四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2012年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧
赤道直下のマレーシアチームにして、この暑さは、
クレイジーと言わしめたサウナよりも「蒸し暑い」真っ只中の炎天下の8耐が、終わった翌日。さわやかな乾いた空気の灼熱の真夏がやってきた。で、台風も接近!海の風景が伊勢志摩、熊野は最高なんだけれど。納品作業に追われて、撮影にでられない「葛藤」は、体力を使いきるより、辛い?

で、昨日、今日で。最高の夏は終わった、、、。

まあ、それも「人生」。目の前に有るものが全て、パーフェクトにこなせないからこそ、頑張る意欲も湧いてくる。

ところが、慣れが思わぬ失敗を繰り返させる。プロとしての基本を忘れるコトがアル。年齢のせいかも知れない部分もあるが、気合が足りないだけのコト。真剣味にかけるから、失敗がある。

絶賛と賞賛と信頼を得て、プロと言える。

いかなる条件下でも平然と平常心で、闘える「人間」に到達出来て無い「未熟さ」を思い知る。プロは与えられた条件の中で、最大の努力をする。当たり前のことだ。

さて。
ロンドンの女子サッカーなでしこJAPANに感動を貰おう!

8耐画像、納品準備(祝)完了!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-31 21:50
猛暑が延々と続きにつづく!で、日に日に最高気温を
記録更新する最中。2012年コカコーラゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレースの幕が切って下ろされ、睡眠時間平均2時間の「死闘」の週末がなんとか?(祝)完了!これにはオリンピックのTV観戦やらも重なり、超睡眠不足に陥ったワケで、週明けはよってもろもろのデスクワークに追われる、、、。

週末の撮影の現場なんだけれど。汗ので方が半端じゃなくて、ぽたぽたと滴だる「様」は熱中症への目に見える「カウントダウン」でもあった。胃は幸い丈夫なんで、喰い続け(笑)。ただし、腸はよるトシナミノの所為で?弱ってきている今日この頃、、、。それでも水分補給をかかすと「生命」の危険をモロに感じる。で、コカコーラ、水、アクエリアス、アミノ酸、ローヤルゼリー、塩アメ、栄養ドリンクなどなど。ローテーションを保って、補給!

8耐ウイークで、記憶にあるだけで、数度「思考回路」が、落ちた。最悪がプレスルームで幸いだったが、決勝中で、完全に落ちた(笑)。

で、現在。デスクワークなのに?日付がまたまた替わる?気も正直抜けていて、さて?8月もスケジュールがいっぱいになり、灼熱の地獄のアウトドア撮影が、つづく。

ただし、8耐の極限を体感し乗り越えた「体」と「心」に8月の暑さと熱さは、もう、どおってこたあない(笑)。

7月最後の一日もデスクワークで、8月も上旬のウイークデーもめいっぱい続きそう?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-31 00:49
全国放送で、伊勢市の名が!気温が35度を超えて、話題に!
確かに暑かった!よりによって、エアコンを失った「車」は辛い!出かける時に自転車のロードなみの図になった。ボトルに氷をたっぷり入れて、水とスポーツドリンクで、給水。薬局で売っている、補給用のビスケットをかじりながら、ビタミンやミネラル、アミノ酸などを補給(笑)。まだ、自転車の方が良い。ダイレクトに空冷で走れるから。本日は料理写真撮影なんで、機材も多く、合板まで、積んでるんで、自転車ってワケにはさすがにゆかない。

走る棺おけと化した「車」の中は2時間で、氷を失い、ボトルが「湯」になった頃、津でのミッションを完了させ、鈴鹿へ。鈴鹿ではどんどん、水分を失い「最悪」の状態で、撮影を続けた、、、。

さて。夕食は天国で、じっくりゆっくりとバイキングを楽しむ!これも撮影なんだけれど。仕事10%の食事90%かな(笑)。で、栄養と英気を養い?充電たっぷりの伊勢への帰還とあいなって、小便に向かったら、なんと「錆び色!」では無いか!血尿に近い!ちょっとびびったが、けっこう「コーラ」をがぶ飲みしてたんで、さらにアップルジュースも。

で、今。無色の水分を自転車のボトルに氷を入れ、給水している。

次の小便が「錆び色」だったら、どーしよう?

