の早朝に居る。夜は「七夕」であるから今日ばっかりは快晴を願う!季節は「梅雨」真っ只中であるから、いつも何でこのタイミングで夏の美しい天の川を挟んでの織姫・彦星のアングルの雲を追い払いたい。少年の頃に故郷の山で見た「星空」に魅せられて、ただし。「中休み気味」だった所、デジカメに写ったカヤックでのキャンプで知床半島一周の折の満点の星空で目覚め、世間定年リタイアの年齢になって、昼夜逆転の日々に居る(笑)。

益々、撮影に集中できる「機能」をデジカメに搭載されて来て、ソフト&ワークフローで時間と苦労を強いられた葛藤からの解放は素直に嬉しい反面???何か胸に遣える思いもある???まあ、ええか(笑)。デジタルカメラと云う「魔法の箱」の魅力は睡眠不足を増やしながら失せることが無い!今、目からウロコはPanasonic LUMIX のライブビューコンポジットで、3時間の露光を自動で処理すると云うアナウンスに来るものが来た!4K動画も60Pを積載してるのも流石!最高品質を纏ったプロフェッショナル!

手足のようになったオールランダーな Nikon に特定のジャンルのエキスパートとして SONY αを加えたラインナップは「三種の神器」として、世界基準の「仕事」をストレスフリーでクリアするに違いない!あれやこれやと「撮影機材」やら「理想」の「ワークフロー」の構築を思考するのはするのは結構楽しい(笑)。で、心身最高潮に達するのは勿論「撮影現場」であり、理想が体現できた時の「一期一会」にジャストミートした時に他ならない!日々動くのも一理、時間を置くのも一理。見えてくるモノ見えなくなるモノと相反するモノ連動するモノ「必ず」方程式は存在するんだけれど「すべて」一律では無く「無限」のプロセスとアンサーが「結果」として見えてくる!

これが四季自然ワイルドライフである!生命夢幻(笑)。




# by syashinkouboutabi | 2019-07-04 01:48
ふとしたことから「二十四節気」と云う、表現と出逢い。仕事が写真家だから、足元の季節の四季彩を
拾うようになって知床・礼文・白神・・・慶良間・西表島なんかをあてもなく彷徨して気が付けば?この秋で66歳である(笑)。小学生で走ることに目覚め、野球、陸上、自転車とアスリート路線を突っ走っていたが、常に傍にカメラがあって。それぞれの限界エリアが共通点でシンクロしていて、それが「何」かは今も答えが無い(笑)。両方に言える「結論」は凄まじいエネルギーを要することだ!

最後までやり抜く気力と体力と知力!そろそろ、何かと欠けてきた「感」が否めないが体感して積み重ねて来たプロフェッショナルの財産が其処彼処で活かされてきたのも感じている。人生の「妙」である。

季節が少し位違う循環である。大気の色彩が違う。空気感も違う。夏至から半夏生と時間が流れ、ようやくの梅雨入りである。カメラが理想のアッセンブルになり、ストレス無く「被写体」を捕捉してくれるし、クライアントの反応も好い!欲を言えば、キリがないが「もう、少し」揃えたいが、パソコンも並べたいしと物欲は際限無い(笑)。

で、どうも「デスクワーク」が性に合わず。ストックフォトの作品作りの仕上げが進まない?これがもっとせっせと進めば「懐具合」も寂しさを解消出来るんだけれど?年金は細る一方で、老後寝たきりまでに多少の貯金をとも思うが立って歩けるうちは緊迫感がイマイチ足りない?

そんな「心境」でシャッターを切っているとしたら「傑作」が生まれる訳が無い!

覚悟を決めて、集中!これしか無い!

予報通り、風雨激しくの「気配」。フードの真正面から雨粒を風が叩きつけてくる!水分だから拭えば好い。最初はそう思う。大台ケ原の豪雨を撮影するミッションが有ったが不採用になった!プライドが許さないんでチャレンジを続ける!ただし、オーダーでやってるんじゃ無い(笑)。屋久島の雨も「木の芽流し」なんてえ豪雨がある。雨合羽に特別な傘で撮影機材を守るわけだけれど「正解」は存在しない!天地創造の「神の雨」を撮影しようなんてえ目論見が初めから大間違いだと豪雨の中で気づく。

首筋から入った雨が股間を通り足首へと伝う!泣きべそをかきながら踏ん張る!そんな雨が日本にも存在する!今は濡れても体温を保持できる下着がある!余程の山岳、冬季でなければ生きて行ける!

で、大自然に身を置くと「生き物たち」との素晴らしい出逢いを楽しめる!その瞬間の「生きてる悦び」がたまらない!陽・月・星・生き物たち・四季彩・・・。

ここのところの涼しさが好い!心身の消耗が少しでも緩和されていると「発想」も快いのが浮かぶようである。人気の無い「もののけ」のエリアへ篭るために「食料など」をしこたま調達した。勿論、虫除け、時には熊避けも携行する。で、九分九厘「音信不通エリア」でもある。このコトが実は最高に「心地好い!」大自然独り占めで四季彩の真っ只中で宇宙の鼓動を感じれる幸せに他ならない!

神々が創造したもうた国、日本が目の前に展開する!

被写体は無限!覚悟を持って目醒めよ自分!

