四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2011年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
伊勢の神の風
b0169522_2252176.jpg

b0169522_22521864.jpg

b0169522_22524640.jpg

b0169522_22534592.jpg

b0169522_2254760.jpg




              photo by Kenji.TAKADA
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-31 22:59
今日の空は特別だった!光も最高で、風景が浮び上がって、見えた。
特に空の抜けが、見たことも無いくらい綺麗で、雲が不思議なくらい、見事に青空に浮んだ。話は?三日前に戻る。
b0169522_21554056.jpg

この鳥が「しろちどり」だったら、最高なんだけれど。なんて、思いつつ。おいかけまわした(笑)
b0169522_21584982.jpg

これは「みさご」だと思うんだけれど。狩には何度も失敗していた。
b0169522_221389.jpg

あおさぎは図体もでかいけど、行動も大胆だ。至近距離まで飛んできた。
b0169522_225443.jpg

どーゆー訳か?野鳥との相性は相変わらず「好調」で、近くで遊んでくれる?近寄るなとか脅かすなって言う人がいるけれど。その言葉に「野生」の物差しは無く、人間が中心の「物差し」で、自然界に対する人間の「驕り」以外の何者でもない。自然の脅威はそんなモノでは無い。
b0169522_22152711.jpg

ここにも「鳥」がいる。彫刻なんだけれど。仏様の超時空に共存する。
b0169522_22172416.jpg

想像上の「いきもの」も彫刻で存在する。今風で云う、パワースポットなんだけれど。たしかに「摩訶不思議」な力を与えてくれる。ときに「風景」にも現れる!
b0169522_22205667.jpg
b0169522_22211376.jpg

日が変わって、週末の二日間は、雅楽を撮った。朝鮮の楽器、中国の楽器が、融合して「時空」を超える「舞」が有り、ここ「日本」で、神と出会う。宗教と云う、精神文化の伝承、人は生まれ、人は生き、人は逝く。
b0169522_22273615.jpg

常世の国から、押し寄せる黄金の海の黄金の波があって、心を洗ってくれる。日の出のその「ひととき」の記憶は、永遠の力を与えてくれる気が、するんだけれど。人生はもろくもはかないと知る(笑)心身の極限の限界で「シャッター」を切るとき、プロフェッショナルの道具ならば、そこへ。ピントをくれっ!




                   (   文と写真   たかだけんじ   )

Photograph by NikonD3X&D3  N14-24、N24-70、NPC24、N70-200&N500XT1,、4
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-31 22:47
昨日の夜明け前は?日の出2時間前に「寒風」の海辺に居た(笑)
東南の空に三日月と暁の明星が、あって、とても綺麗な朝焼けを経て、朝になった。散歩する人たちに出会う。挨拶をかわしてたら、富士山の見える「位置」を教えていただいた。この正月から、かなりの確立で、富士山が伊勢志摩の風景に「姿」を現していた。伊勢志摩の風物詩の情報も入手!正に。犬も歩けばの図(笑)それにしても、寒さがつづく。ワインをあおって、毛布1枚で、転寝(うたたね)してたら?ぞくっと「寒気」が、襲ってきた。とっても楽しい「夢」をみてたのに(笑)

で、撮影なんだけれど。NikonD3とD3Xを駆使。むき出しのD3の液晶パネルの表示が、あまりの寒さにイレギュラーした。もう、なんども「経験」してるんで、焦りはしなかったけれど。極寒には「デジカメ」は厳しい?飛行機から「窓外」の風景もフルタイム撮れないしな(笑)

こんな「時代」になったのに?フィルムでしか撮れない「対象」が有り続け、ただし。デジタルでしか表現できない「対象」が、増えた。これは写真家にとって、最高に嬉しいし、楽しい。

写真はレンズで決まる。名文句である。まさにそうなんだけれど。昔の写真家も今の写真家も。結局は、写真は「人間」で、決まる。当たり前だ(笑)ただし、機材はすべて、最新最強を持っているに越したことは無い。

今宵も?いや、夜明け前も深々と冷える。真冬の風景が、最高の「色彩」を魅せてくれる為の、序章なんだけれど。カメラがふつうに動かない「条件」でもある。超望遠、標準ズーム、広角をセッティングした「ボディー」を抱えて、一番「寒い」季節を彷徨している(笑)

