四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2011年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
雨の中。ひとしきり闘った週末ではあったが、ネットもTVも見ることも無く、
台風はどこへ行った?なんてえ状況で、時間だけが過ぎた!?で、暴風雨にも見舞われて、波状的に何回か来たが。致命的なモノデモナク。クリア出来ていた。画像処理と原稿書きに終われて、月曜日が過ぎて、火曜日が来た。まだ、終わらない。才能のなさを呪ってみても始まらない、、、。

ふと思う。若くないと云うことを。沸き起こるイマジネーションを越えるエネルギーは補給できないまま、本能と煩悩と欲求のおもむくままに。突っ走れもしないのに、えらくレベルの高い仕事を引き受けてしまっていて、時間との闘いに敗北寸前の危機的状況に?

納期遅れをなんとか?クリア?したが?こんな時間にワインで疲れをごまかそうとして、余計に眠くなるのは当たり前(笑)で、睡魔とは闘わないコトに決めたんで、その時は即、寝る。いわゆる「いなおり」と云うやつだ。

で、差し入れの「すき家」の「おろしだいこん牛丼並み盛り」が、目の前にあって、喰ったら?3時~4時コースになる。明日中に原稿を7テーマ完結せんといかんし、画像も30カットセレクトして自転車雑誌に電送をするように
メールが来ている。

そんな過酷な労働の5月が「嵐」のように終わる。

一枚の写真でつながる「世界」があって、生きてる悦びがそこにある!

人の顔が浮んでも名前が浮んでこないコトがショッチュウナノニ。どんな条件下でもファインダーを覗けば「瞬時」に全てが完結するんで、まだまだ?大丈夫?

ところで、満天の星を見ながら、焚き火の臭いに癒されて、地の果てで、寝る「旅」は、当分出来そうに無い。で、仲間がどんどん60歳に限りなく近付いて、ペダルもパドルも漕げない?カメラも持てない?女にモテナイ?あげくに安ワインを片手に夢か現か幻か「なんてえ」コトに?

b0169522_2573654.jpg

b0169522_2584513.jpg

b0169522_2591667.jpg

b0169522_315287.jpg

b0169522_322949.jpg


Photo
by
Canon1Ds M & NikonD3

カヤック  パドルコースト
自転車   Panasonic

yakushima/kumanonada/iseshima/daikoutakamisankei


             (   写真と文   たかだけんじ   )
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-31 03:14
アウトドアフォト「受難」の季節!なにをやっても「駄目」な「環境」は
存在する。その場面での被害を最小限にすることしか?ささやかな抵抗しかできない、、、。風雨が一番の大敵。向かい風が最悪なのは自転車、カヤック、撮影の共通の悩み、、、。レンズ前面、ファインダーは風雨にむき出しで、何重にも重ねたレインコートの中は限りなく「湿度100%」で、光学機材にとって「劣悪」の環境、、、。

小生は眼鏡をかけてるんで、さらに「最悪」、、、。トリプルで視界が、遮られる。

自然環境こそ変わらないが、過酷な条件に立ち向かう為の優れもの「アイテム」は世の中には存在し進化現在進行形である。。最悪を体験すると見えてくるものがある。学ぶべきコトが見えた時は物理的に失うモノが発生したとしても「次回」にいかされば、それで良い。

風雨でずぶ濡れになると「バカ」でも「風邪」をひく。腹を冷やすと最悪。足元がぐしょぐしょになって、パンツの奥まで、浸水して、上半身が「冷え」てきても「シャッター」は切り続けるのが、プロの「魂」である。で、それが「仕事」で「言い訳」は存在すら1%たりとも認められないし、プロならば「口」にすらしない、、、。

もっとも腹を括るのが、大型バイクの後部シートからの撮影。雨天時はまさに「地獄絵図」と化す!?まず、タイヤがグリップしてるんだか?シテナインダカ?最悪の条件は?小生の体重が90kgはあること(笑)本気で最悪である、、、。コーナーが来るたびにビビル、、、。まさにカメラも人間も耐久テストである中で、全てのアドバンテージを最初から失っているのと同じである云える(泣)

