四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
怒涛のスポーツフォトの連日の激写が終了。で、違うジャンルの、
激写に向かう。近頃は車の駐車が、やっかいで。昔は何処へでも、止めれた。ただし、その「せいで」、とにかく「歩く」事が、増えた。自転車も盗難や駐輪で、苦労する。気が付けば、なにかすると「膝」に激痛が走るが、感触は最高で、怪我の前より、具合は良い。いかに文明の「力」に依存して、体を悪くしていたのかが判る。

で、筋力が戻ったら、心肺機能とのバランスが崩れた?ぜいぜいはーはーひーひーと呼吸が苦しい「きょうこのごろ」で、ある。ところで、膝とかかとなんかの感触が戻ったら、脚の踏ん張りが、効くようになって、シューズの性能をフルに発揮できる「状態」になった。それが、近年で、一番「嬉しい」コトになった。

スポーツフォトと同じ仕様の機材を担ぎ、ロッククライミングもした。帰還したら、短パンが、べりべりに破けていた。しかも「後ろ」なんで、キズカズ(笑)。一番のお気に入りで、超がっかりこのうえない(泣)。今、伊勢志摩を「超本気もモード」で、撮影に入っている。伊勢神宮周辺の四季自然にも「日参」している。五十鈴川ではカワセミフリーク達で超賑わっている。ひなたぼっこしながら、楽しんでいて、コミュニティーが、出来上がっている。

いっしょに撮っていけよと「お声」をかけていただくが、他人のふんどしで、撮影する気にはならず、プロのプライド(笑)が邪魔をして「丁重」にお礼を言って別れた。本心は残念(笑)。

デジカメの進化と革命は、とどまる所を忘れたかのように「すさまじい」ポテンシャルを爆発させている。特にNikonは独創状態であるといっても過言ではなくて、一枚一枚の描写のチェックで、興奮が、おさまらない。これはもう、理屈ではなくて、物理的に「ぶどまり」が、100%にかぎりなく近くて、本心から仕事を生業とするプロとして、ありがたい。

特に難しい撮影条件下でのアドバンテージは計り知れない!レンズの描写はすでに「世界一」だが、AFのくい付きとシャッターのレスポンスは、まさに「官能的」だ!D4とD800はすでに「世界」を震撼させているが、Canonの逆襲と、さらなる「高画素機」のリリースは近い?

デジタルな「時代」は、アッセンブルのセンスが、ものをいい、いかに「使いこなせるかが」キモになる。フィルム時代には無い「能力」が、要求される。さらに「情熱」と「やる気」も半端じゃあないエネルギーがいる。最後は体力勝負なのだ!

で、導入する「機材」で「差」がつく、とんでもない「時代」でもある。清水の舞台にたとえるならば?永遠に飛び降り続けなくてはいけないのが、デジタル最前線である。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-31 01:01
二日連続で、シャッターが、吹っ飛んだ!
よる年波で、体力気力はめっきり「ダウン」。そこへ、金欠病と花粉症の追い討ち(泣)。さらに二日連続で、シャッターが吹っ飛んだ(笑)。撮影スタイルを変えないと、いくら「カメラ」が、道具とは言え、酷使の度合いが、半端じゃあない。スポーツフォト最前線のデジカメは、償却を3年にしてもらわんと、あわん。

で、日付を軽く越えて、画像セレクトにつづき、DVDを焼いている。本日の便で、納品なんである。

体は喰って寝れば、回復するけれど?デジカメは回復不可能なんである。

NikonD4はじつに「最高」のタイミングで、リリースされてきた。シャッターの耐久性能も格段にアップされて、機関銃のように連写できるらしい?D3からおよそ400万画素のアップで、高速連写を可能にしているらしいけれど、連写はそろそろ「卒業」したい。

何故か、高級なCFカードの不具合も続いている。現代の「モノ」は、車も含めて、全てが、トラぶった時に修理不能な時代で、その辺が「アナログ」な時代は良かった。原因を究明し、解明できた。いまの時代は、精神衛生上よくない「コト」が、多すぎる。