西高東低の最高の気圧配置で、快晴を期待するんだけれど。山脈を越えた「寒風」に乗って、雪雲が、波状攻撃をかけてくる!伊勢志摩から東紀州の海岸線に「雪」が、舞うんである!?首のマフラーを耳まで、上げて、ウールの帽子を重ねても?「耳」が、じんじん痛い!?撮影のときは「素手」で、機材を扱う。最高の瞬間に「敬意」を表して(笑)

真冬にしか「見れない」光景があって、耳をすまし、目をこらしていると。いろんな「モノ」が見えてくる!陽が昇れば、一気に「生命感」が、あふれ出す!気合を入れ直して、レンズを向ける。その先は?まさに「天地創造」「森羅万象」の絵巻物なんである。夢中になって、シャッターを切り続ける。アッという間に、2連装したCFカードが、カウントゼロになる。ほかのジャンルの撮影ではありえない(笑)

この朝の空気感と色彩で、寺社仏閣も撮る。まさに「神仏」が、写真のなかに「降臨」する「絵」になる。自然に頭が下がり、手を合わせる「自分」が、ある。すべてに「感謝」。ときおり「無」の境地になることが、ある。自然界と一体になっている。そこに、信仰の扉があるような気がする「きょうこのごろ」でもある。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-29 02:04
24時間フルタイム「勤務」の小生で、あるが?ついに「時差」を越え?
清く正しい?時間帯から、出勤できるようになった?丸々24時間一周したって感じか?(笑)朝が早いと、ゆったりと「コト」が、進む。家人の寝てる間に「餅」を三個焼いて、醤油に少し砂糖を足して、餅の焦げ目と甘からさを楽しんだ。で、まだ。スタジオ撮影に時間があるんで、カレーを2時間かけて、じっくり、仕込んだ!?で、朝からカレーライスも食す(笑)口直しにホットレモン蜂蜜をすする。朝陽を浴びて、至福の時間を過ごし、今。風景写真の行程を気にしながら?パソコンに向かっている。

喫茶店で本格的な「コーヒー」をゆっくりと。飲みたいんだけれど。ちかごろ、そんな「余裕」もなく。やたら、時間が、意味も無く、押してくる?

今シーズンは、ライフワークの「自転車」に。もっと、力を入れる。あっというまに「シーズンイン」なんで、体も鍛えておかないと、取材撮影が、続かない。

だから?朝から?カレーライス?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-25 09:52
超金欠病の今週を乗り切れば?春が来るのか?これから「先」の
入金にかかっている?もう、昨日になる?スタジオ撮影のスタートが、10時半からだったので、風呂にゆっくりと入り、顔と頭をまるまる「剃って」身だしなみを整えた(笑)どーも、湯冷めしたみたいで、夕方をむかえてから、どんどん「かぜぎみ」になってしまった。で、今宵は、鼻水と喉の痛みを感じている。インフルエンザが、この冬も蔓延してるみたいだし、、、。要注意だ!?

財布の中身が無いので、撮影中に担当さんとの会話も100%妄想であった。名古屋で、手羽先が食いたい!松阪で焼肉が食いたい!伊勢志摩で、牡蠣が食いたい!

別ミッションで、チームを組む「料理」撮影チームは、この冬のすべての伊勢志摩の「味覚」をフルコースで、賞味している。その画像を小生が、整理した(ちきしょー!!泣き、泣き、泣き、、、。)もう直ぐ、次の納品の作業が、小生に届く、、、。

ただし、伊勢志摩は時折、小生にも「恩恵」を与えてくれる。料理撮影が、手を加えずに、超特急で、スムーズに行った時があって、船盛りを三つも頂いたコトがあって、帰還したものの当然、冷蔵庫に収まらない?仲間を呼んで、宴会が始まる!

