四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2012年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧
我が家の神棚に飾る「花」が、伊勢市内にここ、しばらく無くて?
困っていた。おとなりの玉城(たまき)まで、サイクリングがてら、昼前から「ペダル」を回した。あいにくの強風で、見渡す限りの田畑なんで、さえぎるモノも無く。個人TTの図となった。さすがに500とかはきついんで、70-200一本勝負で、走り出していた。ギヤを駆使して、がんばってるんだけれど?重いギヤも軽いギヤも「感覚的」にさほど、スピードの差を感じられず?なら、軽いのをくるくる回したほうが、俄然「楽」である。帰路がそのまま、追い風とは、かぎらないからな(笑)。スタミナ温存作戦で行こう?

目的地は「あぐり」。いわゆる、地産地消のメッカである。地元の「食材」の宝庫。で、大浴場もある。車で30分の所なんだけれど。3時間以上かかった(笑)。向かい風のせいではなくて。水田の風景が絶景だった。伊勢には無い、スケールがあって、宮川の大水系が潤す、田畑や里山の光景は、四季自然風景の「宝庫」に違いない。で、激写激写の連続で、予定に無い「撮影」をたっぷりと敢行した。

まあ、自転車だったんで、499カットに納まった。

背中のリュックには、地場産直の数々を詰め込んで、帰還。旬のタケノコの入った「散らし寿司」を夕飯用に買った。大好きな煮込みしいたけも入っている。さんま寿司も欲しかったが、リュックが満杯で、断念。

併設する「食道」で、にゅう麺定食をいただく。ご飯、にゅう麺、つけもの、野菜の天婦羅。にゅう麺にはここの名物の豚肉もふた切れ入っていて、美味しかった!天婦羅も上げたてで、塩をかけて、これも美味しくいただく。次回はしゃぶしゃぶにしよう(笑)。

作品作りは、本来「世界遺産」「風光明媚な風景の観光写真」「寺社仏閣」「歴史的なまつり」の予定だったのに?脱線、横道、道草のあげく。まったく関係ない「農業写真」のジャンルにのめりこんでしまっている?むりやり、結びつけるとするならば?玉城の地は、熊野街道と参宮街道が、出会う「城下町」である。サイクリングには、最高のロケーションなんで、あります。ハイ、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-11 01:26
ハワイの土産を届けがてら、市内を野暮用で、3件。
クルージング。ちかごろ、めっきり車を使わなくなった。出っ張った「腹」のせいだ。正直言うと「女性陣」の声に後押しされている。昔は精悍で、かっこよかったのに。で、その昔にも戻る術は無く。どー転んだって、それは無理。そーゆーことではなくて。じっさい「かろやかに」歩きたいのが、本音。すけべこころは「微塵」もなく、女はめんどくさい(いや、失礼!)。ただし、メタボをご指摘いただいたコトに大感謝!

20kgのバーベルに機材の重量を足せば、算数のできない「小生」にも、体に悪いコトは十二分に理解する。

で、帰還して「料理」となって、リクエストはパスタ。これが、なかなか「難関」で、イタリーフルセットの具材のため。字が読めるはずも無く。雰囲気と感覚で、葉っぱから唐辛子から、ビネガーから「手当たり次第」チョイスして、最後はミックスになり。湯で具合までの「素」の味は美味だった「麺」も、ソースを仕上て、からめたら?激辛になっていた。ぺペロンチーノの最後のひとふり、ふたふりが、原因か?ともあれ、ベースはなんだったのか? 