ところが、デジタルカメラにはウイークポイントがある。センサーに付着する「ゴミ」である。この始末と対峙するのに意外と気合が要る。ワークフロー最大の難関である(笑)。こればかりは令和元年「意」を新たにと切り替えるに至っていない?何かに託けて重い腰を上げんといかんのであるが長年培ってきた「サボりぐせ」はテコでも動かない(笑)。こうゆうのには「筋金」が入っている(笑)。

車も定期的に交換という「高価」なパーツで名前は忘れたけど「その」交換のキロ数が来た!そこへ2019年も半分が来て、心電図・心臓超音波検査・胸部レントゲンで「裁きの庭」へ出頭が迫っている。術後、丸六年目の秋が来る前に「猛暑、残暑」を乗り切らないといかんから「仕事」もそろそろ選ばないとなあ〜?

年金がグラグラだからプラスアルファーが必須なんである。その積み上げに「趣味」の写真なんである。早々に上手く行く訳が無い(笑)。

写真が益々楽しく面白くなる!ソニーとニコンの相乗効果に加えてXQDのパワーアップに個人的にはエネループが加わる!撮影機材を取り巻く環境は正に申し分無くて「あらゆる」ジャンルを心の赴くままに撮影可能な時代となった!トライアンドエラーが瞬時に確認できる時代は最高だ!そして毎日がフリータイムなのとバッティングの無い人間関係と恵まれたエリア独り占めの「環境」が最高の結果を約束してくれる。

ただし、寝不足になるのと世間との音信不通を理解出来れば最高の人生である!独断と偏見による考察の「集大成」が無限に広がる(笑)。







# by syashinkouboutabi | 2019-06-27 03:00
季節は「夏至」まで丁度、一週間の頃。今年も記憶に染み込んだ「梅雨」には程遠く曖昧な季節の中で日々が過ぎて行く?
b0169522_01161241.jpg
b0169522_01163131.jpg


紀伊山系の稜線は快晴の空に沈んだ西陽に浮かび上がる生命感たっぷりの雲があって、東の空にも湧き立つ雲がいくつも立って。天空の上弦の月が明るさを増し「雨」の気配など微塵も無かったのに伊勢志摩が近ずく頃、フロントガラスを雨音が叩き初めた!

いくつもの峠とトンネル(隧道)を越えて、伊勢悠久の森をトレースする旧街道に入り、小一時間で家に帰還である。傍らで「いつもの」光景を見る。休耕田の草を食べ続ける若い雄鹿の顔や耳には無数のダニがへばり付き深追いの撮影は今季は止した方が良いよとの「警告」を目視させる?

森の水辺に産み付けられた「モリアオガエル」の卵が変色して干からびて死滅していた!然るべき時に程良い「降水」が無いと自然界での生命は輝き放てないままに「種の保存」も途絶えるのだ!



b0169522_01335792.jpg
b0169522_01340415.jpg



但し、自然界の「死」は食物連鎖の無駄が「皆無」であると言う「答え」と「方程式」と「掟」が連綿と繰り返される!ひと夏やふた夏の「異変?」など気にも留めない。このサイクルが少しずつ理解出来る様になり「本心」から「焦り」を払拭できる事を体現すると「何事」につけてもシンプルに奥の深さを思考できることの気付きを悟る(笑)。それにしても人間は愚かである。判った風で判ってないから「まめに」軌道修正の連続となる?

で、「生き物たち」なんだけれど「今年は」撮影最短距離はおろか至近距離を「被写体」が越えてくる事が多くて。AF200ミリ望遠マクロレンズの導入しかないと言うシーンの連続に感動や興奮よりも動揺する日々が続く!

撮影機材は瞬時に使い切ってこそ「意味」がある。嗚呼、悩ましい(笑)・・・。



(   写真と文     たかだけんじ   )

# by syashinkouboutabi | 2019-06-15 02:00
「つつじ」の花が、5月は延々美しく「梅雨入り」前まで種類を替え風景を彩っている!小生は時折、一週間以上の「音信不通」に
予告なく入る事があり。その理由に近年では生死に関わる「入院」と言う「セクション」が加わる。近代医療の進歩で生命は維持され生還を二度果たしている!(感謝)と言うのを経験すると四季自然風景とかワイルドライフと言うジャンルにますます引き込まれて行く自分があって、眼と心が自然とそちらへ向かい、職業柄選択肢は風景写真家&映像作家を名刺にも明記して、多少「自称」が付く、今日この頃・・・。

b0169522_14022503.jpg
b0169522_14133559.jpg


そこへ「オオルリ」の子育ての季節が巡り、美しい「声」をまじかで聞かせてくれるようになり。森で産まれた新しい生命は好奇心旺盛で、親が発する険しい警戒の声にも耳を貸さず、至近距離をどんどん詰めて来て「見つめあう!」(笑)



b0169522_14222835.jpg



表向き毎年の繰り返しではある食物連鎖の生物多様性を見る場所が短かになった!モリアオガエルの産卵場所が遂に車で5分ほどの伊勢市内になって、そこは狐・たぬき・ハクビシン・ニホンアナグマ・サンコウチョウ・アカショウビンのファミリーが「初夏」「梅雨」「真夏」「秋」を過ごす水辺の森であり、そこは幼少の頃の遊び場でもあり、65歳になって「楽園」であったことに気付く。



b0169522_14371808.jpg
b0169522_14404314.jpg



日本の麗しき「二十四節気」の四季彩に水の循環があって、食物連鎖生物多様性の生命を育み、死をも司る!その営みの全てが「地球」であり、「宇宙」なのだ!