写真家って「天国」と「地獄」をあじわう「職業」なんである。

まあ、今週はずうっとスタジオにかんづめなんで、お金がかからんから?じっと「我慢の子」で居よう(笑)ところが、風景写真が10テーマほど。進んでない?気が付けば「厳冬」が、終わってしまう?今年の冬とは?相性が悪い?ただし、人間関係が、すこぶる良くて、救われている。これが、一番だとつくづく思う、今日この頃。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-25 01:48
撮影が順調に消化されているようで、まだまだ「甘い」と気付く頃?
絶体絶命に近い「所」で、バッティングさせてしまう。幸い?つーかーの仲間が、なんとか「引き受けて」くれて、カバーしてもらっているが、このパターンは非常にまずい。で、被写体も24時間に渡る、じつに「ファンタスティック」でおもしろい仕事ではあるんだけれど。で、例によって東西南北、上下、左右、天地無用に機軸が存在する。表現もフィルム、デジタル、VTRと「静と動」のコラボが、要求される。

それぞれのスペシャリストたちが、しのぎをけずる「プロ」のステージでは、一瞬のミスが、敗北につながる。そのシビア差が、年々、大きなウエーブとなって、プロフェッショナル達を飲み込んでゆく。気を抜けば、楽になるが、もう。二度と戻れなくなるのが「今」の時代。で、そうは言っても。前への「1歩」は、過酷極まりない!

ただし。努力は人を裏切らない!

とは言っても?時間はどんどん、刻まれて行く!定期的にチームのフォトグラファーズミーティングが、巡る。それに向かっても。ファイナルカウントダウン!

何故か?昔を思い出すし、夢にも今だ、見るコトがある。レースのスタートに立つ「自分」がいて、不安と闘っているのだ!それも写真の完成度につながる「モノ」がある。勝とうと思っていなければ、レースが好きだから、楽しい!写真も趣味で、闘っているんだったら、楽しい!それぞれに「スポンサー」と「クライアント」を背負うのが、プロだから。責任は、とてつもなく「重い」。

レースでの自己新記録への限りない「挑戦」の「魂」は、撮影での究極の「瞬間」を切り取る「記録と記憶」を創造するアーチストとして、走り続けたい!俺にまかせろっ!

こんな時間に吠えていても「説得力?」ないよな~?(笑)
まとまらない話はこれくらいにして?消灯?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-24 03:07
窓からは、伊勢~志摩線が見える。正月以上に交通渋滞を起こしている。
3時間遅れの昼飯を喰って「身内」が、約1名?ぶりぶりいって「出勤」していった。約、1kmを観光客の流れに「逆走」して、車を走らせないといけない。まともなコースをとると、一時間では、済まない。このままでは「伊勢」の評判はますます「悪くなる」一方で、先ず、リピーターは、望めない。それでも「観光客」はどっと押し寄せてるんで、今のうちに「手」を打っとかないと?波が引き始めたら、止まらないだろう?歴史は繰り返すってことだ?

ところで、Nikkor/PC24なんだけれど。とんでもない「性能」を秘めていた!あと、45、85とラインナップがあって、一本30万円なり。この高額なレンズなんだけれど。十二分に金額に見合うだけの「ポテンシャル」を秘めている。重ねてくどい表現になったが、まだ見たことの無い「世界」へ誘ってくれる(笑)一言で言うならば?あおり撮影自由自在!?24は超広角のパフォーマンスを使いきると、最短撮影距離から無限遠まで、カリカリにピントが合うんである!その逆の光景もまた、自転車のコマーシャルフォトから料理写真まで、スペシャルに演出してくれる!

実は「学術的」な撮影で、導入したら?すべての「ジャンル」の全ての「シーン」で、撮りたくなって、今。まさにハマッテしまい「現在進行形」(笑)Canonも2本、使いきったが?Nikkorに軍配は上がった!