夜の部のお仕事は?相変わらずの作品作りで、神宮林の中を流れる、五十鈴川の新緑の川辺をアート。作業に入るが、NEFからのゼロスタートで、画像が600カット!ソフトの進化で、随分「時間短縮」されたとは言え、たっぷりと時間をついやす。これが、まだまだ、全く慣れない。暗室作業は、楽しかった話は、前にも書いた。パソコン作業は、どーも好きになれない、、、。

ただし、雑念を捨て、もくもくと進むしかない。カットいくらだと「自分」に言い聞かせ、進む(笑)。

通常、ワンクール300カット程度が、モチベーションを保つのにも適正なんだけれど。清流、五十鈴川の風景があまりにも、神々しくて、倍のカット数になった。で、次のテーマが、神々の森といきものたち。それは、さらにカット数が、伸びる。

街中では見かけなくなった「ミカドアゲハ」の乱舞と出会う。良く見ると、熊蜂、みつばち、あげは、名も知らぬちょうちょなど。楽園と遭遇!神宮林と五十鈴川の恵をたっぷりと激写。もう、こうなると?つぎからつぎで?止まらない?人間が歩く速度の旅が良い。止めればさらに見えてくるモノがある。伊勢はまさに「美まし国」である。


 
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-10 00:00
ちかごろ。伊勢「五十鈴川」中流から上流域をトレースしている。
新緑の頃は「虫など」も「まだ?」大丈夫とたかをくくり、いちおう「キンチョール」は持参したものの「甘く」考えていて、血染めになった。いつ?食いつかれたかわからないまま「痒くなり」血の「玉」が、できた。1っ箇所2箇所で、騒ぐ話では無いが、首筋にくっつて来たり、数箇所に及ぶと「発狂」寸前に陥る(笑)。

ただし、これを「許容」できなければ、風景写真家は勤まらない。

本日は往復15km程度で、剣峠までは、到達できなかったが、いつも例年、自転車や車では、スルーしている「エリア」を熟撮できた。何十年も接している見慣れた風景のつもりではあったが、いまは「目的」が違う。発見の連続で、驚きと感動に満ち満ちている。で、見るモノ見るモノ「連写」してるんで、こんどは「左肩」が痛い。選手時代のように整骨院やらマッサージに通った方が、いいくらい「汗」している「きょうこのごろ」。

膝も普通の生活レベルでは「完治」した感じだ。

で、気が付けば。最高のパターンで、四季が一巡。順次、リリースできれば。そろそろ、風景写真家の末席に到達か?

自然界は今、恋の季節真っ只中で、絵になりやすい。6月になると佳境にはいるが「森」の緑も濃くなり、太陽光線が届きにくくなり、生き物たちを見つけるのに「双眼鏡」も必須アイテムになる。で、小枝や葉っぱが、入り乱れる「樹幹」では、AFもお手上げで、MFの技術に加え、予知能力と体力と集中力と最後「運」を試される(笑)。

で、夕方に帰還したものの。風呂につかって、疲労をほぐし、炊き込みご飯と濃い目の味噌汁を美味しく「いただいたら?」布団へ直行。落ちるように眠り込み。さきほど「復帰」。メールを確認しながら、かたやバックアップなどのあいまに「ブログ」、、、。とんでもない生活なんだろうけれど。気分は最高(笑)。

写真が売れますように(合掌!)
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-09 02:10
晴れ間と降雨の波状パターンを昨日、今日と体験している。
風景も短時間で、激変するんで、見る見る内にシャッターチャンスが生まれ、失せる。徒歩であるがゆえに出会い、逃す。その繰り返し。ついついきょろきょろしてしまい「どっちつかず」のパターンに陥り、はまる「悪循環」をなんとかふりはらい「集中」と「リラックス」の「平常心」に。

スポーツフォトで鍛え上げた「究極」のAF設定が、風景写真の変化に実は「対応」出来ない!なんと言うコトか?最強最速最高だと信じていた「設定」が、ここへ来て、脆く崩れ去った(泣)。人生は甘くない(笑)。フィルム機では「不可能」と思い込んでいたコトが、実はデジカメでは可能になっていたコトは。前にも書いた。人間はときに勘違いと思い込みで、失敗を繰り返す。逃したシャッターチャンスが、脳裏を駆け巡る(笑)。