(   写真と文   たかだけんじ   )




# by syashinkouboutabi | 2019-05-31 14:46
巡りし「初夏の音色」から「去りゆく初夏の音色」を聴く!伊勢志摩四季彩!「二十四節気・彷徨・・・」
伊勢志摩国立公園・英虞湾・熊野灘はるか水平線で。天空の星と地上の星が出逢った「夜明け前」にたつ!伊勢志摩ニューアングルを創造する「全周魚眼レンズ」の旅を楽しんでいる(笑)。時を超えた時空の夢物語である。時折の流れ星に思わず「願い事」の「煩悩」デアル(笑)。まだ先ではあるが、夏至に向かっている季節は夜が短い夜明けが早い。人生の「旬」と重なる・・・。

FXフォーマットEDレンズが星空から人口灯火まで点光源を解像してさらに鮮やかに色彩を描写!コントラストを上げて尚豊富なグラデーションを魅せた!来年にはオリンピックバージョンのマシーンのリリースをNikonはアナウンスしている。更なる進化の一歩がどんな領域を捕捉してくれるのか?65歳老化の一途を辿る知力、体力を助けてくれると信じている!今でも十二分に楽しんでいるから、尚更。期待してしまう!(笑)

b0169522_10010275.jpg
で、スケジュールなんであるが。超が付く「暇」の筈が、何故か?ガツガツの日々を送っている。ただし、三重県は南北?に長いので交通費が片道切符で「ふたつ」の仕事がうまい具合に重なって、無駄な打ち合わせもせずに済み?本番も無駄なく消化出来ている偶然が面白い?考えてそうなっているのでは無い所が実に爽快で良い(笑)。ただし、撮影量を仕上げ納品が上回る事は皆無で、ついに納期遅れが一年と半年になろうかと言う「最悪」をどう乗り切れるのか?全く持って目処が付かない(泣)。はあ〜???
b0169522_10151409.jpg

初夏の薫風は天空の太陽の陽射しを涼風に変えた!無風ならば「真夏日」の朝は夜来の雨が上がった「快晴」のひとときの演出か。この風に乗って「峠」の伊勢悠久の森に遠来の旅路の生還のアカショウビンの鳴き交わしがあって、全周魚眼EDレンズが捕捉する世界は「生き物たち」が生命を繋ぎ、輝く、季節の水が循環するスクランブル交差点にあった!天地左右東西南北360度の世界に程良い風と雨が食物連鎖にスイッチを入れる。生命の歓喜が湧き上がる!

b0169522_10265418.jpg

日出ずる国に天の恵み。胸いっぱいに吸える空気、美味しい水。恵まれた伊勢・伊勢志摩の二十四節気!常に「心」に感謝!天地創造・一期一会・・・。その素晴らしき四季彩その麗しき風景が「円空」となって網膜を刺激する!飽くことなき視覚への挑戦は続く!

全周魚眼とは180度の視野を切れ目なく繋いだ360度の光景を描写する!膨大な情報量とこの上ない遊び心を満載である!対角線魚眼レンズの登場した時もセンス溢れるクリエイター達に称賛絶賛された歴史があって今尚、色褪せないポジションを誇っている!此処へ来て、両方を1本のレンズで横臥するズームレンズがリリースされて来て小生などは歓喜に湧いている!(笑)。

世界がどう反応するか!?ワクワクドキドキである(笑)。世界基準だから楽しんでくれる人がきっと沢山いるに違いない!現在鋭意リリース準備中!


(   写真と文   たかだけんじ   )

# by syashinkouboutabi | 2019-05-16 10:30
四季彩・伊勢志摩 二十四節気は奏でる!「立夏」から「小満」伊勢悠久の森にぽっかりと開いた「天空」へ
伊勢志摩の水平線から「天の川」が立ち昇り、漆黒の闇がほのかに匂い立ち、影を宿し「けものみち」を行き交う「四つ足」のフォルムが蠢(うごめ)く! 


b0169522_16272609.jpg

その朝は。朝焼けにならずに「峠」は真っ白な世界の中でAM05:24「野鳥」の「さえずり」がその峠の森に湧き出した!

b0169522_16312109.jpg
もっと「風景」をアップで撮影したら?まるで「スタジオ撮影」のようなカットが切り撮られた!

b0169522_16332258.jpg

写真の持つ「表現力」。その「可能性」を今更?

閑話休題。
自転車競技の「審判」のライセンスを更新した。初仕事で「発送主任」を執務。途中?順位が確定するスケジュールに入ったら、カメラを持ってHPやら学校のアルバム用やらと「広報」に自動兼任?二巡目の国民体育大会を執務するためのスキルアップである。話は前後するがインターハイの広報で全国を巡った過去もあり、全国誌の表紙・グラビアも長年手がけた実績で選手監督を長年経験してのフォトグラファーとして出来る事をやって貰うと「ボス」からの指令を受けた!

で、レポートも書く(笑)。



話はその朝に戻る・・・
満天の星に延々とシャッターを切る!5月の夜明けは早い!あっという間に「朝」が来て、一休みと甘いものを口に入れたら「やってもうた?」何やら硬い異物が舌の上を転がった!直感で「歯」であると認識した!又しても「ミルキー」の餌食に!(笑)。折しも本日は「別件」で歯医者にAM10:00の「予約」を入れているんで「一旦」山は降りる・・・で、歯をつまみながら「先生・・・あーこうだ」と一通り、歯が取れた経緯、言い訳を並べて「施術」に入るが、削ったり型取りを何度も行い「完璧」の念の入れようにゆうに「小一時間」を擁していて。

徹夜の睡眠不足も手伝ってか「疲労困憊」這々の体で我が家に辿り着いた時には「睡魔」の極限!?あっという間に堕ちた(笑)。で、二週間後、先に予約を入れてできなかったのと被せ直す「歯」の「二つ」をやる・・・。


(   写真と文   たかだけんじ   )