ストレスフリーで、限りなく100%に近く「アート」した「イメージ」が「思うがままに」連写され続ける!これは快感である!感性を揺さぶってくれるのならば?基本的には「メーカー」は、問わない(笑)

デジカメプラス。今、非常に興味がある機材があって、パナソニックのAVCHDメモリーカードカメラレコーダーAG-AF105、である。新時代の扉は、おもしろい「方向」へと、開かれてきた?VTRもあせらずに「導入」せずに良かった?ただし、これもまた「使いきって」なんぼ!映像作家「新時代」へのアタックにもってこいの機材が、リリースされてきた!表現無限?いいじゃないか!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-23 16:50
さて。「老人」の朝は早い!?昨晩は「メバル」を甘辛く、焚いた。
手漕ぎ隊「隊長」のブログを見たせいだと思う?40Cm越えの石鯛とグレの写真入りのそう、パドルコーストのWebのやつ。さすがにそんな「巨大」な高級魚は、近くの魚屋さんは、おろか「魚市場」でも、素人では、すぐに「入手」不可。手短に「メバル」と相成った。メバルは和名で「春告魚」である。伊勢志摩の海辺は、1月でも寒波が緩むと、小春の海の潮騒が内耳に心地よく、陽射しは頬にやさしい。春夏秋冬「味覚」の宝庫で、育った「せいか」小生、じつに。食い意地がはっていて、お行儀良く、食えない(笑)常にがっつり喰うんで、女性人には賛否両論?

先の話。2月中旬に、地元「近鉄」のサイクルトレインが名古屋から、伊勢志摩へ走る「イベント」があって、昨年の秋にもあったやつで。取材撮影とあいなる。いま、自転車が注目の的で。まあ、伊勢志摩は「県内外」からのサイクリストは「昔」から、多くて、以前なら「ツーリング」に学生の「キャンピング」が、主流だったが、昨日もロケ中に複数のロードバイクのプロムナードに出会ったように「ロード」が、圧倒的に多くなった。神宮林の剣峠で、野鳥をウォッチングしてると、マウンテン系を、高校の自転車部がちんたらと追い越してゆく。いろいろお誘いを受けるんだけれど。一人旅が好きなんで、当分は「それ」でゆく。

しかし、自転車業界以外から、しかも。地元から「自転車」の仕事のオファーが、来るなんて?とってもいい時代になったもんだ(笑)この間もサイクリングのモデルコースの草案を出したばかりだし。ただし、小生のプロフィルは誤解されていて、自転車の実業団で、レースをやってた「イメージ」が、地元では強くて。実は、小生。生粋のツーリング派で、ランドナー派なんである。古~い「NEW CYCLING誌」と「旅とさいくりすと誌」を見ていただけば?誤解は解ける(笑)だったら、どーなんだって「話」なんだけれど。

話は戻って、剣峠は全国レベルの選手もトレーニングに走る。何年か前のインターハイロードのチャンプになった「地元」の高校生は、親爺のカーペーサーで、かっとんんで、いた。

本音を言うと。伊勢志摩をあまり「紹介」はしたくなくて、いまのままの自然な「平和」が良い。外見は同じでも「ブーム」にのってやってくる「観光客」はごめんだ。ときおり「言動」に不愉快なのが、混じる。大人だけなら「あいつはバカだ」で、自業自得ですむ。近頃は「家族」で来て、子供の前での「ゆゆしき」言動が横行する。ろくな「子供」が育たない?で、それが大人になってゆく。日本の悲劇である?

至れり尽くせりのイベントや、どの過ぎた「おもてなし」は、一考を要する。かと言って、そこで「仕事」も発生するわけで、人生「自分」を騙し騙し、生きてゆくのも「行」なのか?人のせいにして、プロとして喰ってゆくのは、たやすいけれど。まっこう「勝負」すると「葛藤」の日々となる。

で、裏切らないのは「カメラ」だけ(笑)NikonD3Xのシャッター音は、実に切れ味軽快で、心地よい!シャッターを切った数だけ「雑念」が失せ、喜びが増すのだ(笑)夜明け前に「起き出して」昨日。使った機材を掃除した。ボディー3台。レンズ4本。完了!?もー、一回?寝るかな?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-23 04:33
2~3日で、子袋がいっぱいになる。そープラスチック類のゴミ。
よーやく。本日、例の話の続きで、正月からのを処理したんだけれど。朝からファンライド誌の非カーボンロードバイクの連載のロケで、宮りバー度会パークへ「ゴミ袋」満載のまま、出かけた。ゴミステーションが9時30分開門なんで。しかも、パジェロのロングで、2シーター以降が、ゴミ袋で埋まり、伊勢市指定のゴミ袋(大)が、さらにみっつあって、ペットボトルが、すし詰め。で、清流「宮川沿い」を走っていた。完全に「不法投棄」の「図」であった。

で、この道路は「ねずみ捕り」路線なんで、止められたら?「話」が、きっとややこしくなる(笑)さらに「樹氷登山」ように「普通」の人は積んでない?いわゆる「凶器」に充当するであろう「刃物」や「スコップ」の類も?

