四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2012年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧
雷雨、集中豪雨!高速道のリフレッシュ工事で、大渋滞!
散々な一日。ただし、撮影は新たなる出会いに気分新た!桑名。多度を取材。帰路、晴れ渡った稜線に太陽が沈み、夕映えの空に雷雨明けの雲が湧き立つ光景は圧巻だったが、ドライブするのがやっとで、カメラは出さず、、、。通勤ラッシュに呑まれて、帰還、、、。

メールをチェックすると、夕刻分からスケジュールがさらに「混沌」となっていて、6月は波乱含み。

花のある風景は睡蓮、あやめ、つつじ。雨がよく似合う。そこへ来て、一年で最も夜明けが早い。沢山、シャッターが切れるけど。命も削られてゆく気分。もう、若くは無いんで、ほどほどに(笑)。

それにしても、凄い気象である。

雨上がりに出没する「太陽」が演出する光景は、まさに「天地創造」。それは、宗教心を呼び覚ます、風景の連続となり、魂が洗われる。晴れの日も、雨の日も。四季自然、すばらしい風景が、展開する「伊勢」。もう、少しで、イメージが消化される?

ただし、心身の限界。少し、休んだ方が良いぞと心がつぶやく。限界を見ながら撮るからこそ、良いんだともう一人の自分がささやく。

で、もうすぐ。夜明けだ、、、(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-30 03:09
週明けのタイトな納品日である佳境に入る「午後」、雷雨の
襲来でPCを全部シャットダウン。程よい、休息を取れてラッキー(笑)。世の中で俗に言う「物理的」と言うヤツだ。で、さきほど、宅急便に届けたら、東名阪のリフレッシュ工事が、6月8日まで。翌日、午前着の東京便があやういらしい。世の中、もっとゆっくり流れて欲しい。人間性回復のために。

地元の雑誌社の単行本の撮影スタッフにお声がかかった。で、県内をまわることに。なにかと「伊勢」は活気があって、おもしろい。歴史、文化、自然、味覚、人。すべてがバランスよくそろっていると。

一番のお気に入りボディーが今、Nikonへドッグ入りしてるんで、さきほども良い感じの光線状態になったが、心に撮影のスイッチが入らなかった。日々、水田が青々と背丈を増し、畑では麦秋黄金色。川辺、水辺、森の木々に生命が乱舞する。花鳥風月、四季自然あますところなく、海も空も星も。

二十四節気、次の暦は。芒種。

陽射しが真夏にむかい、なれない肌が、うめき声をあげる。ただし、小生はすっかり「夏」バージョン(笑)。

北海道の客人が、九州博多の土産をおいて、一泊して帰って行った。重症だと思っていたNikonが軽症らしくて、ただし。チェックをかけていただく。パソコンの前を虫が飛ぶ。蚊のようだ。一雨有って、蚊にはまだまだ寒いらしくて、熱を求めて飛んできた。

伊勢志摩は今、カツオが「旬」。とろがつおの味は、堺の魚市場で食した「まぐろ」にも優るとも劣らじ?絶品である。で、まるごと貰ってくるんだけれど。さすがに喰いきれない(笑)。

腹ごしらえの後は、少し。休憩してから、作品作りにやっと入れる。今はこれが、一番楽しい!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-28 18:59
月曜日は心地好い?疲労を感じながら、画像処理と云うのが
定番。先週はとんでもないスケジュールに県外ロケをくっつけてしまい。死に掛けた?昨日、マラソンの撮影でカメラが壊れたが、予備のボディーに切り替え、難を逃れた。広角系、中望遠ズーム、300、500のライナップに×1.4のテレコンバージョンを組む。最大で5台のボディーを準備して、望む。実際は3台でまわす。プロの現場では「責任」という、プレッシャーがのしかかる。プレッシャーを楽しめるか否かは、撮影機材のポテンシャルに依存する。

で、帰路。あまりの眠さに嬉野PAで、休憩(笑)。この状態では、やはり納期催促優先の「県外ロケ」は引退だな、、、。自分で納期を決める?風景写真の作家が、やはり、自分にむいているとつくづく思う、今日この頃、、、。

食生活を変えた。昨夜はあさりたっぷりの味噌汁にわかめ、ほうれんそう、とうふ、ニンニク。さしみにして、まぐろ。かつお。牛肉系は月2くらいにして、ぷらす鶏肉、豚肉をプラス。食事をコントロールする。