なんにつけても「自然界」は人間の手に負える「対象」ではなく、調子こかずに「謙虚」に。

で、気が付けば。週末のスポーツフォトなんかと「同じ」か、それ以上にシャッターを切っている「風景写真」の今日この頃で、それがしかも「RAW」である所が、凄い。カメラのストレスを考えれば、予備のボディーを確実にサポートしとかないと、大変なコトになる。

GWの久々のまつりでも、2時間で1500カット切っていて、いまだ。セレクトはおろか、画像処理にかかれてない。で、新たな「ライフワーク」となった、伊勢の森と川辺、水辺の四季自然と生き物たちは、徒歩「ゼロ分」で、ロケーションが、拡がり、始まるから撮りたい放題なんで、気分転換に「散歩」ならぬ「散撮」を数年前から、続けている。で、徒歩で、野暮用から買い物、ランチタイムとまさに「老人の彷徨」にちがいない。で、人目もはばからず、場違いなところでもでっかい機材を背負って、入っていったり、買い物したりしてるんで、少々めだっている。奇人変人に違いない(笑)。

これが、まさに「健康的」で、お仲間もそれなりに出来て、楽しい。

永遠のテーマが、20kgほど「溜め込んだ」メタボーくんをどーしようか?長年の不摂生の積み重ねなんで、ちょっとやそっとでは?本日もたんぼのあぜ道で、おっとどっこいしょ?をやって、脚をくじきそうになるが、なんとか踏ん張った。早く、体重をおとさんと、やっぱり「まずい」。

で、夜食は冷やしぜんざいにしろくまアイスクリーム!そもそも。夜食と言う、セクションをやめないといけない。ただし、これは止められない止まらない。生活習慣病とはよく言ったもんだ(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-07 23:55
野鳥が朝を教える!人間にはその「能力」はない。気が付けば、
星の数が、めっきり減って、薄明が始まり、色彩が、もどっていた。14%も大きい満月も去り、体内時計の持ち合わせていない人間にも朝焼けを見せる。さすがにこの一連の撮影には、三脚のお世話になる(笑)。

ここでもまた、デジカメは見たことの無い「風景」を写し出し、感動をプレゼントしてくれる。

風景が躍動する!寒暖の差と夜露のせいで、機材は普通の何倍も酷使される。日々、感謝しながらシャッターを切る。ひとつ、撮影で「開眼」した。見えなかったモノが見えてくる「心」の目もあるとき、目覚める。いろんな人の「言葉」でも、目覚めさせられる。聴く耳を持たなくても「聞こえてくる」まるで、天の声と出会うことも。求めて求めえられないモノと求めて求めえられるモノがある。ただし、それも身分相応にしないと、失せものが多くなる(笑)。

自然に接していると「五感」が、研ぎ澄まされる!じつにすばらしいコトだ。風景の何気ない変化に感動し、喜び、ときに涙さえ覚える。ちっぽけな人間を感じた時に人は、成長する。日々の旅が、まるで「祈り」になってきた(笑)。二十四節気が、教えてくれる。

小生の体内時計は、腹がモーレツに減ったと「とき」を告げた(笑)。早く起きた朝は。味噌汁にご飯だな、これが、一番。で、昼まで?寝る?そんな、生活がある(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-07 05:10
撮影なんだけれど。あまり欲張らないようにと「思う」んだけど。
いざ、シャッターを切り始めると。押さえが利かない?これは、デジカメの性能に依存するんで、仕方ない(笑)。本日は二見夫婦岩の神事。猿田彦神社。この上も無い、まさに五月晴れの超快晴!とんでもなく、高精細、高彩度の画像になった。久しぶりにS巨匠に出会い、ジョークをかまされた?あれっ?そんな「きゃら」だったっけ?

こんな日は、冷たいアイスコーヒーとコーラが美味い!で、アイスクリームはしろくま!

野兎3号女子に声をかけられる。その後、FM2をカシャン「音」を立て、撮影していた。かっこいい。還暦を越えて、今なお「妖艶」なT女子からも声をかけられるが、太ったんでわからんかったと言われ。ショック!?まだまだ、増殖してるらしい?自分ではよーわからん?