撮影は絶好のコンディションに恵まれ、ライター&インプレライダーの浅野氏のごきげんもうるわしく?順調に終了!撮影なんだけれど。いつもは超望遠からマクロ系を中心に押さえ、やわらかさを基準に24-70のズームをかます。基本的に小生は「レフ」や「ストロボ」を使用しない。

何しろ、連載なんで「ワンパターン」になってはいけない。どっかで「見た」って、パクリもご法度。で、引き出しは多く持っていたにこしたコトは無く、そろそろ、ライティングも太陽光プラスアルファを駆使しようと思うが、いつも「光線状態」が、抜群で「創作」のバリエーションとイメージが、先送りされて?先ず。撮影で迷うことは、無い。

そこへ、今回は。例のPC24で、NikonD3Xの登場となった。いつものグラビアはNikonD3で、撮影している。A4のグラビアに相性と言うか、雰囲気が、一番あっている。今はそれが、一番「気に」いっている。ただし、その描写と争うのが、Canon1D-Mark2で、1000万画素無いのに、A4二面をカバーして、解像感と雰囲気描写の実力は、あまりある。

この辺は、光と影の演出と、最適の露光ワークがあって、ピントの点と面をジャストミートさせないと「デジタル」の真の実力を引き出せない。デジタルもプロ用フィルムと同じで「生き物」であり「生もの」である。その場その場で違う「全て」の条件を理解して、撮影しないと、デジタルは感性に応えてくれない。

で、もっとも「直感的」に応えてくれるのが、NikonD3Xであり、最新Nikkorレンズなのであった。最高!最速!!最強!!!小生はマックスの知力と体力を駆使して、このモンスターデジタルと「対話」している。最高に楽しいが、実は撮影が終了するとクタクタになる。さて、午後は風景写真で、志摩へ向かうか?陽だまりで、昼寝か?仕事か?誘惑か?究極?の選択が「目の前」で、行きつ、戻りつ(笑)
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-22 21:54
つくづく。体力不足を実感。かろうじて、最小限のサイクリングを
を楽しめるので、最低限の体力は温存はしているが。いわゆる「肉体派」カメラマンを自認するも、すでに「いっぱいいっぱい」でやっている。この冬で、またまた「腹」に備蓄してしまった「モノ」がある。バイクに跨る時、俊敏に「脚」が、上がらない(泣)降りる時に足がつる(泣)

本日のミッションは少々、アクロバチックで、脚下駄を使って、10M以上の斜面をスクワットをしながら、上がり降りを繰り返し、手持ち撮影で、斜度で言えば、スキーの上級コース並み。足先から、ふくらはぎが、パンパンに張っている。足元はトレイルランのシューズで「武装」。気持ちは「登山」なみ(笑)

で、撮影は3種類のフォーマットを駆使して「無事?」完了!!撮影の主役は、元同僚。N氏の経験に裏打ちされた、たぐいまれなる「対応能力」が、発揮され、難問、難関をクリアしてくれた。大感謝である。それにしても、天候も味方してくれて、じっくりと撮影もできた。人の流れも非常に「タイミング」よくて、我々には不可能な「交渉」も成立させてくれた「最後」の闘いが、本日の「仕事」の付加価値を最高ランクへと押し上げてくれて、全員が満足のいくカタチで、終了!!

ところで?我が家?
プラスチック類のゴミが、数え切れない「袋」で、山済みになっていて、ゴミステーション行きを「いまかいまか」とまっている。真冬だから良いとは言えない。仕事のタイミングが、週3もある「ごみ出し」の日と、正月から被っていて、キッチンが「ゴミ屋敷」と化している(笑)

で、あっという間に?つぎの週末が来た?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-01-22 01:34