四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2012年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧
どっちにしたって台風に向かって戻るんだからと、
美味しい朝食バイキングを夕食のように喰らい、飲む。で、快適な一人部屋で、チェックアウトぎりぎりまで二度寝に入った。アラームをチェックして驚く。今朝のタイマーがセットされてなくて、それでも仲間のコールに助けられ、結局はレースが中止でコトは仕事放棄に至らず(笑)。仕事の無くなった開放感と安堵感でぐっすり眠れるなんて、考えモンだな、、、。

で、二度目の目覚めは一日ってこんなに長かったんだ?余裕で目覚めた朝は、太陽が雲間に合って台風の影響はそれくらい。ホテル前の守らなくて良いのか守るのか?変則な信号を左折したら、直ぐ東名IC。来た時も右折レーンが無いのに右折するとホテルのパーキング。まあ、深く考えないコトにする。

休日は例によって、高速を走ってはいけないレベルのドライバーが出没する。走らないといけない事情はさて置き、あきらかに事故を誘発させる要因に違いない。無茶なドライバーとワケのわからない自覚のないドライバーの違いは歴然ではあるが、結果として高速道路では重大なコトになる。離れるのが得策。それしかない、、、。でも右に左に何台もの車の進路とスピードを混乱させ、テールツーノーズで後続を従えて、次のICを降りて言った。けっこう交通量があり、ホットしたのは云うまでも無い。

ぽつりぽつりの雨は来るが、風もいつもよりは強いかな?そんなレベルなんで、台風は本当に向かってくるんだろうかというレベル?

で、東名をクリア。湾岸に入る。見下ろせばシーバスの絶好のポイントが目白押し!非常に強い台風とか雨台風とか世間が騒いでなければ、筋肉痛になるぐらいルアーを投げたかったが、大潮の海にはまったら笑いモンじゃ済まされないんで止めた。一番の大きな要因はライフジャケットが車に無くて(泣)。やはり、いかなる仕事先でも遊び道具は常に積載が必須。まだまだ修行が足りん(笑)。

で、湾岸から東名阪に入ったら、マナーが突然悪くなる。新名神レーンで佳境に入る。事故が絶えないはずだ。まあ。ひとそれぞれ急ぐ事情はあるのも理解はできるが?

まあ、そんなコトが伊勢道に入ってぶっ飛んだ!集中豪雨が突然襲来!フルパワーワイパーにリアワイパーも作動させ、視界をキープしようとするも雨粒が大きく弾け、ドアミラーの視界が失せた。ペースダウンの車とハイペースの車がスクランブル。伊勢道は2車線なんで、デッドゾーンがあちこちで展開され、巻き込まれないスペースと追突されないスピードを確保するのに難儀する。

制限速度は50kmなんだけれど。

よーやく伊勢。運良く小雨で、機材をおろせた。その後も暴風雨を感じないまま、今宵はベッドで横になり、ホテルで貰った朝刊を読んでたら、熊本の直っちゃんから電話が入り、水曜日に伊勢に帰るらしい。すぐにF-1やないけえと云うと笑っていた。タフなヤツだ。

それにしても心身疲労の嵐と本物の嵐が襲来した9月下旬、最後の夜はもう、これ以上?更けるコトは無い(笑)。まだまだ食が細いままなんで、明日はゴールド免許更新3回目で、お祝いに鰻でも喰うか?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-30 21:13
9月下旬の日々は最悪が重なる。で、自問自答(黙想)。
腹をたてるから悪い方向へ連鎖する。腹を立てるってコトは本気の証なんだけれど。腹を立ててまっこう相手する意味と値打ちがあるのかと考えると、スパッと無言で切るのが良いと言う結論に。母がよく言ってたのがアホにかまうはよけアホや。

昨日は夕方までおかげ横丁をお散歩。進まぬ夕食を済ませ、伊勢道から東名阪、伊勢湾岸経由東名へとドライブ。この時間帯にしたのは東名阪名物、15km渋滞を少しでも回避したいからだ。湾岸は広い3車線なんで、混んでてもストレスは低い。豊田JCTから東名へは左車線で進路変更なしで、東名の見合付近までの3斜線区間の左レーンへ入れる。これはグッドアイデアなんだけれどいかにも無理しての3車線なんで、狭いし道路状態が悪すぎる。ラリーの路面みたいな振動が来る。渋滞緩和の最大最高の英断なんで、文句言っちゃあかん(詫び)。

で、深夜にルートイン豊川にチェックイン。ここの食事は美味しいんだけれど。事前のアポで本日休み。週末は団体が入るコトが多いみたいで、個人は相手にしてくれない。〆鯖と蛍烏賊が夢に出た(笑)。

おとなしくTVの台風情報を見て寝た。

早朝、目覚ましよりも早く携帯のメールがなった。本日の撮影でチームを組む名古屋のフォトグラファー氏からだった。大会の中止だった(泣)。前日からいろいろあって、結果が中止かよ。懸念されたことがこれも悪い方へと。この案件のどたばたはまだつづくんだろうなあ、、、。