夏ばて胃袋対策にそうめん、パスタ、野菜サラダ。

ウォーク、ジョグ、サイクリング、スイムをかかさず「汗」すること。

エアコンは車も含めて、使わない?できるかな~(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-28 13:24
少し疲労が抜けてきたが、もう1歩?体もそうなんだけれど。
そろそろNikonD3が、限界。修理で予備をレンタルしてるんだけれど。連続で、不具合。サンディスクのカードも相性が悪く、延々、2枚ずつエラーで、沈む。デジタルな時代は皆目理解不能、、、。

本日は青山高原でマラソンを激写!ときおり、◎◎舎の仕事でご一緒するA氏、腐れ縁のK氏、初対面の若手カメラマン3名、そのチームのボスお二人と峠下のレストランで、食事を誘われ、歓談。たのしい、ひとときを過ごした。フリーランスで、一人旅なんで、けっこう「人恋しい」面もあるのだろう?

真摯でフレッシュなフォトグラファーとの出会いは良い。新たなるウェーブを見て、感じた。再会を約束して、帰路につく。

五十鈴川の川辺は、あおさぎとしらさぎの楽園の様相。今シーズンは中流域の森と水辺を徹底的にサーチしたい。

夏日到来。蚊がはっせい。うっとおしい季節が始まる。ライフワークの風景写真も夜明け前から、スタンバイとなる。機材のローテーションの谷間で、安定画像は望めなく、メインデジカメを決定する葛藤の日々。D3Xがいまいち好きになれず?D800の選択肢も失せ、D4も何かわからないが、しっくりこない?ジャストミートしているD3は唯一画素不足は否めない。

ストレスチックな真夏に入る。

4×5の感動的な描写力をデジカメで。そう、待ち望む日々でもある、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-28 01:26
電動アシストバイシクルで、衝撃的カルチャーショックを体感!
汗する楽しさ、苦しさの後の達成感。風景の空気を感じ、匂いを感じ、出会う人たちとの対話がはずむ。それが、自転車。そこにプラス、快感と驚きと安全性が、加味された。堺自転車紀行の取材撮影は、一日目は快適だったが、二日目は車の移動で、テンションは下がり、モチベーションも消滅、、、。

極限の睡眠不足とストレスで、疲労困憊、、、。体重くて、気分もブルー。とどめは料理写真で、三箇所でゼロスタート&撤収を繰り返し。これで、心身のダメージはさらに極限。よく、生きてると自分でも不思議?与えられた条件で、最大最高の努力をするのが「プロ」だけど。100%撮影に集中できるに越したことは無い。名ばかりのプロにはなりたくない。

で、時間が空けば、移動があれば。納品なんかも許される範囲で、自転車を漕いだ。汗もたっぷり流した。ただし、焦りがあって、体の重さとストレスが抜けない、、、。本日、鈴鹿サーキット誕生、50周年を特集した。NAGI凪VOL.49が届けられていた。表紙やグラビアに写真が採用されていて、ご機嫌が戻る(笑)。こんなタイムリーな時期に!まず感激と感動。で、なんども見返し、熟読させられて、内容の重さ、すばらしさと人物伝、その歴史にあるときは鳥肌が立ち、あるときは目頭が熱くなった。鈴鹿サーキットが、何故「この地」に誕生したのか。50年と言う歳月を人がどう関わってきたのか。

そこに「聖地」鈴鹿のサーキットと町と人々の、過去、現在、未来が語られている。それを取材したジャーナリストたちが、少年少女のこころを持った、ライダーであると言うことも付け加えておきたい。ありがとう、鈴鹿。

で、どーにも。体が回復しなくて、週末を迎えてしまった。喉も痛い。ひょっとして「風邪」?。両肩の付け根が、痛いし、筋肉痛、、、。

で、ストレスの原因が、もう、ひとつ?デジカメの画素数が上がり、CSも6?なんだけれど。勘違いした「人間」が増えて、その付き合いが当然、発生する。大問題は機材を持ってるからだとか、CS6で楽になるなんてえ「御人」が、増えると「プロ」の現場は、大混乱必死、、、。軽くシャッターを切って、マウスでカチカチなんて、基本は人間力で、決まる。良い時代になったけど、それ以上に「愚かな」時代でもある。