で、いつの現場もそうなんだけれど。最後は体力が勝負になってくる。これもどーやら「天性」の部分に依存する。

で、5月なのに梅雨の前線と台風なんて、最悪だぜ!?!?!?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-30 02:13
フランス土産でチョコレートをいただく。小生にはこの味は?
昔の歯磨き粉の食感で、味である(いや、失礼!)。もう、ひとつ。海外のコンビ二に入ると、ドッグフードとビーフジャーキーの袋の違いが判らず?悩む?海外での買い物はカードも危険だが、キャッシュでのつり銭詐欺もある。オーダーしない「食い物」も平気で持ってくる「確立」が、日本より多い。喋れない読めないなんで、コミュニケーションが取れないのが「敗因」のひとつでもある。いまさら、語学力アップと云う歳でもない、、、。

この間。晴れ間のひとときに「磯」を覗く機会があって、この先「はまりそう」である。海にも森がある!一言で言うとそーなる。生物はまさに「多様性」に満ち満ちている!

b0169522_23264360.jpg


昼から、世界ツーリングカー選手権(WTCC)の資料用の撮影をして、料理撮影に場所を変え、夜に帰還。途中で雨になった。今も降り続いている。いよいよ、雨とまっこうから向き合う季節が来た。超望遠用にはプロ使用をさらにプロトタイプに仕上たのを使っているが、まさに「防水」である。時折、頭から被る(笑)優れモノである。

b0169522_23393896.jpg


陸上での優れモノは自転車である。これは云うまでも無い。水辺の優れモノはカヤックである。さまざまな水路を自由自在である。けっこう危険なんであるが、磯へ上がることもある。この間は漁業権かなんかで、上陸した島で上がるなと言われた。感情的に云われた訳ではないんで、話をすると「禁猟区」で保護エリアなんであると言う。空気が読めないヤツがやってきて、うろうろされてもそりゃこまるだろう。

ひなたぼっこもたっぷりした後だったんで。即、退散。で、その岩場は地元でも漁師の間でも有名な猛禽類が食事するテーブルだった。干からびた、抜け殻がふたつ。きれいな形で残っていた。

その向こうが「まごたろう」の海である。神秘がいっぱいの海の回廊である。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-27 00:00
こつこつと「汗」を流して。がっつりと呑んで、喰って。快眠すると
シルエットはマッチョ(笑)もーどーしようも無くて。それでもこつこつと抵抗はする。で、お使いは自転車に乗って、出かけた。

b0169522_22594674.jpg


自転車の好きな理由に「下り坂」で、休めるコトがある。ただし、ただしである。遠出をするとなにをやってもだめになり、疲労回復が絶望になり道端で倒れることもある。伊勢志摩、東紀州のアップダウンは意外とキツイ。潮風と太陽は健康の源。紙一重の旅がおもしろい。田舎なんで、ことあるたびに酒の席があって、大人達は決まって酔いつぶれる。これを幼少の頃から見ていた小生は、その光景をおぞましきかな嫌悪感もいだいていた。月日は流れ、その「おぞましき」真っ只中にいる(笑)なんで、そーなったかはわからない?

b0169522_23134562.jpg


ちんたらちんたら川沿いに走る。道が直線的に山場へ入る。旧道へむかうととんでもない急カーブでいっきに標高を稼ぐ。呼吸は乱れ、両足がぱんぱんになる。陽射しが襲う。一番軽いギヤは、はるか前から、使いきっている、、、。一人旅なんだけれど、記念撮影をセルフタイマーで撮る。ただし、セルタイマーの時間内に走ってる姿の全身が入らない(泣)

太陽の下に見える漁村は南島。魚の干物はここのが、一番「旨い」。海の色と太陽の陽射しが一気にかわる。紀の国へ黒潮の回廊へとつづく。現在は日帰りなんだけれど。そのうち「お泊り」で、走れないかと企んでいる。

b0169522_2354591.jpg




秋には本宮大社から伊勢神宮まで、熊野川、熊野灘を一週間ほどかけてシーカヤックの「巡礼」がある。従来の仕事をぶっちして、生き方をかえても良いんじゃないかと「葛藤」する今日この頃。

