人気ブログランキング |
四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2010年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧
沖縄は梅雨が明けたらしい。小生の真夏の週末は、日陰無しの
灼熱のフィールドが仕事の現場となる。梅雨はこれから、本格的になるであろうし、近年の夕立は、赤道直下のスコールみたいに激しい。機材の雨具の工夫が「鍵」をにぎる。9月上旬のイベントまで、歯を食い縛って、前をむくしかない。で、熊の冬眠の準備のように「喰う」コトが、夏を乗り切る「術」である。
b0169522_22392216.jpg

(C)TAKADA Kenji
運動して「食べる」これしかない(笑)
b0169522_2241016.jpg

(C)TAKADA Kenji
しかも、高カロリーなやつと酒のコラボ、、、。
b0169522_22435994.jpg

(C)TAKADA Kenji
で、腹をひっこますコトも考えないといかんので、辛い。膝の怪我も完治には、程遠い。パソコンもソフトをほうりこんだら?パスワードを聞いてきた。どこへ、記憶したのか?忘れた?小生。実は肝心なことが抜けている?はあー(自分に溜息)
by syashinkouboutabi | 2010-06-19 22:52
大雨、荒天の予報は大当たり。午前のミッションは、雨を
かいくぐり、料理撮影の機材を搬入。撮影はファーストフードを怒涛の如く、激写!一時、30分押すという。非常事態、、、。ただし、どうゆうわけか?スケジュール通り、The END(めでたしめでたし?)ところで、途中でパソコンを忘れたことに気付く。納品は?どーする?以前はCFカードを忘れたことも。で、このたぐいの話はけっこうよくあるケースなんである。今回などは前日に機材をセットアップして、余裕で出張に出た。ただし、出発時の確認を怠った。致命的なミスにはならなかったが、よくない話である。2010年も前半が終了する。後半のテーマは?「忘れ物」撲滅!これだな(笑)午後はハイペースで、グッズの撮影が続く。夕方に終了。伊勢道を帰還するも、ハイドロプレーン現象の嵐。路面の轍が、豪雨で、不気味な罠をはっている。時速を80km以下に落として、対応。このスピードなら、万が一でも?ナントカできる?ほとんどの車もとばしてゆかない。伊勢につくまでに路肩に止まっている「車」も上下線であわせて数台見た。こんなときは一般道よりも高速道路の方が安全である。前後の車間に気を配って走っていれば良い。
b0169522_23424043.jpg

(C)TAKADA Kenji
雨も風もどえりゃあ「ミニ台風?」なみになってきた。本日の画像をレタッチするのだけれど。最新のマッキントッシュはキーボードもマウスもコードレス。当初、カッコイイと思って「悦」にいっていたが、バッテリーがオフすると、まっこと「面倒」で、小生の性格にあわない。頭にきたんで、USBコードの「旧型」に戻した(笑)肝心のところで、プロ使用が100点満点に、いつも?ならないのが、マッキントッシュ、、、。パワーブックはキーボードの文字が照明の環境によっては見にくかった。ところで、iPadがデジタルフォトグラファーに革命的な「追い風」を送ってくれた!がんがん、前へ前へ、走り、飛び出すまでだ。またしても、新世界の扉が開く。
b0169522_23524285.jpg

(C)TAKADA Kenji
本日は大量に食品を買い込んだ。とくにドリンク類は体調管理に必須。睡眠前、起床時の水分コトロールは体調維持に重要だ。
by syashinkouboutabi | 2010-06-19 00:06
食!食!!食!!!キャンプと言えば?カレーライスの
b0169522_2294787.jpg
時代は小生の少年時代に終わった。実に手間隙かける時代になってきている。クーラーバックの進化で食品の保存は飛躍的にロングライフとなり、食品自体も真空パックで保存期間は問題なくなり、ペットボトルが携帯飲料の種類を自由自在にした。シーカヤックの場合「素材」を海に即日、調達と言う手もある。自然界ではきれいな真水さえ確保できれば、餓死することは無い。衣食住も街中で暮らすより、はるかに健康的であると思っている。歯磨き、洗顔なども湧き水や時には温泉で、垢や汗を流せる。通常は海水浴で事足りる(笑)時間に余裕があったり、ロングツーリングでは、タイミングさえあれば、洗濯さえ可能で、海辺の風の通る洞窟では雨天時でも一晩干せば、けっこう乾く。その前に、衣類の高性能化は一言で語れない。
b0169522_21465860.jpg

