四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2012年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ずっと雨なし入道雲なし天気(猛暑晴れ)が続くと言っていた天気予報。
言った矢先に雨が続きそう(笑)。運だけで何とか消化できている往生際の悪い小生の撮影スケジュールが大きく狂う?ピンポイントでセーフの自転車専門誌のロケも危ういし、その後のまつりの撮影も雨ならばモクロミが崩れる。

ベッドサイドのスペシャルPCサイトは快適で、休憩、睡眠、食事と一箇所で済む。ぐーたらべえと名前を変えたほうがいいかもなあ(笑)。効率は抜群で、もう一台マックを連動させようと目論んでいる。

伊勢志摩の風景写真が処理OKとなったが、今の季節の追加撮影が欲しくなり、保留。もうここまで来たら焦ってもしかたない。とことん納得行くまで、タイミングと条件を待つことに。つまらん仕事をいくら残してもそれは結果としてプロフェッショナルの定義に反する。

どう考えても、事故も病気も無くてもプロ生活はお後10年程度。70歳を向かえる。若いつもりでいたらいつの間にかそーなっていた(笑)。まさか70歳で超望遠レンズを振り回せるワケも無く。サンニッパに落として、80歳までやるか?まあ、冗談は止めて、スケジュールを確認して、寝るとしよう。

そうそう、来年は自転車レースに幾つか復帰する。もちろん撮影だけれど。旅と風景写真をくっつける。で、どっちがメインだって話なんだけれど。まあ、どーなることやら、、、。自転車道中膝栗毛?単行本でも出そうかと考えている(笑)。先にシーカヤックの旅の単行本をを出してしまったんで、写真と自転車もまとめるコトに。気が付けば、妙なスイッチが入っていて、頭に無かった写真集も企んでいる。

なんか時代遅れの紙媒体に郷愁を感じる今日この頃?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-30 01:45
コオロギにつづき、ツクツクボウシが窓の近くで鳴いた!
秋風も台風の影響を少し含んではいるが吹き続け、風景は秋色。先ほど、音が変わったと思ったら大粒の雨が降ってきた。週末までの真夏日が遙か遠い過去の出来事のように。ボケ老人の体内時計は記憶も含めて危うい(笑)。まあええか(笑)。

b0169522_0211746.jpg


週末のシマノ鈴鹿ロードレース。スプーンカーブの二日間。小生を熱中症から守ってくれたコースサイドの自家製ベースキャンプ。刺すように痛く熱い直射日光から守ってくれたパラソル二本バージョン。人一人を十二分にカバーしてくれた。チラッと日なたに見える2リッターのペットボトルは飲料水ではなく、太陽の直射で程よくお湯になって、顔や体の汗を流す、シャワー代わり(笑)。これで汗を流すと爽快になるのだ(笑)。

ここをベースにしたんで、ほとんど休憩を取らずに撮影に集中できた。

国際ロード終了後に役員各位からお声掛けいただく。乗ってきますか?ありがたいコトだ。感謝感激!徒歩10分の西コースパドックにパジェロをデポしてあるむね伝え頭を下げた。

で、只今。伊勢志摩の風景を仕上ている。

先日までの作業は効率とスピードと確実性が要求された。本日は丁寧に根気良く、丹精になおかつ、ローパスフィルター上に付着したゴーストのような淡いゴミを見落とさない集中力が要求される。老眼には辛い作業で、いまだ老眼鏡を用意できなくて、ここでも結局疲労困憊(笑)。

節目の還暦で路線を絞る。今までは自分の為の人生だったが、還暦を機に人のためにとテーマを変える。

撮影も真夏の風景をもっと撮影したかったのだけれど。正直、体力と精神力が持たなかった。無念である。この冬に体を改良して、リベンジである。

で、秋は。喰って、呑んで、寝る。その理想に届くのか?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-29 01:32
昨日。夕方、少し余裕を持ってクロネコ便へ。片道徒歩15分ほどの
散歩で往復30分。おはらい町や五十鈴川界隈を寄り道する。食べ歩き呑み歩きを繰り返す。その延長が五十鈴川をさかのぼり神宮林へ続く、旧五ヵ所街道散策。剣峠往復30km~40kmをセレクトする。今は7月に巣立ったアカショウビンの雛が成長になって、南の国へ旅立つ準備に居る。