# by syashinkouboutabi | 2019-05-13 16:53
伊勢志摩国立公園「伝説の森」。平成最後の夜から令和最初の夜は「歓喜」と「失望」となる「水」の循環があって、真冬並みの寒気の後に
暖気の訪れに伴う「乾季」のち「雨期」「大雨」のアンバランスにある物は餌(ミミズ)が湧き出した森で丸々と肥えて、ある物はその水の多さが災いして「命」を落としていた!自然界は全てに「生き物たち」に決して平等では無いのだ!それが自然界の摂理であり、掟なのかも知れない?ただし、落とした命が水中で待つ「別の命」の糧となり命を救うのだ!それが食物連鎖の方程式の答えなのだ!

b0169522_06292634.jpg
b0169522_06293455.jpg

b0169522_06294601.jpg
b0169522_06360970.jpg
森もまさにゴールデンウィークで。イノシシ、たぬき、アナグマが普段の何倍もの頭数が出没してまるで動物園のように人前で餌を夢中になってほうばるのであった!
 
b0169522_06402272.jpg
かたや、モリアオガエルの水辺では連日の大雨に叩かれて溶け落ちた卵塊が・・・。

今年の森は何十年に一度の「遭遇」を期待させるに十二分な予感を彷彿させてくれている!



絶体絶命のスケジュールは自然界を相手だから現場に立つまで判らない!今朝は結果的には好判断になったものの一回スルーして荒天が続いていて「花」の「旬」を含んでいたんで「今日」がギリギリ最終日の花具合だった!星空はまだ余裕のスケジュールを残してはいたが「五月晴れ」のビンゴ!ただし、なんちゅう「寒さ!」に凍えて震えた!

モリアオガエルの卵魂も悪天候で樹上に残ったのが「ひとつ」表面が固まっていて一安心なんだけれど。次が続かない!

いよいよ、生き物たちが初夏の胎動に生き生きして来て、梅雨を挟んでますます活気付くであろう。生命が最も輝く季節到来!

で、撮影機材がいつになく「充実」した「ラインナップ」でまさに「完璧」の布陣!如何なる出会いも見逃さずシュートできる事はデジカメにチェンジしてから「初」であり被写体に立ち向かう「間合い」の瞬間の判断にも「余裕」を生んでいる!最高の結果に次から次へのプレゼンテーションも見たこともない「感動」を自信を持って送り届け続けられる「完成度」が満ち満ちて来た!既成概念や生半可な型をぶっ壊し続けた「先に」最高の型が舞い降りたのが皮肉であり面白い!(笑)まあ、また?壊し続ければ好い!それが小生の人生であり普遍である。生きてる悦こびがそこいらへんにある(笑)

名刺も印刷会社にお願いを入れて「完成形」にどうやらなって来て「世界戦略」の「型」も整い、膨大な在庫の「作品」に「生命感」を「注入」する「仕上げ」の「意欲」も「迷い無く」ふつふつと目覚めて来て、こりゃあ面白いことになるぞと一人ほくそ笑んでいる(笑)ついに来たかな?

65歳での作品創造は一人で使い切る限界のカメラボディー3台体制になりレンズは勿論、夜間には照明&ストロボも重量は馬鹿にならない!その他、電池、バッテリーの予備などとなる。場合によっては一脚、脚立、三脚3本の重量が加算される!これは趣味道楽の「粋」を超えた「行」である。で、休み無くシャッターを切れる感動のテーマがあって、そりゃあ恐ろしい容量とカット数が面白いように増えて行き「内職」が担保され続けるのである(笑)。




(   写真と文   たかだけんじ   )

# by syashinkouboutabi | 2019-05-01 06:54
まずは五十鈴川源流の森をトレースして峠を越える。それは、伊勢志摩国立公園エリアでモリアオガエルの森を辿る往復である。
峠では帰還の頃は夜明けで、夏鳥の声が湧いてくる!往還の頃の出会いで警戒宣言はイノシシとの距離であり、子供と成獣とで対応が大きく異なる。双方が存在を確認している場合は良いが相手が分かっていて、こっちが気付いてない場合がもっともデンジャラスなまわいでもある(笑)。
b0169522_04444655.jpg
b0169522_04445847.jpg
b0169522_04450745.jpg
昨年、伊勢悠久の森でも相当数のモリアオガエルの産卵とオタマジャクシの誕生を見た!伊勢志摩国立公園全体に産卵エリアが広がって来ていて美嘉なエリアで日々のバリエーションを拾っている。

b0169522_04495555.jpg
森から出て来たばかりの「身体」にはヒノキの葉っぱが付いている。
b0169522_04500411.jpg
結構、延々の降雨で寒さも有って今年の産卵数はどうなんだろうかと気を揉む。何しろ撮影の経験に日数が語れる程の経験値には無いんで、プロローグから本格的にレンズを向けるのは今年からの初心者マークである。

b0169522_04541102.jpg
b0169522_04542269.jpg
トノサマガエル?の女王が出現!沢蟹やタニシも生息する「食物連鎖」の「楽園」がここにある!ありとあらゆる「生き物たち」が行き交う!天空・地上・水中と食うモノ喰われるモノたちが生と死を壮絶に共存する!峠の谷筋の「ミミズ」は夏鳥からイノシシの胃袋を満たし、沢蟹もそうである。アカショウビンやタヌキが咥えているのを見ることも。

さて、何処も季節柄佳境に入って来て、ムササビの巣も「ふたつ」撮影ポイントが追加されて超多忙になっている(笑)。餌場を把握したことで撮影最短距離を越えての至近距離に超接近現在進行形!

ただし、夜は寒い!