海の旅は基本的には自己責任で、自己管理が必須。だから、必然的に行動力と洞察力もつく。他人のふんどし的な「人間」は存在できないし、居ない。なんせ24時間、大自然を相手にするんで、人と何かを比べるとか、競争するとかが、無縁なんで。虚栄心もいらない。あったとしても、海に浮び、スタートしたら、すぐ。化けの皮がかってにはがれ、無意味になってゆく。大自然の中では、全てに謙虚で居ないと、生きて行けない。無意味な言動ははずかしくなってくるのである。
b0169522_21582543.jpg

生理現象も「海」が基本的には解決?してくれる、、、。
b0169522_2224683.jpg

食後の食器は砂浜で、こーやって洗う?一番目の写真。
(C)TAKADA Kenji
by syashinkouboutabi | 2010-06-17 22:11
良く、晴れた。午前中は打合わせと食事で時間は過ぎた。
蒸し暑いが、なんとか凌げる感じの中途半端な気候である。スタジオへの帰路。白バイ2台にスクランブル?
運転は小生ではなかったが「注意」を受ける?近頃、伊勢は物騒で、物々しい。知らないところで?何かがあるのかあったのか?で、午後からはスタジオに男二人がカンヅメ(笑)エアコンが効いて、快適だったのだが「みょう」な疲れがどっと来て、帰還して、飯を喰ったら?今まで。眠ってしまった、、、。目覚めたら、つけっぱなしのTVが騒がしくて。スペインの敗戦を告げていた。気候の変動に心身にダメージが襲ってきてるらしいので、疲労回復の手立てを?
b0169522_1401448.jpg

こんな時は、涼を求めて、川遊びが一番。で、そろそろ。鰻でも喰って、スタミナをつけたい(笑)そして、究極の時間は「昼寝」にかぎる。
b0169522_1434743.jpg

で、適度の刺激も必要で、緊張感がないといかん?ただし、人生。56回目の梅雨は、けっこう「しんどい」試練を与えてくれそうで、今年は第三者の「人的疲労」もあいまって、大変そうである、、、。話を聞いてるだけで?疲れるんで有ります。で、最悪は聞いてなくても?耳には声が届く(笑)耳栓しかないな(笑)一番の原因は昨秋から」今春までの「松葉杖」生活にあった。冬季のスポーツフォトキャンセルで、体を全く動かせなかったので、夏を乗り切るトレーニングが出来てなく。スタミナとパワーが無い。この夏は冬に向けて「合宿」だな?
b0169522_202227.jpg

(C)TAKADA Kenji
by syashinkouboutabi | 2010-06-17 02:01
長々と「雨」の季節がつづく。雨は雨で風景が生き返る。
ただし。中途半端な「場所」では、蚊やヒルや得体の知れない「吸血鬼」なんかにやられて、痒い思いをする。一部の業界ではもっとややこしく、騒がしいコトがあって、そこでも「殺虫剤?」がいる(笑)ええ歳こいた「おとな」が、みっともない言動で自滅して行くのを見える。くわばらくわばら、、、。さて、腰が微妙に疲れていて、それでも。スタジオ撮影は続く。今月はお後、2回も料理撮影が控えていて、やばい。膝の次は腰、、、。満身創痍である、、、。頭をよぎるのは?シーカヤックの旅。近場では、南島から紀伊長島方面にある「ザサ浜」が神秘的である。小高い砂州が、海と湖を分けていて、シーカヤックで、両方パドリングを楽しめる。一番は、野鳥の宝庫であるんだけれど。亜熱帯的気候は、動植物も未知なる「生態」が存在する。どこを撮っても、食物連鎖の究極の「ネイチャーフォト」が激写できる。いわゆる、陸からは前人未踏状態で、道は無く、辿りつけない。シーカヤックの独壇場である。隊長が53Cmの「真鯛」をシーカヤックで、釣り上げたのもこの、近海である。で、そこより。東紀州方面、黒潮の回廊で、くじらと出会うのである。で、見たことの無い「風景」や「光景」が無限の「創造力」を掻き立てるのである。近頃、手漕ぎ隊全員の「写真熱」はとどまることを知らない。        (C)TAKADA Kenji
b0169522_21435326.jpg
b0169522_21443258.jpg