小生の旅の原風景は童謡に凝縮されている。

   うさぎおいし かのやま こぶなつりし かのかわ ゆめはいまもめぐりて わすれがたき ふるさと
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-25 23:56
驚くべきタイミングで晴れて、抜けるような青い空と白い雲!
少し前まで、肌寒い雨、、、。持っている(笑)カメラを持つと晴れてくる、今日この頃?

b0169522_1141408.jpg


四季自然、初夏。美しい日本の森がもっとも輝くひととき。ただし、木々は深く、太陽が樹幹に降り注ぐ時間帯はそう、長く無い。南の島から、東シナ海を渡り、はるばる生まれ故郷に帰還した「火の鳥」。小生のことを覚えてくれているんだろうか?やさしいまなざしと視線が合ったような気がした。

b0169522_11525153.jpg


黒潮の海流に乗って。壮大な旅をするらしい「うみがめ」。南の島では住み着いているという、海がめも見た。生命の回廊、生命の回帰。その出会いはまさに感動以外のナニモノデモナイ。

b0169522_12133167.jpg


で、夏至に向かって「日の出」が、ますます早くなり、ジロデイタリアがゴールすると、つぎに。これから始まるツールドフランスでTV画面に釘付けの夜更かしも控える(笑)

なんで。いつでも仮眠、睡眠を体を十二分に伸ばしてとれるように?車にテントとシュラフを積載している(笑)このときにお薦めのアイテムがある。モンベルのエアマットなんであるが、どんな場所でも快適にサポートしてくれる。シーカヤックだったけれど。知床半島のガレ場で、なんどか野営したけれど。快適な睡眠を実践している。酒に酔いつぶれたって「話」もあるにはあるが?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-25 12:44
梅雨の前線が、南北を上下して、そのおかげ?で、過ごしやすい?
仕事には微妙ではあるが、、、。

そろそろデジカメのゴミが目立ってきた。永遠のテーマである。名古屋か大阪のサービスまでは半日。これは微妙な距離である。

仕事の大勢が、天候に左右される「肉体労働」なんで、雨が続くと行動もスローになってしまう。思考回路はフル回転してるのに「体」が、まったりとなって動かない。よほどの特例かガチガチの日程で無い限り、雨の日の写真はお金になりにくい、、、。

基本は太陽エネルギーなんだな、、、。

で、相変わらず雨がふりつづく。おかげさまで2年目に入った自転車専門誌、ファンライド誌の連載、非カーボンのロケをそろそろ消化しないと、いけない?明けて、午後から晴れるらしいので、期待したい。

で、ブルックスのサドルがついてるんんで、いままでにない「写真」の雰囲気が求められる。一番良いロケーションは英国のパターソンの線画の風景でロケしたい気分なんだけれど。今回は伊勢神宮界隈、おはらい町にした(笑)

この二日間。汗を流してないんで、体が重い。ローラートレーニングできるエリアが二ヶ所あったんだけれど。物置とミニスタジオになっていて、現在「室内」トレー二ングが出来ない。

要介護を出来るかぎり「先延ばし」するためには、運動は不可欠である58歳としては。今からも「勝負」なんである。仕事を選んで、健康を維持できれば、最高なんだけれど。人生そう甘くない。

ただし、運命をにぎるのは?ローラートレーニング!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-24 01:44
モチベーションを高めるのにいろんな「場合」がある。TVからの
情報がわかりやすい。画面からの情報は限りがあるので、想像をさらに膨らます。昨晩から続くTV観戦はジロデイタリア、F1スペインGP、ツアーオブカリフォリニア、、、。

CMの時間帯を利用して、パソコンでの画像処理をやる。

週末は過酷だ(笑)

夏場のプロジェクトがひとつ増え、ふたつ増えとなって、スケジュールが埋まってきた。スタッフも充実して、なんとかやっていけそうな兆しだ。

パソコン環境もハイエンドのWinでCS5をフル展開するコトになりそうだ。

もちろんメインはMacなんだけれど。クライアントの環境も無視できない。

いろんな現場で名刺をいただくんだけれど。名刺がじつは嫌いで、2年ほど作ってなくて、忘れたふりをするのも失礼なんで、胸が痛む今日この頃。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-23 02:25
写真撮影の可能性?第一にフットワークで、次にレンズワーク。
脳ミソに満載したバリエーションと瞬間のひらめき。アングルは面で決めて、奥行きと画角はフィーリングで、持って行く。答えはかならずモニタで採点できるのが、デジタルな時代。

陽射しは高いが、吹く風がエアコンの冷房のような快適さだった土曜日の志摩地方。旧知の仲間と意外な出会いもした。三重県が今、おもしろい!