五月に入って、小鳥の口には「餌」が咥えられて来て「巣」への頻繁な往復を至るところで目にするようになったのがメジロ・シジュウガラ・ヤマガラのお馴染みの里山の仲間たち。コゲラもいつに無く活発に・・・で、いよいよ。楽しみの夏鳥との一期一会にかけている!モリアオガエルも佳境に入ったし、超多忙で睡眠不足なんで。雨具やら防寒着の天日干しも仮眠のついでに撮影現場でやっていると風の強い日には飛んで行く(笑)。

伊勢志摩は時折「珍鳥」「迷鳥」の通過を見ることもあるから「気を抜けない」。今はまだ、レンズはほぼほぼ「地上」を向いているが、ここへ来て「見上げる」アングルも激増で。腕の筋肉痛が治らない(泣)・・・で、色彩再現の頼みの綱のSB5000のセッティングもFPで、1/500secへ。これが超の付く優れもので、超望遠のすべての領域で「微弱」な「光」をサポートして捕捉する!その味付けが実に絶妙である!

そして、高精細高画質高感度のハイスペックで今まで届かなかったアングルのその先をTTLがジャストミートで仕上げてくれる「快感!」もセットされて来て、24Hフルタイムで「光」をコントロール出来るのだ!デジタルカメラ新時代が「夢の世界」を瞬時に叩き出し!瞬時に「世界発信」を可能にした!最新のテクノロジーに乾杯!

今までは「言い訳がましく」「口」でフォローし続けた「情け無さ」を背負っていたが、今は「写真」が全てを語って納得させる「デジタルカメラ新次元」に立つ!


(   文と写真   たかだけんじ   )


# by syashinkouboutabi | 2019-04-30 05:10
ああ、眠い・・・「趣味道楽」の極地に居る(笑)三日三晩と人の云う・・・小生は昨晩で六日六晩である。
流石に疲れて果てた!風呂も入れずの睡魔に堕ちて今朝である(笑)。それが実に心地好い疲労と気だるさは一体なんなんだ?身も心も堕ちて充実した疲労困憊?今、ハマっているのが Nikon D850 に全周魚眼 8 - 15 である。瞬時に対角線魚眼と全周魚眼を感覚的に思いのままにストレスフリーで操れるのだ!で、NIKKOR 200- 500 とのマッチングもワイルドライフを「全て」を掴み取り、近接撮影においてはこれも NIKKOR 70 - 200 F4 が素晴らしくて優れた描写はマクロレンズにはないズーミングで新たな世界を的確に描写した!

ただし、夢中になって撮影にのめり込んで「注意」を怠り、禁断の落ち葉の絨毯へランニングシューズでものの5分ほどだったが、ヒルに取り憑かれて「かかと」あたりが真っ赤なドロドロの血染めとなった!帰還してシューズを脱いで発覚した。やってもうた〜!で、風呂で洗い流したがアキレス腱あたりに小さな傷口があって、出血が止まらない!(泣)。

塩を5kgの袋入りを買ってきた!次回に「心当たり」の場所にたっぷりとお見舞いしてやるから「待っとけ!」(笑)。

夜明けから日の出の頃。光が伊勢・伊勢志摩国立公園の悠久の森深く射し込むと枝とか幹が真っ赤に染まり浮かび上がる「ひととき」を見る!実に荘厳で美しい!アカショウビンが何故あんなにも真っ赤な色彩を纏っているかの「意味」も夏鳥として飛来する季節を迎え、まだ暗い早朝の森で鳴き交わす「繁殖」のプロローグにあって小生の脳裏では勝手にそう、想像させた(笑)。で、極彩色のが「峠」の稜線を越えた!こっちも赤やらコバルトブルー、エキサイトグリーンの色彩を纏っており「意味」が森を見ていると良く理解出来てくる!

朝日とともに谷の流れの中で「タゴガエル」の合唱がまるで蝉時雨のように湧き出す!もう、無いであろうとみんなが思っていた「超、寒の戻り」で冬装束を真冬以上に重ね着のここ、二日間である(泣)。今の撮影のメインターゲットはモリアオガエルの産卵であるから、睡眠不足は致し方無い。世間一般の皆様方と出会う頃、正気の抜けたぼうっとした腫れぼったいまなこで会話も上の空である。人目には最低の写真好きの勝手気儘な道楽者の老人と映っているに違いない?

b0169522_08292734.jpg
b0169522_08294969.jpg
伊勢神宮林から、南伊勢「豊穣の海」を眺めていたら?正午前の太陽に日傘がかかってきた!実に荘厳な光景になった!天空におわしますは神?仏?

b0169522_08332371.jpg
神々の森では食物連鎖が佳境に入った!すぐ頭の上ではフクロウが鳴き、足元をチョロチョロと足早にネズミが走り、アナグマ、タヌキがのそのそと歩き、通りすぎ岩を凝視するとイノシシの後ろ姿で尾っぽがハッキリと見えた!手が届く至近距離の接近であったが、お互いすれ違ってから「気が付き」大慌て。その視界の後方に鹿の大群がこちらを見つめていて、これも顔が合って、大混乱になった!