昨日のコスチュームはハワイのお土産のアロハシャツ。行く先々で話題の的?で、8耐前に真っ黒なんで、なんで、そんなに黒いのよ!とこれも行き先々で話題の的。8耐が終わって、生きてたら?
さらに黒くなる。あんたん家の父ちゃん、仕事なにやってんの?そーゆー会話が見えてくる(笑)。

生きてたらな?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-26 00:57
今、泡盛で水分補給しながら、レタッチをやっている?
睡眠不足のほろ酔いは?持久力に欠けるが、脳ミソが余分なコトを考えないんで、仕事の効率はいがいに良くて、ストレスを感じない(笑)。先ずは伊勢志摩国立公園の二見から仕上ていて、順番がぐちゃぐちゃになっている。観光的戦略から行くと間違ってなくて、売れ筋から埋めてゆくのもプロとしては、おろそかに出来ない。次の撮影の交通費を稼がないと動けない、、、。

泡盛は安上がりで良い。氷水をかきんこきん云わせて呑む。最高である。ところが、ツマミが無くて徒歩10分のサークルKへ行くかどうか?葛藤している(笑)。

伊勢の田舎の山間に住んでいる。音が何も無くて。エアコンの風の音だけが、辺りを支配する。中部国際空港(セントレア)も超不景気らしくて、夜行便がぜんぜん飛ばない。開港当初の勢いは全く無くて、伊勢からのアクセスがどんどん悪化して、大変な移動を強いられる。

だんだん酒が効いてきて。ほろ酔い気分?

もーそろそろ?寝る気分?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-24 23:42
目を1時間「つむった」だけで、夜明け前に車に機材を
積み込んだ。いがいに眠くないのは、近頃の生活のリズムのおかげ。で、規則正しいリズムも、今朝で吹っ飛んだ(笑)。目的地は車で20分ほどの二見が浦。日に日にカメラマンの人数が減り、本日はらしき人が一人だけ。静かで良い(笑)。二見夫婦岩「百景」とまではユカナクテもそれに近い、アングルを残せてきた。本日は最終の仕上の日になった?

b0169522_884598.jpg


太陽と夫婦岩の中間の伊勢湾洋上に富士山を写しこめば、ミッションは完了するんだけれど。陽が昇ると富士山は黄金色の空に消える。梅雨明けに期待するが、そうはうまくコトは運ばない。

b0169522_8131464.jpg


6時前まで格闘するが、空と空気は「梅雨」から抜けきっておらず、湿気が高い。で、目的の空気感と色彩は今だ、梅雨色?カラッと雲ひとつ無い快晴にならないと「小生」の期待する「四季彩」には届かない。

b0169522_8175621.jpg


死ぬ気で頑張れば?7月エンドまで、お後「3日」は通える?ただし、8耐中に倒れたら?しゃれにならない、、、。先ほど、朝ごはんをおいしく頂き、トマトジュースにスポーツドリンクを補給。本日の一日は限りなく、長くなりそうだ(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-24 08:28
マックルームの蛍光灯が2本も切れた!さすがに予告も無く
切れたので、予定を変更だ。モニタの色がつかめないからだ。近頃、問題も多い。またまた「十数年前」のデジカメ状態になっていて、各デジカメの個体差に泣く。性能が各段に上がったのと「口うるさい」プロたちの影響もあるんだろう?おかしな「色目」の最新デジカメの色合わせにはうんざりだ。で、撮影の傍らにマクベス、グレー、工業規格のチャートを切って、24色張り合わせた「自作」のカラースケールまで。それでも「完璧」にはコントロールできない。最後は自分の「見た目」を信じる。それが「個性」なんであるが、ときたま「クレーム」が来るが、チャート③連発で、こっちのモニタは完璧だよって、言い切れる。

で、さらにマックの環境では限りなく100%に近いコントロールが出来上がる。

デジタル最前線は機材のスペックとカードのスペックとフォトグラファーのスキルがスタート地点を決める。そのスタート地点ですでに「仕事」の99%は決まっていると云える。残りの1%が運で、これが「人生」を大きく左右する。運も実力の内とはよく言ったもんで、その仕上の1%は絶対的である。