連日。心地よく体を動かしている。撮影ジャンルが初物だったので、レンズ構成をパーフェクトに持っていけなかった。ストロボもセットしたが、使わなかった。まあ、次回への宿題(笑)それでもカット数を稼げたのは、環境のおかげ。アウトドアは基本的に天候に依存する。

体をシェイプして、持久力をどんどん高めれば、道は開ける。

昨日の収穫はケンケンかつお。じつに美味。

いろんな情報をさりげなくいただけるようになってきた。人との出会いに感謝。そろそろ、消灯だな、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-22 01:53
カメラを持たない「旅」も大事。いままではあまりにも「撮影」を
意識した目線で生きてきた。カメラを持たないで、好みの被写体に出会うことの「大切さ」も感じるようになった。以前ならば、もったいないというか、何で持ってないんだと後悔した。持ってないときのあーだこーだはけっこうシビアに物事をとことん突き詰められることにも気付く。

それは後日に貴重なシュミレーションとなって、活きて来るのは間違いない。

陽射しはきついきょうこのごろなんであるが、風がけっこう強く吹くので、快適だ。夕方にかけて、自転車とウォーキングで汗を流した。

少しずつではあるが、体力が微妙にアップされてきた。気がつかないうちに培った財産を消滅させていた。それを取り戻す事に楽しさを感じる日々があって、手遅れでもないコトを知る。

で、観光都市。伊勢市なんだけれど、まだまだ、自転車や車椅子にはきびしい「路面」状態で、角度、段差は多い。けっこう工事してるんだけれど。弱者目線では無いと言うことだ。

大きく見れば、原発社会、車社会に見切りをつけて、環境再生日本になるのは「今」しかない。

で、暑いんで、パンツ一丁で、すごしていたら、腹を冷やしてしまった。まさに「お子ちゃまじじい」である。救いようの無いバカをしてしまった。どーしようも無い(笑)
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-21 00:25
キャッシュカードの暗証番号なんだけれど。どーゆーわけか?
何回かにいっぺん、打ち間違う?数字は頭の中にあって、はっきりと覚えているのに「指先」が、違った行動を取る?緊張感を強いられる時ならいざしらず。普通の状態なのに困ったもんだ。これは数字の配列に問題もある(笑)

デジカメの操作もまだまだ、パーフェクトではないが?一定レベル以上のすばやさを身につけた。以前は親指を浮かして、ダイヤルを操作するなどという事は、MFな時代には考えも及ばなかった。AFの進化によるものである?

今晩は洗い物が多くて、自動織機洗い機が、延々雑音を上げている。もうすぐ、最後のひと洗いをセットする。これはほんとに優れものだが、微妙に信用できない。高温で乾燥させた食器の表面には、見にくいけれど、微妙に洗剤やら洗い残しが、付着している。

で、時間つぶしにTVをつけると、ジロデイタリアにツアーオブカリフォルニアをやっていて、ずるずると見てしまうと夜が明けている(笑)どーしたものか?プロ野球の交流戦も面白い、、、。

で、時間に余裕があるということは、仕事が無いと云うことで、これはもっともよろしくない。永遠にかさなる週末の悩み。福島原発事故は地球史上最悪を現在進行中。世界各国、日本各地でも牛、豚、鳥、、、。なんだかんだあったときも美味しい産地の食材は食べ続けた。東日本の野菜も食べ続けている。

カツオや秋刀魚も三陸沖から、戻ってくる。

で、住人が一人、先ほど帰還して、タケノコご飯にギョーザをチョイスしたんで、洗い物が、またまた増えて、おまけにかしわ餅を大量にもらってきた。もーやっとれんので、寝る、、、。

そうそう、話は戻る。がんばろう日本!なんてえレベルじゃないぞ、見直そう地球環境!!めざめろ人間!!!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2011-05-19 02:12