帰路の話は次回、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-30 14:26
季節の変わり目に放浪されている?全ての面、
健康面、精神面など。やはり、人生の節目にあるんだと実感する。これからますます低下するであろう還暦からの人生を本気で、やりきるには淘汰せざるをえないモノも存在する。土曜日であるという日本の仕組みを朝から失念しており、それでも請求書の入った郵便を朝一で赤いポストに投函できた。おかげ横丁で切手を買った。招き猫まつりで観光客も週末とかさなって大勢出ていた。で、切手を買って、福引券をもらい、実はライターA氏の某FRの非カーボンの取材のときに食事をとったのが五十鈴茶屋で、てこね寿司と伊勢うどん定食?だったかな。そのときにも福引券をもらったのを思い出す。

で、昼から福引しにゆこうと企てた(笑)。

今朝からのお散歩タイムは収穫ありだな。清楚で可憐で素朴なお姉さんが封書の切手張りをさりげなくサポートしてくれたし。悪い事ばかりではない(笑)。今月はおかげ横丁のメインイベントのオフィシャルカメラマンのミッションを好評裡に完了させている。来年のポスターとリーフなどに写真は登場する。漢字表記で撮影者の名前を入れていただくのでうれしい。

イベント系でオフィシャルカメラをおおせつかるコトが多いけれど。自分ちだけで使用するだけで社会貢献を全く出来ないところもマレある。写真がないているぞ。イベントの頂点にあるF-1ではすべてのオファーに対応する仕組みが出来ており、個々にマネージメントされる。ただし、オフィシャルカメランとしてのFIAのパスコントロールがあるので、100%広報の管理下で動き把握される。自転車もモータースポーツも歴史と環境の時間軸がヨーロッパとは雲泥の差で、成熟した大人の文化を一般日本人に求めるのは時期ソウショウだとわかっていても情けなくなる時がアル。

閑話休題?

今朝から曇天だけど。昨日の快晴撮影日和に彼岸花の極楽浄土に入り込み、激写した。機材のアッセンブルは鬼門の超望遠にテレコンバーター。やっちまったぜと悔やむもあとのまつり。今朝の筋肉痛はこれか?朝食ははなよりだんごにフルーツヨーグルト、杏仁豆腐。飲み物はあらゆるモノを例によってちゃんぽん(笑)。

ひととき、遊んでから。週末のミッションに移動する。台風との饗宴を楽しむために機材を豪雨バージョンで武装!その昔、トライアスロンの世界選手権で小生のカメラだけシャッターを切れていて、生き残っていたという実績のフィードバックされた賜物。ただし、その時トップを追う上空のヘリコプタをチェイスしながらの撮影で、国際プレス氏を同上させながら車をドライブしてて、サンルーフ全開があだになり、空中と地上の風景がジョイントしてしまった。物損自損事故というヤツで。まーレースではよくある話だ。

トレイル(山道)ラン。

台風の中で、撮影するもんじゃ普通はありえない。フォトグラファーもサバイバル装備になる。

で、まな板の上の鯉になっている、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-29 11:37
夕飯を3回に分けて、健康時の定食を完食!?
糖分たっぷりのアイス珈琲、塩分たっぷりのトマトジュース、スポーツドリンク、ミネラルウォーター、CCレモン、牛乳、スタミナドリンクも流し込み、先ず喰って飲んで体力を回復させるエネルギーの原料を胃袋まで到達させた。アスリートの時からの定義があった。食え無いやつは勝てない。勝利の方程式だ。で、今。喰えたんで随分と回復した感触をおぼえている。まだまだ完治では無いが、明日の朝には絶好調の予感(めでたしめでたし)。

ところで、台風がおかしな動きだ。直っちゃんとM橋の伊勢の悪人が九州へ行ってるせいに違いない。で、このままだと肝心な日にこっちが直撃を喰らう感じだ。まあ、予報よりも東へ流れて最悪の影響は無しと見たのだが。

明日は外食で食事のバランスを調整だ。まあ、今年の夏も頑張りすぎたんでダウンしてしまったわけで、これぐらいで済んで本当に良かった。もう、年寄りなんで仕事もほどほどにと云うコトである。ゼロ泊2日はザラで、ゼロ泊3日なんてえのもあった。利益率もすこぶる悪くなる。そーゆー貢献はもうしなくて良いよともう一人の自分がつぶやく今日この頃で。小生もそれもそーだな、貢献されてるって気持ちも伝わってこないしなあ。普段はなにがなんでも仕事をすすめる方向で葛藤している二人の自分が逆の結論で、意気投合。

いかんいかん。体調不十分なのに夜更かししててはいかん。この生活習慣からの脱皮も必須だった。とゆーことで。消灯(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-28 00:52
本日も快晴が続き、風がすこし冷たくて、心地好い!
両サイドの窓を全開で、ドライブ。ただし、体調はゼッ不調で、やっとこせ立って歩ける状態?本年度最高峰のミッションの打合わせを終えて帰還。頂点を極めるこの仕事はたずさわる人間が超一流!その場にいるだけで、得るものは大きく多い。人間の放つオーラの次元が違うのだ!ここの人間の存在感を語る言葉が要らない。超一流と同じ空気の中で、出会えるのが現場である。生の音、空気感は魂を揺さぶる!