で、夕食は。ごはん特盛りにホタテバター香草焼き、ステーキ、サラダ、コーラ、コーヒー、水。

自殺行為に等しい?

で、明日。納品のDVDを3枚仕上たら、本日の仕事は終了!

本日は「立夏」。伊勢界隈の二十四節気が、順調に撮影を刻んでいる。

お田植え祭もデジタルで撮影ができて、ストック完了である。桃山絵巻の無形文化財である。1500カット近くをさて?どーする?

で、そろそろ?夜食に時間である(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-05 23:08
ふと考えると?JPEGをざっくざっくとレタッチしているのと、
RAWをじっくりではあるが、こちこちやってるのと。作業効率とかパソコンにむかう基本的時間になんら「差」の無いことに気付く(笑)。JPEGの大量のカット数を延々、さばく方が、ある意味「単純」な作業で、頭を使うコトもなく「楽」かもしれない?どっちもゴミ捕りが大変なんだけれど。RAWからはなにかと「シビア」な作業で、心身疲労困憊する。

昨晩は、ホタルのひかりを聴きながら、食料品を買いだめる「ついで」に「夜なべ」のツマミも物色した。タイミング良く、刺身の値引きが「底」になっていて、大好きな「白身」が残っていた。肉の値引きに好みは無く、値札どおりのを2パック買って、GW6日までを食いつなぐ。ホタテは、5日のパスタ用。

昨夜は、泡盛「残波」をロックで、ちびちびの筈が、ごくごく飲って、朝から「体」が、重い。ただし、気分は爽快!アルコール依存症になっちまったか?で、夢の中にU巨匠が登場。久しぶりにご一緒できた。夢とは不思議な空間だ。

で、朝から。鼻がむずむずで、ティッシュでは「間に合わん」ので、トイレットペーパーを傍らに置いて、鼻をかんでいる(無)。どうも、低温、高湿度の傾向があると「鼻」に来る。パソコンにピックアップされた「作品」予備軍は、今年の「伊勢」の春を中心に、山と河川で、2テーマ。歴史を1テーマで、5月のミッションへアプローチする。

本日。よく晴れた!中学生からやってきた「気象通報」の読みが、当たった。快晴だ!気象予報士の机上論より「自分」の「感」の方が、良い。自分の行動は自分で責任を負うと言う意味。

で、機材は欲張らずに「絞る」。そう、徹底的に。もう、軽く「平均点」は取りに行かない。自分の中の100点満点をめざす。そうすることにより、更なる100点満点が、生まれる。努力は自分を裏切らない。そこは個性の追求である。オンリーワンは偶然と必然のコラボレーションから生まれる。それは「人間性」にも「依存」する。

それにしても、二日酔いとちゃーうか?腹が減ってきたんで、二日酔いでもないか?早めの「らんち」にするか(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-05 09:35
今年のGWは、大渋滞にまったく関係ない日々を送っている!
撮影は四苦八苦だが、そんなにサクサク撮れたら、ぎゃくにつまらない。それと、どーしてもスケジュールがうまくないないのが、黒潮の回廊の「鯨」である。5月いっぱいが、鯨船の期限。最終チャーター便と年間契約のスケジュールがどんぴしゃ!?んーん、、、。

で、Nikonの500を手持ち撮影で、振り回してるんで、ますます上半身がパワフルになり、ぶち切れた膝もよほどのことが無い限り、違和感を感じないくらい完治に近い。人間の再生力には、あらためて感謝感激!

ちかごろは風景写真にも三脚は使わない。天体写真も地面なんかに固定して撮る。最新のデジカメのなせる業である。これもNikkorにNが付いてから、次元が激変した!色彩、解像力、コントラストなど。印刷やWEBでの色調再現能力は、まさに革命的だ!