一応、週末からの話は(完)。おやすみ、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-27 02:04
(続)の続き(笑)。大変さを伝えても「急ぎ」の一点張りで、
結局。睡眠不足で、急ぎすぎは無理が出て、かえってマイナス。と、なるのが、世の中の常。まあ、人間性の問題だな(笑)。そーゆー仕事はもう、受けちゃあかん。で、公共交通機関で、熟睡してゆく予定が、目の前で展開されてゆく「金環日食」で、大興奮状態に陥り、行く先が同じと言うだけで、上品なご婦人と意気投合して、写真をトリマクッタ(笑)。どーゆー訳か?周りは女性ばかりで、小生のデジカメを除いては、大騒ぎ(笑)。近鉄難波行き特急の車内は、シャッター音が響きまくった。で、観光での帰路であろうか?おかげ横丁の袋を破いて、煎餅が、小生にプレゼントされた。で、車窓の手前はお菓子の陳列台と化す(笑)。

b0169522_23122735.jpg

b0169522_2314780.jpg


天気予報とロケに出る。このふたつで、まったく「見れる」と思ってなかったので、この展開は正直「運」を背負ってると感謝感激!

b0169522_23165522.jpg


やはり「伊勢」は、神と仏が、集う「うまし国」なり。

世紀の一瞬を疲弊し疲れきった「心身」に体感させてくれた。宇宙の生命力がたっぷりと小生にふりそそいでくれた!いやな思いをしていた「ちっぽけな」人間関係が、ざっくりと「心」から、失せた。大自然のエネルギーはすさまじい!

b0169522_232117100.jpg


で、仕事は。堺自転車紀行という、GAORA7月7日、CS7月1日放送予定の番宣企画。で、二日間、TVクルーと闘う?コトに(笑)。大体、TVクルーと同時進行なんて、ろくなことは無い。腹を括っていたら、どっこい「超」を越える、スペシャリストの集まりであった。全てのシーンが、不可抗力を覗いてはテイクワンで、完結!小生の割り込み撮影も容認!さらに気配りをしていただき、ロスとストレスが皆無。世界のS社のE氏の推薦が、巨大な楯となっていることが、途中で発覚!なーんだ(笑)。

ただし。スタンスを変えることは無い。やりたい放題やって、大満足の撮影になった。

自転車の町、堺はとっても魅力的な町だと再認識!土曜日は電動アシストレンタサイクルで、取材撮影を進行!初体験、電動アシストバイシクルの感動的「魅力」はどっかで、お話したい。これも人類の革命に違いない!(つづく)。

PS

くいだおれ大阪!堺魚市場は美味満載元気いっぱい!街角には大阪のおばちゃんの店が、さりげなくのれんを下げて、男達を癒してくれる!たこやき、お好み焼き、焼きそば、おでん、串揚げなどなど。最高!堺の町がどんどん好きになって行く!歴史と文化を人情がささえる町「堺」紀行でありました。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-24 23:49
話は週末の鈴鹿サーキットまで、さかのぼる?
土曜日は快晴で、風も爽やか!マトリックス2012年春スペシャルの開幕!ニューアングルもばっちりで、ストレス無く無事終了。二日目の日曜日はデンジャラスだった。8時間エンデューロは、コースレコードに近いペースで、展開された!路面が前面改修舗装が、完成した影響か?特にスリリングなのが、ヘアピン。さらにデグナーの切り込み、仕上はダンロップコーナーからS字コーナー、2Rである。なぜ、デンジャラスかというと「自走「バイクからの左手シャッターで、撮影をやっている。前で、落車されたら、最悪エスケープゾーンへ逃げるんだけれど、芝生かサンドトラップかゼブラゾーンなんで、違う「最悪」が、待っている?ふっとぶか?転倒である。で、大集団まっただなかで、自転車と同じように流れてゆく。それも右手のアクセルワークだけで(笑)。

24-70と14-24,70-200のボディーをセットして、状況にあわせて、持ちかえて撮影するんだけれど。左手の手のひらにボディーを乗せて、縦位置シャッターボタンを左手人差し指で、切る!そんなアクロバチックな撮影を還暦前にやっている(笑)。60歳前の老人なんで、一年後くらいに「遅れて」筋肉痛がやってくる?

メリットもある?自走だからロードレースのように肩と肩を触れ合いながら、近づける?

楽しみもある。スタート直前に「頑張るぞー!」と気勢を上げる「お約束」カットを撮影するんだけれど。台本に無い「トーク」をかまして、選手から笑いをとってしまい、主催者のマトリックス、安原昌弘監督の開会式トークをセンスと内容で、上回った(笑)。