いずれも出会うと至近距離になることが近頃、多くて。小生、ついに「森の住人」として認めてくれたようである。



追伸。
ここのところの大寒波に加えて強風、大雨、超低温でモリアオガエルの卵が樹上から力尽きて堕ちた水面にはおびただしい数のイモリが群れて卵を食い漁った!梅雨入り前までそこそこ時間が残されてはいるが凄まじい死闘が続くんだろうなあ〜。食うモノ食われるモノが超接近する大自然界のスクランブル交差点でレンズを向ける!

b0169522_09401950.jpg


(   写真と文   たかだけんじ   )

# by syashinkouboutabi | 2019-04-29 08:46
「悠久の森を行く!」 伊勢志摩国立公園 「モリアオガエルの水辺」まさに二十四節気「穀雨」の
タイミングだった。季節の巡りが一晩中「大雨」をもたらせたが、風強くなり樹上の卵が全て池面に落下した。自然の摂理とは言え、残酷であるがただし「再生の森」である生命が生き生きと集結するのだ!捕食されるモノ捕食するモノそれぞれに生命の営みが繰り返し繰り返す「食物連鎖」真っ只中の世界が展開した!太陽が稜線の彼方に没し星降る夜が来た!谷筋の森は漆黒の闇と化したが池は星明りに浮かび不思議な光景の中で「森の合唱団」がボリューム全開の宴となり・・・

b0169522_11275668.jpg
b0169522_11283349.jpg

すごい数の生き物たちと出会う水辺にいる!この黒っぽいのは久々の「ゲンゴロウ?」では・・・

b0169522_11310753.jpg
b0169522_11312495.jpg
どこからともなく集まって来たカエルたちがペアになり樹上を目指す「セレモニー」に立ち会う!

b0169522_11342138.jpg
b0169522_11342606.jpg
次から次へと産卵のために集結するアプローチは水辺だけでは無くてカメラを構える足元も平気で通過して行くのを見る!それでも野生である。警戒心は相当強い筈だが特別な夜は少し大胆であった。鳴き声を交わす「ひととき」にボルテージが明らかに違うタイミングが訪れる。それは一晩中、ランダムにインターバルがやって来て「産卵」を促すかのようだ・・・

b0169522_11395917.jpg
b0169522_11400879.jpg

人間から見れば?大自然界の摩訶不思議!?小生もこれで三日三晩の出勤の談である。早出、日勤、残業に夜勤である。自宅に近いんで食事、入浴、仮眠には直ぐ戻れるので快適(笑)。実際はたっぷり「サボって」いて楽しい!

こんな「森」が伊勢にある。で、Nikon の D850高精細大画面を楽しんでいる。

( 文と写真  たかだけんじ )


# by syashinkouboutabi | 2019-04-26 11:53
いよいよ「真夏日?」到来の週末の鈴鹿サーキットでの一仕事を月曜日にグーグル何とか「初体験」で
画像を200カット以上伝送して「ミッション」完結!の筈・・・

b0169522_08431293.jpg

火曜日にかねてから「約束」していた友人との「会食」に向かう先は青春真っ只中の頃の遥かヨーロッパはイタリアで「偶然」これも若かりし頃の修行中の今のイタリアンレストランのオーナーシェフとそのイタリアで出会っていると言う「縁」の30年後のランチタイムは3時間に垂んとするお任せコースの談笑舌鼓である!まさにイタリアンタイムである(笑)。

本日は「二人」だが、このメンバーを揃えると世界選手権とかオリンピックで日本代表として闘ったまさに「サムライ」たちの集まりとなる。

戦国の武将たちも今や還暦とか還暦越えとか思い出話に花が咲く!如何しようも無い「修羅場」の会であるが。青春をイタリーで開花させた「修行時代」に出会った「仲間」であるからとこれは「かけがえ」のない「財産」であり、この仲間は宝である!実力も実績も無い日本の若者が世界一を目指した「夢」を共有する!閑話休題・・・100万円出したるから「イタリー」へ行って修行してこい!

こんな心意気の指導者は今の時代には皆無である!「感謝」を心に「仕事」に「魂」を込める!「伝心伝承」小生に出来てるかな?



ご案内・・・

b0169522_09412258.jpg
写真展やってます!



で、その伊勢志摩。ずうっとまとまった雨が無くて、フルコースお任せイタリアンの当日は日帰りで。伊勢道本線から西名阪を法隆寺IC経由でレストランまでをトレースしたドライブだったっんだけれど天理へのロングダウンヒルが工事渋滞で、約束の時間へ45分遅れで。3時間のランチタイムの後はそれの往復で、伊勢へ帰還した後、伊勢志摩の森の「水辺」へ出掛けた(笑)。お目当ての生き物はおろか声も無く、肝心の水辺に「水」が無く・・・明けて。本日、お湿り程度で・・・宮川の奥のこの手の「池」も土砂に埋もれ見る影もなく・・・破壊と再生こそが大自然界の営みと知る?!地球は生きている生きて行く!現在進行形!?



# by syashinkouboutabi | 2019-04-24 09:11
理想と現実?!ここのところ、受注仕事が次から次へと重なり「嬉しい?」悲鳴。納期に追いかけられていて
65歳は「心身」疲労困憊に加えて、マイペースの作家活動が完全に停滞で「自主」納期が実は一年遅れで完全に「旬」を逃している。かと言って、どちらも重要な収入源であるんでまさに「葛藤」の日々である。頑張りすぎないように頑張るも限界値はマックス!?(笑)。それを支え続けるのが最新鋭機材である。目を見張るのはNikon D850とZ7のポテンシャルである!超高感度はISOスピードレートはなんと「常用」でISO12800で画像を叩き出す!この領域で、既にNikon D5&D500を先頭にトータル「十数万カット」を優に超える納品実績として「二年間」が経過した!

魅惑と魅力を兼ね備えた「ミラーレス機」の新世界創造!」は既に疑う余地は無い!

こんなに面白いプロの道具がラインアップされるとは「夢」にも思っていなかったんで足元覚束ないのに「心」は悦びに充ち満ちている!高速連写と高画素でRAW&JPEGモードで基本は64GBカードを2スロットへ強引に限界線で叩き込むんで、バッファの限界が「ちらっと」来る現実があるが。次世代XQDのスペックは今の懸念を払拭する数値がアナウンスされている!実に素晴らしい!