プロフェッショナルの現場には「魔物」が住んでいる。小生はこの「魔物」が、大好きだ。努力していると「ほんの少し」扉を開けてくれる?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-24 00:34
非常にリラックスしながら、パソコンに向かっている。
事実は「脳ミソ」は半分寝ながらである。実に集中力と根気と持久力が失せていた。気力は余程でないと湧かない。朝から、失敗している。まず、ジャスコ伊勢へ買い物を兼ねて、ついでに銀行へも出かけた。何時もなら、カメラを肩になんだけれど。本日はフィーリングが湧かず、手ぶらで出かけたのが、失敗の元。手ぶらで炎天下を歩いている「図」は、単なる「老人」の徘徊?

真夏の出会いを7テーマほど「取り逃がし」なんともったいないコトを。

で、神宮界隈の空と森は梅雨の風景そのもので、頭から北は雲ひとつ無い「快晴!」。伊勢の天気は真っ二つに分かれていた。で、小生の行動範囲は、炎天下の方向にあった。水田の稲が随分と背丈を増し、川辺の巨木からは「くまぜみ」の合掌が夏本番を告げていた。

正午前に一応、納品画像を仕上た。水曜日に納品すれば良いんで、けっこうなアドバンテージを持った。水曜日は久々に料理撮影が入っている。8耐ウイークとは思えない「静けさ」を覚えながら、体力をさらに回復させている。今年の夏は実力を十二分に発揮できる「タイムスケジュール」になっていて、自信を持ってアート出切る環境をセッティングしていただいた。8耐のスタートは見たことも無い「アングル」を叩き出す「ミッション」のオーダーを受けた。

8耐も下準備としてはプレスセンターの席とロッカーのベストポジションを確保して、いかに効率よく「動けるか?」も重要なファクターになる。

で、撮影なんだけれど。特定のメーカーをクローズアップするような「指示」は無く。鈴鹿の仕事はあらゆる意味で」世界基準」なのである。それがゆえに「聖地」と呼ばれる由縁でもある。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-23 23:25
マックルームだけはエアコンを入れて、扇風機までモニタに
当てている。14のフォルダにセレクトされた「テーマ」がネーミングされて、確定した。それにエクセルを連動させ、本データと閲覧用JPEG画像を作成、完成させる。この夏はビッグイベントが目白押しで、その間は世界中がある意味「止まる」ので、そこをねらって「作品」をガンガン仕上て、秋風が吹き、世間が落ち着いた頃に「完全原稿」にして、リリースする。ようやくローテーションが見えてきた。我慢の夏である。さらに新規撮影も焦るコトナク取りこめそうで、いろんなコトも見えてきた。体力もなんとか戻ってきた。志摩市和具の祭りはDVDで7枚に収まった。今から、焼くんだけれど。どちらも何年か振りかの晴天で、色目も雰囲気も最高に撮れた。自画自賛(笑)。

海辺も楽しい。

b0169522_15205018.jpg


お食事タイムがあって、その「ひととき」は人間の存在なんて関係ない?お互いが無視できる「関係」が築けたら、至近距離を越えてくる?ただし、この夏。伊勢の森でトラブルがあったTVクルーが近付きすぎて、さんこうちょうが営巣を放棄した。明らかに至近距離でストレスを与え続けた。その現場を何回か目撃したが、因果関係はわからないが、人間関係までもめにもめた。お互いが無視できない「雰囲気」は誰にでも一目瞭然。それが解らなければ、撮影してはいけない。

b0169522_15334286.jpg


b0169522_1536166.jpg


b0169522_15381368.jpg


b0169522_15393271.jpg


ただし。海辺では?最後は人間の方が無視できなってくる。彼らは音も無く、すざまじいパワーで、人間の食事を横取りしようと四六時中企んでいると見たほうが無難。で、ランチタイムものんびりと海辺では楽しめない(笑)。伊勢志摩の海辺、ときおり、はやぶさやコウノトリも現れる。東紀州では大型のワシも飛翔する。出会いはつねに偶然なんだけれど。目が合うと、見つかっちまったぜって「顔」をする。