だから、素材がたまりまくる一方で、画像セレクトも追いつかない。で、数年前のRAWを拾い出し、新作と交互に作業している現状がある。レタッチなどの外注も考えたが、責任を持って、最後までやりきりたいんで、やめた。そんなコトをいってるから、儲からん(笑)。

好きでのめりこんだ趣味なんで、最後まで、いわゆる生涯学習というコトになる。どうしても欲しいとこころから念じた自転車は小学校2年の時である。一眼レフは6年。天体望遠鏡は中学生一年。その時の情熱が、消えないまま今に至る。で、行き着く先は「喰えない」プロの道で今、もがいている(笑)。

明日。どうやって喰っていこう?で、立って歩ける内になんとかしとこう?なんくるないさ?

PS。
さっき電話があって、Kカメラマンが富士スピードウェイから帰還するらしい。で、明日。ウエディングの撮影を頼んであるんで、大丈夫?プロフェッショナルという名の責任は重い。

閑話休題!

気圧配置は快晴なんだけれど。等圧線が緩んでるんで、強風、雷雨注意報となる。新緑が、里から山へと移動する。小生のミッションは紀伊山系が、6月はメインになる。原始の風景の中で、野鳥、動植物の宝庫であり、最も四季の変化を感じさせてくれる。そこは太古からの霊場でもある。人、自然、魂の回廊であるに違いない真っ只中で、シャッターを切れる喜びを満喫する。汗をいっぱい流せてこそ、快適であると知る!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-04 20:32
洗濯物を乾かしている間に朝熊山を少し歩く。いや、登る。
500と70-200で、伊勢神宮林真っ只中をアート。この道を別名「岳道」と呼び、神仏習合時代には、伊勢神宮の奥の院として、参られた、およそ8km先の山頂付近に今も、存在する、金剛証寺へとつづく。石の地蔵様の丁石が、切れ目無くつづき、ハイカーが、たえない。山頂は伊勢志摩国立公園の最高峰で、昔ながらに言うと、東海14州を見渡せる。伊勢湾越しに富士山、日本アルプス、御岳、鈴鹿、大台ケ原などの遠望が、きく。

朝陽、夕陽、星空が、すばらしい。

めずらしい夏鳥が、そろそろ、東南アジアから、子育てに渡ってくる。アサギマダラも通過する。大型の動物も生息し、まさに大自然の宝庫である。

洗濯物を干したのが、中途半端な時間だったので、微妙な乾き方だ。で、風も強いし、乾いているんで、日も長くなったことだし、もうすこし、放置(笑)。

風が止んだら、夜は久々に星空でも撮るか(笑)。

で、そんなすばらしい環境もひとつだけネックがあって、伊勢神宮界隈の町は、17時で、閉店。徒歩での外食は、ほぼ皆無になる。で、自転車となるが、かったるい。その辺だけ、町の暮らしが、うらやましい、、、。

そろそろ?洗濯物?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-03 17:55
豪雨の強風の「大気」が一気に去り、東シナ海の高気圧から、
快晴の「大気」が、いっきに強風涼風を運んできた!身もこころも「一気」に解放たれた!気分爽快!で、今から、一気に洗濯物を干す。季節は新緑、つつじ、藤、、、。青い空大好き「じじい」の写真が、高彩度で「冴え渡る」、、、。自分で言うのもなんなんだけど。大好評、高評価をいただいている「ジャンル」である。

本年度からは「特定」された、クライアントへの供給ではなく。販売管理は一社にして、そっから「全世界」へ「発進」するシステムに全ジャンル変更する。自由自在にアートして、世の中に役に立ち、求めてくれる全ての人たちに喜ばれる「写真家」になりたい(笑)。

で、受注スタイルは「極力」撤廃する。

自己資金で、フリースタイルが、一番一番(笑)。

好きな時に動けると言うコトは、最高の瞬間に出会える確立が、増大すると言うことだ。写真とは「生命の1滴」に他ならない。

そうそう、まずは。洗濯を完了せネバ(笑)、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-05-03 14:56