それを支えるのがこんな言葉があるかどうかであるが(笑)「超好感度AF」である!もう、カメラをVTRの様にパーンしながら秒間10コマを連写する!ミラーレスではファインダーのブラックアウトが無いばかりか背面液晶でピントもアングルも瞬時にチェックしながらハイアングルローアングルもストレスフリーでサポートする!本当にすごい時代が来たもんだ!

で、ストロボが要らないばかりか「逆」にストロボを使えば「微弱」な光で済むんでごくごく自然に色彩を浮かび上がらせると言う「変幻自在な」ライティングの世界も創造できるからまさに「新世界」に他ならない!

トドメはパソコンのワークフローである!こっちも自由自在のスペックが更なるパフォーマンスを展開!そっちもこっちも「魔法」の世界を演出させる!無人撮影と有人撮影で複数のカメラを駆使して「すべて」を「捕捉」する「新時代」を直感でアートする!アートできる時代になったに違いない!

閑話休題!?

このタイミングで人生初の「本気」の名刺を昨日、お世話になっている伊勢市内の印刷会社へ相談を入れたらベテランの旧知の営業さんから思わぬアドバイスを受けた!文字列、文言、配置、表現、レイアウト、デザインなどなど。まさにこっちもプロフェッショナルの世界が存在した!プロの世界で積み重ねれらた経験値、体感の十年、二十年、三十年、四十年〜の集積回路で生み出すハイレベルなプロの英知の結晶である!

人が人を支える!どんなにハイテクになっても「答え」は人間が出す!類は類を呼ぶ。人間力を結集したチームこそが最高の悦びをアート出来るのだ!




納品なんだけれど。三日連続激写の最重要ミッション分は三日目の午後に「完納!」したのを裁きの庭へ運ばれて行った!で、悠長に構え過ぎていた別件の分は納期月曜日大阪着だったけれど。土曜日に仕上げた!これは伝送でと思ったが、DVD-Rでクロネコ便に乗せた。理由はクライアントが週休二日の週末であるから頑張ったのに「結局」納期通りである(笑)。

これを乗り切ったので4月末まで「受注仕事」は「2件のみ」なんで「ようやく」作家活動の遅れを挽回させられそうである。四季自然風景写真家&ワイルドライフ映像作家として5月、6月、7月と激走である!そのライフワークへ受注仕事がビンゴして「ヒット」して来て「一石二鳥」の談である(笑)。伊勢・伊勢志摩・東紀州より「世界発信!」フルスロットルである!

だから?腹一杯目一杯食う訳さ(笑)・・・( 文 たかだけんじ )

# by syashinkouboutabi | 2019-04-20 04:27
今年の桜の花は長持ちで、今。伊勢志摩界隈の山々のヤマザクラが「旬」であり、新緑とのハーモニーが
最高の饗宴!本日は快晴にも加えて「強風」が吹き荒れて「桜吹雪」とも出会い「夢」の中の光景!で、気分を良くして「昼食」は本舗2回目の「うなぎ美味絶賛!」伊勢志摩鵜方の東山物産で「上」を賞味させて頂き、感激!最高に美味しい香ばしい満足度100%に感謝して「ご馳走さま」でした!

b0169522_22153091.jpeg
帰路は伊勢志摩国立公園最高峰!「朝熊山」を伊勢志摩スカイラインでトレース!して伊勢へ帰還。夜は伊勢市内のインド料理「フルバリ」で22:00前まで「閑談!?」。明日も美食散歩三昧である(笑)・・・

b0169522_22184820.jpeg

まあ、「写真撮影」は老後の健康促進の趣味道楽として「のんびり」構えることにした「話」は前にも書いた(笑)。風景写真家映像作家を前面にプッシュしてスポーツフォトの割合を削減方向である。受注仕事の割合も程々にの「話」も「これも」前にも書いた(笑)。

糖尿病の「数値」が顕著になってるのにこの「食生活」は如何なものか!?とも少しは思う。少しだけ・・・薬漬けの人生で健康が維持?出来ている現実ではあるが愚痴も無く気にも留めない「無神経」「ノー天気」の性格が多分?功を期している「風」である(笑)。

それでも撮影機材を手にする「情熱」は微塵の衰えも見ないでいるのが「永遠」の「不思議」である!まさに「天職!」なんだと自画自賛する(笑)。


閑話休題!?

ミラーレスZ7の魅力は十二分に感じたが、D850の柔軟性に「席」を譲った。で、D850を一台「追加」でオーダーを入れて昨日届いた(嬉)。早速重大な「平成」最後のミッションに臨む!さらに加えて次に最新マッキントッシュの導入を企てる(笑)。撮影も昨年からの「宿題」のモリアオガエルの産卵であるが、妙に雑用の重なりが作家活動を停滞させる。その小さな一つ一つも無駄では無くいずれもそれでも最優先事項ではあるところが悩ましい・・・。身体が一つ、65歳の手習いと来れば?スロー&スローは致し方が無いと言い聞かせ騙し騙しの匍匐前進の時には停滞も後退も。

それも風景写真&映像作家の醍醐味であろうと近頃では思う覚悟の日々是好日なり(笑)。

(続)閑話休題!?

b0169522_07421241.jpeg
b0169522_07421902.jpeg
禁断の日々が御法度の「食生活」現在進行形!糖尿病とは無縁の人生だったけれど。寄る年波には勝てず?ご同輩同様そちらの世界へも「両足」を突っ込んだようで。それでも本能は食欲の抑制は微塵も制御しない!?