里山はどんどん色づいて秋色が日に日に深く濃くなってきた。

陽が落ちると秋の虫の鳴き声がこれも日に日に大きくなってきている。水場には野鳥はもちろん頻繁に現れる。至近距離の視界に飛び込んで来たでっかいオニヤンマと遭遇。よほど喉がかわいていたんだろうか。かなり躊躇した挙句距離を取った。

夕方の納品が終わってから、久々に風景写真のフォルダを開く。

旧東海道、関宿。初期撮影が5月なんで、8月までの新規撮影を加えて、4ヶ月かけて319カットのNEFをセレクトしTIFで仕上げ、ゴミ取りとコントラスト、色彩調整を完了させた。次は祭りなどを加えたい。

次に控えているのが伊勢志摩、波切大王崎を仕上る。ここは春夏秋冬被写体にことかかない。

新規撮影は秋は夕暮れ。食欲の秋。満月のある風景。
ただし、秋は毒蛇にすずめばちにとキケンも多い。運のみで掻い潜って、撮るしかない。

早く寝ないとイケナイと思いつつ、夜更かし現在進行形(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-28 00:49
週末の集大成!?DVDの作成に入るもマックが、
オーバーヒート?エアコンを1度下げ、扇風機を強にして冷やす?なんとか弾かれずに一枚目が完成!冷やしの効果があったかは定かではない。DVDを開いて、画像を読み出し、チェック完了!全品検査で発送納品する。全部で4枚の作業。書き込みエラーで弾かれるとショックが体を駆け巡り、脳ミソへのダメージも大きい。

クロネコ便は19時までとなっているが、ときおりイレギュラーするので出切るだけ早く届けるのが鉄則。納期遅れはプロ失格。

ところがまたまた弾かれた(泣)。急いでいる時に限って起こるこのミステリー。二打数一安打である。三打席目アウト。野球で言えばトリプルプレーになった気分である。だめもとで再起動してみる。大容量を最速で展開してるから無理も無いか?次のマックは強力みたいだけれど。現行を5年間使わないとモトが取れない?

がんばってくれー!?

週末の補給食の残りを作業中に延々とおやつに喰っている。カメラマン仲間から焼肉パーティーのお誘いがあったが、台風の影響の大気の不安定さと南国の色彩の空と土用波の風景写真にも奔走するので、月末まで身動きできない。せっかくセットしていただいた地元の雑誌舎のロケもお受けでき無かった。文化的な仕事だったので残念。

四打数2安打!五打席目に入った(不安がいっぱい)。

補給食を喰うにも限界がある(笑)。当然だ、撮影中の現場では食事は基本的にはゆっくりと取れない。で、急いだら喰えるのか?答えはノーだ。よくこんな体に悪い職業を選んだものか?若いときならヘッチャラだったが年寄りに突入した今は応える。

五打数三安打!願いがかなって猛打賞である。

次なるは最終打席に四安打目なるか?ファイナルカウントダウンである。完成されて出て来いDVD。ほっとして睡魔が襲ってきた。時間的猶予は出来たが集荷予約の時間帯が過ぎている。届けるコトになる。眠気覚ましの老人のお散歩の図。

さて、夕飯は何にする?それも最重要課題である。

油断は出来ないけれど。なんとか弾かれずに進んでいる。最後の関門は検証に入った最初のゾーン。ここを通過すれば、九分九厘完成する。なんでこんな思いをしながらDVDを作らんといかんのか?便利な時代のストレスは体に悪い。昔の仕事は気合一発でコト足りた。

全速前進でフルスロットルでかろうじてぶら下がっていられる笑えない時代のデジタル最前線と云うところか?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-27 17:36
初秋の強烈な陽射しは肌に射るように熱く痛い!日陰の無い
スプーンカーブで週末二日間の死闘!完了!初日はスプーンへ到着がいろんな事情で1時間遅れて、その時点で疲労困憊。何で、こうも毎日大変な目にあわんといかんのか?自問自答する。で、西コースから入ってコース上は自転車が走ってるんで、エスケープゾーンをカメラバッグにクーラーボックス2ケ(朝食、補給食、水分、昼食、栄養ドリンク各種など)、着替えやらタオルやら備品満載のカゴ、2リッターの保冷給水ボトル3ケ、汗を拭くのに2リッターのボトル3ケ、パラソル2本セットなど。台車に満載して、押して向かった。で、鈴鹿はずっと芝生ゾーンで、バイク、フォーミュラ、ハコの轍が隠れていて、耕耘機状態で全身を使って押した。息はあがり、汗は滝のように流れた。

これが、土曜日。

さすがに学習して日曜日はAM6:15の試走の前にコースインして、オンコースを押して歩いた。台車を押したフォトグラファーは多分suzuka の歴史初?