で、2時までには、寝たい。布団に埋まりたい。風呂に入る気力も無く。ただし、夜食は喰ってから寝る(笑)。

とにかく。今日を乗り切れば?日々、その繰り返し?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-28 01:10
近頃、スケジュールが入り乱れている?「土曜日」はブライダルを
Kカメラマンに助けてもらい、霙降る「日曜日」は、鈴鹿サーキットのイベント撮影。で、ランチタイムは「美女」と小一時間。夜はがっつり黒毛和牛を堪能しながら、刺身に寿司に、パスタに天婦羅、ショートケーキ、スイーツなどなど。三重ブランドをがっつり、喰らった!腹をぽんぽんにして、中勢バイパスで、帰還。喰える内が華だ(笑)。で、画像処理は徹夜になって。

週明けの朝は、むりやり?目覚まし時計のお世話になって。始発のバスへ、登山のような、機材をザックとテンバの長望遠用の重いバッグに詰め込み。片手にハスキーの三脚。朝から大汗の談、、、。

近鉄特急で、名古屋へ。地下鉄を乗り継ぎ、慣れない「通勤」。撮影は新体操の発表会。かわいい女子達を激写しすぎて、シャッターが、吹っ飛んだ(笑)。幸い、名古屋で良かった。地下鉄で一駅のところにNikonのサービスセンターがある。さっそく、飛び込み?代替をお借りして、修理をお願いした。で、ものの「はずみ」で、NiknD4を発注した(笑)。一台、D4が燦然と展示されていて、手招きをしていて、スイッチが入った。

で、疲労困憊で、電車で帰還。

今宵は、イタリア土産のパスタセットを料理しながら、ピッザをデリバリー。コーラと牛乳とチョコなんとかで、夜の部が、始まった。

この間、ヨーロッパ研修から帰還したばかりの「バッグ」を1Fの住人が借りに来た。ハワイに行くと言う。どーゆー訳か「くつした」から入れ始め、そんなにいらんやろ。むこうは夏やでー(笑)。まーなんでもいいけど、小生は、食事にすることに。

画像を溜めたまま、次はテニスの撮影を連戦する。かなり良くなったとは言え、花粉症が、いつなんどき「爆発」するやもしらん?日々、デンジャラスだ?3月中に次のミッションのあたりをつけなくてはならず、それは近年にない大きな「プロジェクト」になるので、気合が入る。伊勢は今、とてつもなく「熱い!」。鈴鹿サーキットは50周年の行事で、これも超「熱い!」。で、三重県も若い、知事が、情熱的だ!いま、まわりが「やる気」に満ち満ちている(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-26 21:21
NAGI手漕ぎ隊の単行本が発刊されて、1ケ月経たないんだけれど。
思った以上の反響に驚いている。自然志向、アウトドアスポーツへの感心は時代や流行にあんがい、カンケイ無かったのかもしれない。焚き火を囲んでの酒宴は、みんながあこがれる「癒し」のひとときらしい。呼んで欲しいと声がかかる。ただし、カヤックで海を越えるんで、それなりのリスクは大きい。

3月撮影の沖縄、慶良間の画像をJPEGに仕上ているんだけれど。300カットほどセレクトしたのをTIF、16ビットで、作業する「つらさ」は筆舌に尽くしがたくて、もうすぐ3月が終わる。で、4月には熊野灘の新作撮影がスケジューリングされていて、待ったなし。

10年ぶりの「極度」の花粉症で、疲労困憊。高地トレーニング並みの呼吸困難は、どーしようも無くて。

末尾に2の付く「デジカメ」の画像が、納品できなくなった。新時代のクオリティーのボーダーラインから、完全に外された。デジタルな時代は、わかりやすい。契約書に明記されてくるんで、一刀両断なのだ。幸い、スポーツフォトの最前線にいるんで、誰よりもはやい情報と実写を体感する。これはじつにありがたい。

この間。VTRも兼任したら、思いのほか「好評」で、もっとはやく頼んどけば良かったといわれた。いまの状態にVTRの編集が、入ったら?睡眠時間はどーなるんだ?今宵も夜なべしてるんだけれど?作業の終わりは見えないまま「超激写」が、週をあけて、水曜日まで、つづく!