まあ、65歳の春爛漫?それで、良かろうかい(笑)。で、人生の集大成のような大仕事(撮影)が今、伊勢路で最高潮の歓迎ムードの中で3日間続く!食欲こそ、パワーの源であり、コンセントレーションが最高レベルで保たれるのだ!いや、何。独断と偏見による考察はこれも一生普遍であり、棺桶まで持って行く(笑)ますますの頑固一徹は老人の覚書最重要「項目」であり、ブレてはいかん(笑)。

さて、薬浸け「人生」の朝食後の服用タイムでもある(笑)。

( 写真 Aki TAKADA 文 たかだけんじ )



# by syashinkouboutabi | 2019-04-15 22:38
「 桜・さくら・サクラ 」 松阪から奥伊勢、紀勢へ 「 深訪、おらが町! 」
まずは松阪で連日の美味深訪。旨いもんの宝庫でもある所へこれも連日の好天に誘われて、桜花も一気の開花、満開の「ひととき」を迎える!
b0169522_06320699.jpg
b0169522_06321537.jpg
陽気に誘われて、桜の木々が花を至る所で彩る道をスクランブルをかけて行き、休憩にと脚を止めたのが、次に「奥伊勢」のとある「ヤマザクラ」。山いっぱいに桜の木々が密集して花も咲きほこるタイミングに見上げた稜線の下である(笑)。まさに山が笑うの季語も歌う!

b0169522_06374506.jpg
もう、これ以上の贅沢はなく。浮かれた気分の先に櫛田川の滔々と流れる更に一山越えた川の流れは清流、宮川の支流。

b0169522_06440806.jpg


b0169522_06444636.jpg
おもてなしの馳走の「焼き椎茸」をいくつもいただく厚かましさにも花々が笑う。天気に恵まれて陽気な人々の中に流れてゆくのが楽しい。峠を一つ越えると東紀州の太陽が出迎える。今は石畳の峠の下をトンネルがいくつも抜ける!

b0169522_06505514.jpg

( 写真と文 たかだけんじ )

# by syashinkouboutabi | 2019-04-12 06:54
東紀州「熊野」季節は「清明」から「穀雨」と四季彩・二十四節気は「歌う!」・・・
山里のあちらこちらで満開の桜に宴・・・急峻な稜線に囲まれた里を結ぶ「熊野道」はその「峠」も越えて、紀伊山系の参詣道となる。赤木城城跡を遠望・・・
b0169522_15280280.jpg
b0169522_15282610.jpg
水をたたえた千枚田では田おこしの人のシルエットにカエルの合唱が重なり「春爛漫」の日本の原風景を見る。
b0169522_15315406.jpg
雉のつがいが仲良く「畦道」を延々とトレースして行くのに「付き合う」(笑)。紀和・丸山千枚田・・・
b0169522_03280421.jpg
赤木城城跡の桜は今年も満開の花を楽しまさせてくれた!
b0169522_15371359.jpg
快晴の陽射しを受けて色気立つ、満開の城跡の桜咲く光景!
b0169522_15390396.jpg
日が落ちる頃、ヤマザクラとの饗宴の虚空を飛翔して行く無数のツバメを見送りながら、さて。今宵は熊野の美味は?何処へ・・・

( 写真と文 たかだけんじ )

# by syashinkouboutabi | 2019-04-11 15:46
今や伊勢が誇る伊勢発信!「月刊 Simple 」にありがとう!その今やはインバウンドな時代にあるから、
伊勢発信ローカルタウン誌でありながら「世界発信」と言って良い!一番の楽しみはやっぱり、味覚!(笑)。65歳の毎月の楽しみが Simple に目を通す事。若者受けと思いきや爺ちゃん婆ちゃんにも絶大な購読層があって鈴鹿や亀山の親戚の間でも話題に上がる今日この頃。No.459号 の今月号は「特に」感慨深いものがある!内容もそうだが、昭和・平成と長きの情報源であった訳で、更に「令和」なる新元号へと続くのであるからこれはある意味、伊勢市民三重県民「文化」の誇りであるに違いないです。

b0169522_23410148.jpg
世代を超えた偉大なる Simple に「乾杯!」(笑)。

で、小生の「ライフワーク」なんだけれど。世間の例えで「フナ釣りに始まりフナ釣りに終わる」と言うのがあって、実際でもご幼少の頃は学校が終わると近くの五十鈴川で「そう」だった。今は「餌」が「ルアー」に代わった!(笑)。竹竿がカーボン・・・。

始まりが「風景写真」で、今。「風景写真」がライフワークの真っ只中!白黒ー天然色ーデジタルーミラーレスの系譜を楽しむ半世紀越えの「道楽」である(笑)。65歳の手習い現在進行形の老人に絶大な力を与えてそっちも現在進行形のミラーレス機のフォルムも実に「シンプル」なのである。外観小型軽量高性能!写真&動画を瞬時に切り替え描写力は最高最強レベルのプロフェッショナル!

自分の体を支えるのも難儀な昨今(泣)これは最高の朗報である。そこへ「心」に重かった屁理屈・こだわり・大義名分・形は一切合切「捨てた?」。ベストだと教えられた合理的な仕事の方程式・プロセスも捨てた?で、全てが軽くなった!ミラーレスのように(笑)。その軽さこそ「余裕」である。アホなくせに知ったかぶりの重い言動では窒息は必須。歳を重ねるとますます格好をつけたがる。まず、みっともない(笑)。赤ちゃん言葉でこれも「シンプル」に生きて行きたいと思う晩年でもある。

孫が生まれて、一生懸命「ことば」を「こころ」を繋ごうとする小生がいる。これこそがまさに人の教えに違いない!(笑)。Simple 単純にして明快!

良く晴れた!平成最後の「桜」とコマーシャル系「大仕事」を魔法の道具を携えて「今日・明日」で、仕上げにかかる!祝・日本!

# by syashinkouboutabi | 2019-04-02 23:43