撮影は海外最高カテゴリー(ルマン、インディなど)のモータースポーツを撮影している巨匠2名を含むエキスパート5名のチーム。で、2時間撮影して1時間休憩のスケジュールで臨むことになった。それでも8月の下旬のコースサイドで2時間シャッターを押しっぱなしは厳しく過酷で、限界を超える(笑)。2時間と云えば、マラソンに匹敵する。休憩1時間も汗を流し、着替え、クールダウンしていれば、短い。エアコンの部屋でゆったり体を伸ばせば別だけど。現実は屋外のサーキットのエスケープゾーンの灼熱地帯で蚊や蟻の猛攻もある。タイヤバリアにはハチが巣をかけて、今が一番デンジャラス!

それでも二日間、湿気は無く、初秋の風も吹き続け、8耐やPokkaから比べれば、人間が生息できる環境ではあった?

一番の涼風はシマノのN氏から氷とドリンクを差し入れていただいたコト。大感謝!

ただし、二日間の手持ち撮影と徒歩の移動で、心身ばきばきのがたがた、、、。昨晩、帰還してシャワーも風呂も入らず、エアコンをフル回転の部屋でベッドに落ちた(笑)。TVでヴェルタが放映されていてゴールまで十数キロの解説が聞こえていたが、それもその辺から記憶が飛んだ。くたくたのはずなのに海外の自転車レースだけは本能的にスイッチが入る。で、それでも限界は超えた?

もう、年齢なんだからさー?

これからは仕事じゃなくて、趣味で出かけたい。そーすればコースサイドでワインを飲みながら楽しめる。そんな話を何年も前から自転車仲間としてるんだけれど。日々の生活費を稼ぐのに四苦八苦。

閑話休題?

連泊したホテルのエアコンが効かず、たっぷりと寝汗をかいて、気分は最悪。あげくの果てに髭剃りで鼻の下を数ミリも切ってしまい、でっかいカット版に血が滲んで怪しい状態。○○六郎にいたってはわざわざ撮影中にバイクを横づけして、一言。昨日の悪い所へ云ったのが出たんですか?もっと気の利いたジョークはないんかい?

で、さきほど。夢の中へ現実の世界から電話が入って、目覚めた(笑)。専門学校からで生徒が写真コンテストに応募するので、よろしくとのコト。たまには文化的な仕事でモチベーションが上がった。ただし、依然心身は回復の兆しは感じるものの回復には程遠く。

心身に鞭打って本日夕刻のクロネコ東京便に乗せる仕事がパソコンで飽和している。逆算すると目いっぱいだ!ぐわんばれ!

と、ゆーことで。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-27 10:34
太陽が昇れば。猛暑、酷暑、熱射、飽和状態の湿度の
真っ只中で、早朝から夕方まで連写するミッションが、展開される。あらゆることを想定して、望むんだけれど。行になるコトには違いない。まあ、救いは日本国内なんで、とゆーところだ。

食事と補給食を腐らさないように保管するのが、最重要課題。喰えて、呑んでれば、生きていられる【笑】。

シマノ鈴鹿ロードレースを定点撮影する。場所はスプーンカーブ。一日中、真夏の最後のもっとも陽射しが過酷な状況の中で、アートする。

これが、日曜日に国際ロードレースで佳境に入り、日本最大のロードレース真夏の祭典が展開される。自転車の個人ロードレースは今年初めてと言うちょっと淋しい話?まあ、それも今の自転車界の環境うんぬんか自分自身の情熱のなさなのか?どっちもどっち。どっかでブレーキがかかってしまっている。

先ほどTVで、アームストロングの輝かしいツールの勲章が剥奪されるような報道があった。

人間がこれほど1日に長く闘う競技は他に無く。さらに究極は2週間3週間の総合タイムで、チャンピオンが決定する筆舌に尽くし難いドラマを見せる。あえて言うならば、良いとは云わないが、ドーピング云々の話は、プロスポーツの生命をかけた極限の闘いの中で、何を食ってはいかん、呑んではいかんと言う結論に達するような気がする。これは生命維持の根源にかかわる大問題だ。医療行為が必須であろうレベルの中で、シロクロが本当の意味で出せるのか?素人にはわからん?