シャッター幕が吹っ飛ぶ「瞬間」のファインダーの光景に何度も出会うが、けっこう「慣れっこ」になってしまっている自分が、怖い(笑)。で、体の方も引きずっていた足が、補強に成功。痛みを押して、強行したリハビリが、ジャストミート。脅威の回復を見せた。

で、調子をこいて、平日は、風景写真家100%を目指す。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-25 01:18
日々、巡礼。失うモノは何も無い「状態」までいって、
人に支えられていると知る、あさはかさ。ただただ、感謝するしかなく。己の無力さを知る。名古屋女子マラソンの撮影から続く、死のロードも、今だ。延々と続き、終わらない。昨日、NAGI手漕ぎ隊の出版記念パーティーを、伊勢おはらい町、二光堂さんで、開催していただく。シーカヤックを持ち込んでの「宴」は、終始楽しく、盛り上がった。で、場所を提供していただいた「外村氏」に記念撮影まで、頼んでしまい、さいごまで騒がしくあつかましかった「行動」を「今」反省。

先週末の鈴鹿サーキットでのフェラーリの祭典から、始まった「超花粉症?」が、収束せず「絶体絶命」。ミッションはALL ACCESSのOFFICIAL PASSを首にぶらさげ、とにかく「撮りまくる」という、ミッションだった。正式にはFerrari Racing Daysという。日本、初上陸で、スケジュールは世界転戦。その週末もいろいろな撮影が、重なった週末なんだけれど。結局は鈴鹿に居た(笑)。

で、宿泊付、焼肉フルコースに日当プラス出来高ばらい!の条件。世界のフェラーリの待遇は、今の時勢では、破格(笑)。パドックの風景はF1より華やかな感じだった。なにしろ、鈴鹿にフェラーリがところせましとあふれたんだから、、、。

画像の納品も外付けHD。なにからなにまで、破格のイタリアンであった。ただし、二日間。朝から晩まで、フェラーリを撮り続けて、さすがにもう、フェラーリは見たくない、、、。アルデベルチ、チャオ、、、。

で、料理写真をはさんで、伊勢に戻るも。画像セレクトに画像処理の「山」で、脳ミソはぱっつんぱっつんであり、やぼようも重なって?「思考回路」は、停止中。花粉症も行きつ戻りつ(泣)。今週末もオファーが重なり、これも調整に四苦八苦。カメラマン仲間で、やりとりするも「人手」は足りない。

フェラーリの時も複数カメラマンがいるんで、M氏がMに連絡したら、週末はF1です。日本におらんのかい?
これって、とても伊勢の会話では無い?で、小生と言えば?体力の限界を超えて、なんとか「ふんばっては」いるものの?気力もなえそうで。ただし、ロンドンオリンピックのオファーが来たら?ひとつき前から、現地スタンバイします!なんて、言ってしまいそうな「きょうこのごろ」(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-23 05:28
神々が創造した四季自然風景がある。仏の国で、
「生と死」を考える。神仏が集合する地「伊勢」。海から眺める伊勢志摩、英虞湾の夕景。夕陽が沈む彼方に紀伊山系の稜線が、幾重にも重なる。三重の名はそんなところからも来ているに違いない。目の前の風景の重なりは、また。食物連鎖の縮図をも見る。まことに自然豊かな土地に海。急峻な紀伊山系が、豊饒の海をつくり、海の風が山に当たり、水を回帰させる。
b0169522_023325.jpg

伊勢の地は式年遷宮に向かって、奉祝ムードにあり、賑わいをみせる。なぜ、伊勢神宮が、この地に鎮座したのか。麗しき日本の原風景を撮る「旅」が始まる。デジタルカメラのワークフローとスキルアップのために、アップルストアへ電話した。きめこまやかに「対応」していただく。

この土曜日から、15連戦が、月末までつづく!すべてが、最重要ミッションである。そこへレギュラーの毎月の別ミッションがふたつ。

で、始まった「作品」創りは、まったくの別。

ちかごろ、居直っている。昨日はジョギングを敢行。腹で言えば、ズボンのベルトの穴が、この冬で、三つ進んだ(笑)。ぱっと見は変わらないが、腹は確実にやせた。走りすぎて、膝の感覚が麻痺(笑)。逆療法で、体を痛めに痛めつけている。ジョギングシューズで、大地を蹴る「感覚」が、戻った!だから、こころはときめいている。