b0169522_21461940.jpg

by syashinkouboutabi | 2010-06-15 21:54
先週末の日曜日は?久々のモータースポーツの撮影が
あった。鈴鹿300Km耐久ロードレースである。横文字にすると、Road to 8hours SUZUKA 300kmとなる?これは、7月の真夏の祭典!8時間耐久の前哨戦?でもある。で、終日。雨だったんだけれど、機材も体も雨具は無く、、、。もう、一日、空梅雨で居て欲しかったが、まあ。涼しくて、結果的には良かった(笑)明けて、月曜日も鈴鹿サーキットであった。ただし、料理撮影。通勤の心配事は?エンジンオイルの交換とタイヤ。慢性的な金欠で、四苦八苦。撮影なんだけれど。最初は統一性を持たせる為に「三脚」なるものを使用したが、撮影の高さ、角度、微妙なアングル調整には?やはり、三脚では無理?手持ちに切りかえたのは良いが、ローテーションが速くて、今。腰が痛い、、、。近頃、むりやり「腰」を使う「お勤め」も無いので、腰を温存していたら?試合?不足となった訳で?やはり、適時。使ってないと人間は退化してしまうもんらしい?で、サッカーを見てたら、しゃにむに動いて「後半」息切れのパターンをがらっとかえた?ニッポンがカメルーンに勝利した!勝ちパターンが見えた?で、撮影なんだけれど。スタジオが続く。腰がもたん、、、。歳はとりたかねえなあ、、、。(C)TAKADA Kenji
b0169522_2242769.jpg

by syashinkouboutabi | 2010-06-15 02:25
そろそろ、夜食の時間となった。つけ麺に湯豆腐にするべく、
調理に入る。出汁はかつおぶし、スパイスはギンギンのにんにく。後日のコトも他人のコトも考えていない(失礼!)特性自家製である。醤油ベースと味噌ベースで創り上げてゆくが、結局。つけ麺を味噌で喰ったら、とてもとても美味だった(笑)どちらも甘味不足で、どうも「砂糖」を調味料として、活かせず。思い出すのはやっぱり、沖縄郷土料理。外部スパイスが活躍する「喰い方」が、味覚を自分好みに出来て良いのだと知る。スタミナばっちり、かつ。ヘルシーな感じがしませんか?みなさん。ところで、体は動かなくなり、思考は鈍くなり、記憶力は若い頃から「無く」、物事は相変わらず、進まない。木を抜けば、サボれば、類は類を呼ぶ。訳の分からん話はこれくらいにして。消灯!にはならず。少し、サッカーを見てから(笑)                              (C)TAKADA Kenji
b0169522_23505963.jpg
b0169522_23511183.jpg
b0169522_23512569.jpg
b0169522_23514072.jpg
b0169522_23515867.jpg