この競技の過酷さがドーピング問題とも闘わなくてはいけない、永遠のテーマナノかも知れない?

猛暑日の中で摂取する栄養ドリンクや錠剤の類なんだけれど。全てではないが、アスリートが飲んで検査を受ければ「クロ」なんてえモノも存在する。

ものの考え方にはひとそれぞれの考え方があり、個人差がある。オリンピックが盛り上がったタイミングでの報道にスポーツが面白くなくなってゆく気持ちを抑えることができない自分がいて、ステージもレベルもまったく違うけれど。

スポーツフォトを仕事として割り切るか否か。葛藤までは達していないが、市民スポーツの頂点にプロスポーツがあるとするならば、頭が重いと感じる今日この頃となる。

睡眠不足の頭で考えるコトではないか?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-25 00:58
予定どうり寝てれば良いのに?貯水槽が満タンになって、
起きた?DVDも最後から2枚目に書き込みエラーが出て、止めた。で、寝てしまったんでちょうどいいと言えば良いが、やってられん(渇!)。バーゲン品を買った自分の自業自得。基本的には学習能力が無く、再三再四痛い目にあっても修正できない。で、最後の一枚にこぎつけたけれど?書き込みエラーには違う原因もある。なんかのはずみで、まれに画像にロックがかかる。で、干渉して、パスワードを打ち込んだりしないと作業が進まなくなり、止まる事もある。デジタルはまだまだ「なぞ」が多く、アナログ人間には、永遠の宿題がつきまとう?ちょっとしたことなんだろうけれど。イエスかノーかなんで。限りなくグレーな生き方の小生には本当のところ、相性は良くない。

こんなんで、良くやってられるとつくづく思う。

最後の1枚になったDVDなんだけれど。確実に仕上たいので、X2速まで落とした(笑)。これでだめだったら?救いようが無い、、、。二度寝するとろくなことは無いんで、頑張って起きてることにする。脳ミソと目は寝てるけど。部分的には起きてる?からまあ、いいか?

てのは、冗談ですわー。あっはっは、、、。どっかで聞いた話である。懐かしい!みんなどーしてるかなあ?

やっぱり、もう一眠りすることにする(笑)、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-23 08:25
夏ばてもせずに「猛暑」を乗り切った?夕方に吹く風が、秋
ソノモノ。気圧配置が不安定で、不気味な雲間の晴れ間に三日月がかがやく。凌ぎやすいんで、延々パソコンに向かったは良いが、時計を見て、がっくり(笑)。明日がまたまた、思いやられる。連日の料理撮影がつづく。セットの移動で、体力を使い果たす。けっこうこれが辛い。夜食は日清の肉うどんどん兵衛。実に旨い季節に入った。ただし、今宵の水道水が薬っぽい。がっくり、、、。

3時までには寝たい。起床は9時。6時間も寝れる。

で、週末のシマノ鈴鹿ロードに突入!

夜の部のお仕事はNikon D3X の画像と闘っている!じつにもの凄い画像である。大量の光量があるドピーカンの風景写真は圧巻で、露光をアンダーに撮影時に限界まで持ってゆくんだけれど「諧調」が途切れず、ピントの山は100%チェックでもギンギンに残っていて、並行してD3の画像とも闘ってるんだけれど。D4とD800の画像よりもどっちかと言うと「好き」だ。

ネーミングはどーなるかは知らんけれど。D5なるものが待ち遠しい(笑)。そこいら辺で、Nikonの答えが出てきそうだ?期待したい!