往復4kmのショッピング(食料調達)も徒歩で、大きなダンボールに相当な重量物を満載して、大汗をかく。伊勢市内の撮影は、これも自転車を止めて、往復最長16kmを徒歩にした。さらに時間をキープするためにグループをふたつ「ぬけた」。

で、作品創りに集中する。度重なる「大怪我」で、生き方が変わった。残りの写真家人生、そう「長くは無い」。極限の闘いを忘れていた自分が居て、仕事の流儀を今、問い直している(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-16 00:44
相変わらずの疲労困憊に銜え、絶体絶命の日々を送っている。
身から出た「さび」ではあるが、けっこう、辛い。復活したら、心をいれかえて、まじめに「写真」を撮ろう(笑)。えらく冷えた近々なんだけれど。中部、北勢は雪だったコトがわかった。まだまだ、気は抜けない季節なんだと。伊勢は住み良いなあ、、、。
b0169522_08267.jpg

今。スナップで、お気に入りのアッセンブルなんだけれど。湾曲がときに大ヒットしたり、大駄作を連発したり。おおむね「大好評!」なのはありがたい。近頃、居直って「無茶」しているコトがある。往復10km圏内は、どんな荷物があろうともどんな天候でも「徒歩」で、移動している。で、足の古傷が、爆発したら、それはそれで、違う人生になるだけだ(笑)。

不思議なコトがある。スポーツフォトのプレスルームではマッキントッシュが、過半数を大きく超えているのに、地元の伊勢近辺では、ショップにマックもソフトも姿を消して、この間。加◎カメラマンと松阪まで、北上したが、全滅。この先、三重県はどーなってゆくんだろうか?

昨夕。作品を納品発送できた。沖縄関連が45テーマ、伊勢神宮界隈が129テーマ。どれだけ採用されるかは?だが、全世界、地球規模で、配信されるんで、楽しみだ。で、次の作品の画像処理が、引き続いて「現在進行形」で、これも大変な作業なんだけれど。後の「年金」となるんで、手を抜かずに頑張りたい。

伊勢は伊勢神宮の式年遷宮を控え、ますます活気に満ちていて、撮影のミッションが、立ち上がっている。さらに大きなミッションが、ふたつみっつ重なる。県外へ出稼ぎに言ってる場合ではなくて、ご近所付き合いを最優先しないと、村八分になる(笑)。さらに鈴鹿サーキットも創設50周年を向かえ、これも活気づいている。

で、今晩は「クタクタ」なんで、作品作りはやめて、そろそろ「寝る」ことにする。

自分としては起きてるつもりだったのに「寝てるやろ!」といわれる、きょうこのごろ。で、若いカメラマンから、いろいろお誘いを受けるんだけれど。もう、4月の飲み会のスケジュールも決まっていて、飛騨高山で、桜の花見だそうな(笑)。

撮影の現場と言えば、若い女性(ときおり、おばさん)とのコラボがこれも「延々」と続いていて、元気を貰っている(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-14 00:54
金曜の夜から、名古屋駅の近くのホテルに連泊。
名古屋女子マラソンの撮影。日曜日の交通規制が、厳しいので、電車で出かけた。ただし、機材の重量が過去最大で、海外ロケより重いのはどーゆこっちゃ?脚立まで持参。登山より重い「装備」になり、パソコンを外した。

ただし、ホテル暮らしの方が、ちかごろは「規則正しい」生活になるので、大歓迎だ。スケジュールもタイトなものではなく。ナゴヤドーム内でのゴールが、小生の担当だったので、天候も関係なくて。さらに名古屋グルメの屋台が、幾つも並び、良いにおいをフリマイテ、最高の環境で。カメラマン仲間とわいわいがやがや「つまみぐい」。で、撮影も座ったままで、さらに「最前線」の報道カメラマンの機材セッティングを目の当たりに見て、感激感動!