by syashinkouboutabi | 2010-06-13 00:02
もう一日。快晴が続いて欲しい!そー思うが。いかんせん、
小生の行いだけでは?いかんともしがたい?ここんところ、いくつかのミッションの流れが悪かった。原因や要因は沢山ある。プロがプロらしさを失った「とき」に必然的に悪くなる。仕事の神様は、必ず居て、見守っている。試練ならば、良いが。お仕置きが続く。いつものことだが、プロは与えられた条件の中で、最大の努力をする。これが基本である。良かれと思って、提言するミッションも多かったが、全員の意思疎通や求める「目的」や、心の熱さに「温度差」が、当然ある。人生とは?イナモノか?な、話は「人の世の常」。問題は天気である。ドーやら、入梅らしい、、、。ところで、ときおり。伊勢を脱走して、心の旅をする。そんな、身分でもないのだが、それはそれで「恵まれた」運命と、感謝している。ただし、100%遊びではなく。仕事である。趣味は仕事だから、それはそれは楽しい。人生で「唯一」飽きがまったくこないのが「写真撮影」である。あまり深く考えたことは無いが、撮影中はいつも最高な気分でいる。で、西日本方面の空の旅なんだけれど。帰路は紀伊半島を縦断して、大台ケ原から宮川をトレースして、伊勢湾に出る。街や車がはっきりと見えるのだ。雑踏に身を置くと、人間関係が嫌になり、ふるさとをはなれると、人恋しくなる?「人」と言う字は人が人を支えている。外見の悟りは一応?開いたが?心の開眼は未だ、悟れず(笑)      (C)TAKADA Kenji
b0169522_2049141.jpg

by syashinkouboutabi | 2010-06-12 21:08
見たことも無い風景を見ると。さらにその向こうを見たくなる(笑)
志摩半島から東紀州の黒潮の回廊はまさに、見たことの無い「風景」と「光景」の連続である。自由自在に航海出来る「シーカヤック」の更なる特長は「音」が無いことである。船はエンジン音が意外と大きく。岩礁帯を自由自在には操船出来ない。自然の生態系と対峙出来ない。シーカヤックは全てと「風」の如く、対峙する。くじらや野鳥と、手のとどく「距離」でランデブーできるのだ!航海速度も実に人間が移動するのにあっている。流れる風景が遅くも無く、早くも無く。適度に風を切る「気持ちよさ」は最高である。ただし、自然界「相手」なんで、ときに「最悪」もある。けっこう、命からがらな「話」も聞く。実は時と場合によっては「死」に直結する危険も含んでいる。カヤックの現場は海で有り、川である。どこにも誰にも責任を転嫁しない「大人」の遊びである。
(C)TAKADA Kenji
b0169522_2304942.jpg
b0169522_2315678.jpg
b0169522_2323095.jpg

b0169522_2374367.jpg

by syashinkouboutabi | 2010-06-12 02:34
昨晩。徹夜をやっちまった「おかげ」で、疲労困憊を
抜け出せず。昨日の午前中はまるっきり、夢の中、、、。で、今晩は?サッカーである。もーすぐ?梅雨が来る。典型的な抜けた青空がつづいたが。蒸し暑い「夏」に減量とパワーアップを体に科す。実行できれば?人生が変わるかも?趣味は。喰う、呑む、寝る、、、。で、沖縄郷土料理の続き、、、。ところで、シーカヤックの野営料理のキモは高カロリー、激スパイスとNAGI手漕ぎ隊にも書いている。NAGI手漕ぎ隊と言えば?伊勢湾奥のリターンマッチを企てている?小生としてはもちろん大歓迎なんだけれど。二見と鳥羽離島もNikonD-3で再撮影をしたい。伊勢志摩から東紀州の途中で、Canon1Dsから機種変更したら、広角系では周辺のピントを含む「描写」に雲泥の差が出た。望遠も黒のしまり、白のグラデーションに格差が出た。AFもストレスがNikonでは無い。陸上へ上がったら、外食となるが。那覇で、お薦めは船員会館にある。食堂(レストラン?)である。その界隈にもお薦めは無限にあるのだ。小生は沖縄限定カップめんなどをクロネコヤマトの最大の箱に詰め込んで、着払いで伊勢へ送る。もちろん、機材以外もそうする。身軽になって、帰還する。ここんところ「膝」が完治はしてないので、ハードワークは効かない。いや、自粛している。ただし、通常勤務は支障なくて、そろそろ?トレーニングも再開したい。ここんところ、料理写真のオファーが続く。写真は(続)美ら島物語         (C)TAKADA 
b0169522_0342549.jpg
Kenji
b0169522_035092.jpg
b0169522_0353617.jpg

by syashinkouboutabi | 2010-06-12 00:37