さらに並行して、いつものルーティンのDVDを焼いている(笑)。何枚になるのかは今だ不明?おやつは地元の銘菓。ブランカのロンド カシュカシュ。自転車ロードの選手時代にこれがあったら、小生の成績は随分違ったに違いない。写真と原材料は後日紹介したい。ドリンクはオンザロックで、ダカラのグリーン。栄養ドリンクを1本。これにビタミンのドリンクを飲むか思案中?食後には珈琲も呑んでるんで、スタミナが途切れない。

目標の3時がこくこくと近ずく。

ベッドの至近距離にパソコンを持ってきた。倒れたら寝る。起きたらキーボードに向かう。そんなとんでもない環境を1セット作ってしまった(笑)。メインは27インチマックデスクトップ、サブにダイナブックノートPC。脇をPX-5500とEP-804Aのプリンタが固める。壁に日本地図、本棚に道路地図。電話2回線に携帯が1機。

洗濯物も部屋干しの衣食住ぷらす新時代のアトリエで四季彩をアートする。

で、徹夜が実によく似合う。受験生に戻った気分だが、深夜放送の気分ではなく、そろそろ?限界?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-23 02:55
里海へのアプローチ。海もまた、生命のゆりかご。
ただし、とんでもないキケンも隣り合わせ。とりあえず、シュノーケリングと箱眼鏡で、学習する。さいわい、ご幼少の頃から、川で鍛えてたんで、海への対応もまず、問題は無く。シーカヤックへの装備もフィッシングまでは考えたが、水中写真までは頭が廻らず。それくらい、旅が充実していたと言うコト。ただし、じっくり考えるとなんてモッタイナイ(笑)。

b0169522_23595025.jpg


磯の潮溜まりには沢山の生き物がうごめく。海藻、貝、魚、蛸、かに、ウニなど数え切れない。これは楽しい!どこの海でも感動がいっぱいだ。

b0169522_043742.jpg


難題はおぼつかなくなった足元で、街の平坦で慣らされた足には悪路や磯のランダムな地表を拾い感じバランスを司る能力は皆無に等しい。様々な方向からかかる負荷へのパワーが無い。さいわい自転車で鍛えた?足首は同年代の老人達よりはアドバンテージは遙かに高い。それも体重オーバーで、いかがなモノか?

水に入れば、浮力は倍増だが、流れと風の影響で、それもマイナス要素で、アドバンテージにならない。海は浅瀬でも時にサメのキケンも大きい。

一番の大問題はこれ以上の機材の増加と相反する重量と体積。デジタル撮影は、フットワークを維持する為に体力に依存する。悩みは尽きない。

世間はカメラマンが不足してるみたいで、ここのところ要請がかさなる。ただし、新規クライアントはもう、受注は無理で、逆に還暦なんで、セレクトをかけてリタイアしたいジャンルも正直アル。
さらにプロカメラマンでは無いセクションから撮影のウエーブも起こっており、アドバイスを求められる今日この頃。これも難しい課題山済みで、正直予算と人材をかけないと無理。

さて、本日は?夜食抜きで寝る!なんと健康な!

それでも、日付は越えてるぜ(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-22 00:31
背中に筋肉痛が残っていて、600F4を本能のおもむくままに、
直感的に振り回したツケが残っている。まあ、本当にバランス良く作ってくれたものだ。ついつい?ひょいと持ってしまう、、、。で、それには?理由がある。最近まで、自宅にベンチプレスを置いていて、45kgにセットして、びしばし上半身を鍛えていたが、体を壊すとイケナイので10kgのダンベルに落とした。で、かろうじて800Fゴーロクまで振り回せる体にはなっている。

花火の撮影で、久々に三脚を使った。花火は手持ちでも撮影できるけれど、長時間露光の古典的撮影にも味がある。ただし、ビジータイムのイライラを久々に体感。花火は複数台数で闘わんといかん。

またまたバーゲン品のDVDがエラーで弾かれた。くそー睡眠不足にうわのせだ。お後、1枚まで来てこれだ(怒)。再セットして、焼きこみ速度を半分に落とす。もーやけくそだ(笑)。

伊勢界隈、2テーマ。伊勢志摩界隈3テーマ、以上5テーマの作品を仕上た。

この内、何カットが採用されリリースされるのかは神のみぞ知る。

オー!DVD完成!TDKばんざーい!

沢山売れますように(合掌)。

消灯、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-08-21 02:08