トランスミッターを装着して、複数のカメラで同時撮影が、当たり前で、数台を一人で、コントロールする「撮影」は圧巻だった。小生はボディーを3台担いだ「旧態依然」としたオールドスタイルのフットワークの悪さを思い知らされた。で、同時に大画面のダブルモニタのパソコンへも画像をバックアップ!で、最速の配信を可能とすると言うものだ。

無茶苦茶感動を覚えて帰還。この撮影方法はすぐに「パクラ」ないかんと思った(笑)。まだまだ「上には上」がいるもんだ(笑)。伊勢でぐじぐじやってたら「うらしまたろう」になっちまう。で、複数カメラの同時撮影なんだけれど、これは絶対的なアドバンテージである。さらに「工夫」してオンリーワン」を確立できるプランも浮んだ。

なんか「還暦」まじかなのに「趣味」の世界の奥深さを感じれる「人生」が、うれしい。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-11 23:55
連日?連夜?魔のロードは続く?本日、一応?完結してから、
納品作業を終わらせ、すぐ。週末の名古屋マラソンのミッションへ合流なんで、名古屋駅近辺で、ホテル暮らしになる?その後、平常の一般市民の生活に戻れるかは不明、、、?
b0169522_7102763.jpg

五十鈴川の癒される風景の中を散歩できる「ひととき」が、なつかしい。もう、随分と春めいているに違いない。で、こんな朝にパソコンはバッチ処理をえんえん現在進行中にあって、故障やトラブルが起きないようにと祈りながら、手持ち無沙汰をブログでごまかしている。
b0169522_7161474.jpg

次世代「デジカメ」のリリースが、続々と届き、Nikonは行けなかったが、Canonはひとつだけ、気になる「スペック」が、あるんで、実写をすべく、でかけるつもりでいる。ただし、レンズの描写が、ずいぶん「Nikon」に遅れをとっているんで、いかがなものか?AFにも難ありだし、、、。
b0169522_7211485.jpg

相変わらず、単独では撮影できない「ミッション」が、つづく。最低でも二人なんだけれど。先週は、別チームとのサポートがあって、終わってみれば?7人体制だった(笑)。おおきな大会やイベントはスタッフの桁が上がる。で、まず。デジタルカメラになってから、撮影機材の登録はもちろん、パソコンの環境、CFカードのスペックまでも、登録制になって、スキルプラスで、仕事のオファーにつながる「時代」になった。

フィルムの時代はある意味「ごまかし」の人選も許されたが、デジカメはその特性上、ごまかしはいっさい「効かない」。

つまり、撮れるだけのフォトグラファーはいくらでもいるんだけれど。ハイスペックデジカメを駆使して、撮影「即」納品が、最低条件で、Webへアップも現場、印刷原稿も現場と言う、それも「いまでは」最低条件で、企画、撮影、原稿、人間関係のすべてまで、クライアントを満足させられる「スキル」を日々、向上「現在進行形」でないと、プロフェッショナルを名乗れない。

さて、本日のミッションにでかけるとするか。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-06 07:49
鈴鹿サーキットの撮影で、昨年のF-1GPに続き、日付を
越えた。Kカメラマンの車に同乗させてもらったあげく「餃子の王将」で、ごチになる。まったくもって、あつかましいにもほどがあるが、まあ、いたしかたなく。で、サーキットイベントのスケジュールがタイトで、多すぎる。疲労困憊の挙句。バックアップを今、やっている。2時までには寝たい(泣)。風呂も未だで、大汗をかいて、脱水状態にある。夏だったら、とっくに倒れている。

バックアップのCFカードを2枚、残して「風呂」を先にと思っている。洗濯物も山積みで、靴下の感触が、やばい。前身汗まみれで、いずれにしても、最悪。

プレスパスと駐車パスがが新しくなって、気分一新で、50周年を迎えた「鈴鹿サーキット」のファン感謝デーに望んだ。観客が、30000人とスタンドを埋め尽くし、楽しんだ。

日曜日は雨の予報だが、土曜日が「快晴」で、ミッションはばっちり完了。なんで、日曜日は余裕で、残務撮影となる。

鈴鹿サーキットはいまさらながら、全てが「特別だった」。まさに世界一の「聖地」にちがいなかった。疲労困憊なんだけれど。それが、心地好いのが、鈴鹿サーキットの仕事でもある。なぜか、極限まで、頑張ってしまう(笑)。それは、レースが好きだから、鈴鹿が好きだから。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-03-04 00:39