調子こいてたら、スタート10秒前のコール!慌てて、脚立から飛び降り、バイクに飛び乗り、フルスロットルでエスケープした、、、。

写真はプログラム、マトリックスのWebに満載されてますので、ご覧下さい?では、秋スペシャルで、会いましょう。

で、月曜日のロケが待ってるんで、徹夜で画像セレクトを完了させて納品。金環日食に始まった「朝」は、睡眠不足で、徒歩、バス、電車、電車と乗り継ぎ「堺」に立っていた、、、(つづく)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-24 11:43
DVD作成のつづきなんだけれど?6枚目までは、記憶が
あったが、少しの睡眠?の末?目覚めたら?最後をセットして眠る予定だったのに、7枚目を作らずに眠ってしまっていた。で、一か八かで、セットしたら、最後はフルデハナク、DVDの容量の半分!ただし、本日はバス電車の移動、、、。で、機材を担いで走ったら、なんと。天気予報では見えないはずの「日食」が、雲間に「現れた!」。慌てて、望遠ズームをセットして、撮影に入る(笑)。乗遅れるか?世紀の一瞬に立ち会うか?葛藤とランニングを繰り返す、、、。

で、金環食の時は電車の窓越しで、あったが、興奮度は150%(笑)。

にわか天体写真家が、車内には「あふれ」知らない人たちの「輪」が、ひろがる!雲がフィルターになり、パーフェクトの展開に大満足。撮れるとは思っていなかったので、感激もひとしお!神様仏様に感謝!

で、今宵は、風呂上りに体重計に乗ったんだけれど。なんと90.6kgを記録、、、。うー(泣)。全然、へっとりゃせんのだなmこれが、、、。どげんかせんといかんばい!?

でだ。5月も後半、、、。酷使しているD3のAFが、病気になった、、、。いままでに経験シタコトノ無い「現象」が発生、、、。サービスに助け舟を求めた。修理が続く「機材」なんだけれど。プロの現場では、5年の償却予定も「そこまで」辿り着かない、きょうこのごろ、、、、

仕事はTV番組とのコラボレーション!著名なタレントの撮影がメイン!名所、旧跡、匠の博物館、美味たべあるきなどなど。中々、久しぶりのシナリオにめっちゃ楽しい!

それにしても。眠い、眠たい、眠りたい、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-21 23:44
画像処理の日程を入れずにと言うか。スケジュールを把握
せずに仕事を入れてしまったんで、一番辛い日曜日の夜に夜なべする始末(泣)。最低な徹夜になっちまったぜ!DVD7枚作成現在進行形、、、。昨日の撮影で、まったく「新しい」パターンのAFの故障を体験した。デジカメはまだまだ、わからんコトが多すぎる。

ここ一週間。風景写真家をやれてなくて、当然。画像処理も風景にはいっさい手を触れず。少々、フラストレーションが溜まってきた。

で、かなりの感覚で?もー限界?半分寝ながら、やるしかない?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-21 02:26
フィルムならば。設定したコトが、イレギュラーすることは無い
デジカメはいろんな時にイレギュラーする。電気信号の宿命である。まず、ブレル、流れる、滲む、被る。最悪はピントが飛ぶ、データが飛ぶ、シャッターが飛ぶ、、、。何年かに一回は必ず「機材」を地面に落とす。で、めでたく「還暦」を前にその回数が、片手を越えた。

午後は自転車雑誌のロケを近くで、終了。雷がなってきたんで、「お茶」せずに解散。

500と70-200を片付け。自転車で、散歩がてら、美味いもんを探索?鯛焼き、串揚げ、ころっけをゲット。ところどころで「声」をかけられ、日食写真のレクチャー?小生。残念ながら、日食は撮らない。

帰還して、画像を3箇所に電送。宅急便をひとつ送る。

で、泡盛を飲み始め?訳がわからなくなり「とにかく体がだるい、重い」。呑み過ぎた、、、。で、深夜になって、酒が抜け、快調になった。アホまるだし、、、。さらに、湯船に栓をせずに「湯」を溜めていると思い込み、炊飯器の米をセットして、電源を入れず、、、。

要、介護になったのか?

パソコンの画面も八方美人になっていて、作品にまとめて「世の中」に送り出すには、バリエーションが足りない。時間をゆっくりとかけて、のんびりと足してゆこう。

で、最新鋭デジカメのメリットデメリットが、見えてきた。全てのセクションのコラボレーションが、最高水準にたっしてこそ、最高のパフォーマンスを発揮する。ただし、もっとも重要なのは、ヒューマンパワーであるに違いない。

暦は、小満、芒種、入梅と進み。6月21日が、夏至である。暦と伊勢の四季自然の色彩は、かなり「ずれ」があるけれど。まあ、春夏秋冬をたっぷりと楽しめる。ただし、いつになったらデジカメに生命を吹き込めるんだろうと「葛藤」を繰り返し、一生は終えたくない。フィルムに出来て、デジカメがなしえてないのが、それ、、、。

現在、酔っ払ってはおりません。はい!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-18 01:54