ただし、最初は天空のまさに「点」から、始まる。

出会いがしらは風景写真のアングルを探しているときに起こる。別に野鳥にのめりこんでいるわけでは無い(言い訳その①)。ただし、動いているモノには無条件で反射する「きょうこのごろ」、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-22 16:04
本日も曇天。重労働も無く、ただし。プレッシャーはガンガンかかる
仕事に追われている。全然進まない「苛立ち」と葛藤しながら、一歩ずつと言い聞かせる、、、。天気予報では週明けから太陽が顔を出すみたいで、鈴鹿8時間耐久世界選手権ウイークはまさに「真夏」の祭典となる。心身120%で望む!昨日、駐車PASSを含む書類が届いた。メディアセンター受付で、正式PASSと交換する。オフィシャルカメラマンの一員として職務は重責を担う。Nikonのプロサポートを完璧に受けられるので、機材のメンテナンスはストレスフリー。Nikonがメインだが、Canonは800ミリF5.6も過去に使用した。Nikonが800ミリをリリースすれば、100%Nikkorで、勝負する。

ここしばらく。自転車に乗れてない。ホイールを破損して、修理に出せてない。自転車での汗も健康には大事。小生は複合的にスポーツを組み合わせて「心身」のリラックスを図る。

週明けは少しずつ「助走」しながら、週末に向かって「全力疾走」になる。24時間耐久レースが、一週間続く!で、今年を乗り切れば、来年がある。ところが、8月。よさこい系のオファーがは入り、S-GT1000km耐久、シマノ鈴鹿ロードと続く!9月も残暑の中のイベントがあり、10月はF-1日本GPにWTTC(世界ツーリングカー選手権)、バイク全日本などなど。そうこうしていると、
2012年もカレンダー上は年末が見えてくる(笑)。

で、平日を中心に四季自然、風景写真、祭りなどが来年の5月まで「目白押し」。これだけやっても収入と支出がアンバランスで、正直「ギャラ」と相談しながら、やるしかない。

デジタルカメラ最前線の出費はますます止まらない?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-22 08:16
極限の猛暑の中の撮影をこなした。その後、曇天がつづき、
しかも涼しい。天はまだまだ「味方」してくれている。どうにかこうにかそのおかげで「疲労」も少しずつ少しずつ取れて入るだろういけれど?集中力は続かず、画像処理も進まない、、、。食欲は旺盛で、それが「頼み」の綱。人生初の松葉杖体験から、無理無茶を止めた。自分の体のバランスを制御できない「年齢」の壁。これは素直に認めないといかん。ピンポイントの筋肉痛は3日目には消えた。筋肉痛の原因は超望遠の手持ち撮影。もう、ひとつ。手持ち撮影のデメリットがある。瞬時のアングル決定の水平垂直が出ないコトがまま、ある。風景写真の傾きは意図しない限り、致命傷になる。夜明け前の撮影は三脚を3本設置して、さらに1脚と手持ち撮影をセレクションする。今の季節。傍らには蚊取り線香にスプレー缶の殺虫剤も。で、ここ十年以上アシスタントは使っていない。結局は自分の分身でもない限り、リアルタイムな意思疎通は不可能なんである。で、自分で動ける範囲で、努力するコトになる。

1テラのパーテーションを切って作業してたら「バックアップ」があっという間に無くなって、容量不足と出た(笑)。なんとも大変な時代になってきた。1クライアントにPCを一台。そこへバックアップ用のHDを最低で、2台セットしないと「仕事」が安心して進めない時代になった。

チームを組むデジタルフォトグラファーもしかり、幸い、関西、名古屋にはスペシャリストが存在して、ストレスフリーである。月一回はジョイントするんで、伊勢の田舎にいても「うらしまたろう」になることも無く快適。人脈は大切である。

で、人生の最前線から引退をする「還暦」と言う節目は、人間関係と仕事をセレクションする「時期」が来たという時間軸との葛藤?

それは相手に左右されるのではなく、自分自身との闘いで、生み出されるものになる。ただし、車のエアコンは壊れたままで夏を突き進む(笑)。この夏を熱中症にもならず、生き残れたならば?きっと違う「明日」が開けるだろうと思う。で、大問題は、勘違いした大の大人の会話の中で、うなずいている「馬鹿な」自分からも抜け出したい。あんがい、これが「人生」の永遠で最大のテーマであったりして?(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-07-21 23:51