で、夕飯なんだけれど。スペシャルチキンライスに三重県地鶏の甘ガラ煮を作り始めたら、犬殿がやたら鼻を鳴らして督促してくる。人間と同じものを与えすぎると良くないと云う説もあるが、食べたいとアピールされればと、小生よりも先に食卓をととのえた。ツナ缶もトッピングして、大サービス。ご満悦である。こちらも嬉しくなってくる。小生と同じですっかり老犬の域に達してるんで、喰いたいモノをタイミングを見てと思っている。飼い主の手料理で意思の疎通も違ってくる。

人間の言葉を理解していて、犬語でちゃんと返事が来る。たまに抱きしめて、毛だらけになり、なめられて収拾がつかなくなる。

刈り取りの終わったたんぼはさぎなどの野鳥が乱舞して、彼岸花も咲き出し、絵巻物の世界になりつつある。一雨来た後の早朝や夕刻は残り柿の風景が背景になり、柿の木にはやまばとや野鳥が止まる。そうこうしているとじきに二十四節気の寒露を迎える。

秋祭りも各地で盛り上がる伊勢路である。被写体にことかかなくて、ただし。何年撮っても納得が行かなくて、Nikonの最新のテクノロジーにおんぶにだっこと決め込んだ。オート撮影が拾い出し、叩き出す画像はマニュアル露出の設定をする人間の能力を張るかに越えていると近頃ひしひしと感じている。マニュアルは3段階だがオートは無段階で被写体の色彩を演算する。

近頃、デジタルの露光に開眼した!Nikonの底力はまだまだ、眠ったままだ。引っ張り出すのもプロフェッショナルの個性に違いない。極限の限界域で、色彩が主張する瞬間があって、目の肥えた人たちが感動してくれている。間違いない、これからはこれだ!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-27 21:25
喉は快方に向かいつつあるが、ウイルスが脳へ達した?
今日は何も出来ないまま日付が変わりそうだ。依然として頭が痛くてけっこう重症で、ここ数年経験が無い症状で、油断してしまった。トレイルランの撮影指示も全く内容がなくて、現地で現場合わせするしかない。移動も4時間5時間強いられるんで、これもまた、いかがなものか?夜になって咳もぶり返してきた。最悪は重なる。なにもかもやる気が失せ、ちゃんこ鍋の煮えるのとごはんが炊き上がるのを待つ。喰って寝りゃあどーにかなるだろう(笑)。

台風が懸念されたが晴れ男健在!ひとつぐらい良いコトもなけりゃね。

で、ベッドで少し横になり、起きてはパソコンの繰り返しで、寝込むほど大変ではなく、横になると楽なんでそんなインターバルを繰り返していた。寝汗をかいてるんで、快方の方向に違いない。F-1日本GPの撮影の打ち合わせも控えてるんで、脳ミソはしっかりしとかんとあかん。ミッションの初日が誕生日で、F-1開催中に晴れて?還暦になる!一応ここまでキタコトヲめでたしめでたしとしよう、、、。

10月はもう一つ、世界選手権があって、脳ミソはしばらくインターナショナルで、小生の周りは馬鹿ばっかりなんで、しばらくは外国語の挨拶が飛び交う(笑)。ようやってると思う、ほんまに。

インターナショナルバージョンの名刺も出来上がったので、それにふさわしい仕事を残したい。何をどう撮ろうと言うのがあって、オーダー以外の意外性が小生の売りだと自画自賛。昨年はサンディスクのCFカードの不具合でびびった。最近、また同じ現象が出ている。そのカードも昨年の3分の1の価格になってたんで、クレームは却下しとこうかと思っている。クレームなのに対応が良くないからだ。

さて、そろそろ。ごはんにするか?

トッピングはピリ辛らっきょうにスペシャルキムチ。胃も多分弱ってんのに刺激物はいかがなものか?まあ、そんなんでへこたれてたら、フォトグラファーは務まらん、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-26 21:40
午前中地元経済新聞さんの取材を延々昼前まで受けて、
普段は取材する方なんだけれど、まれに逆がある。小生の生い立ちからプロになるまでと現在のストーリーがえらく受けてたみたいで。どんな記事になるのか楽しみだ(笑)。最後にF-1のメディアパスやコースサイドでの撮影用タバードなどもお見せして、カメラを構えたポーズを激写していただき無事完了。伊勢には小生よりもインターナショナルなF-1フォトグラファーがいるんで、小生なんかよりずっと若手で世界のサーキットを転戦しているのがいるからそっちにしましょう。と伝えたんだけど。先ずは小生と相成った。

ところで。季節の変わり目にすこぶる弱くて、体調を崩す。喉が変で、頭が痛くて微熱もある。エアコンにやられたんだけれど昨日から思わしくなくて。で、なんと週末はトレイルランで山の中(泣)。台風の影響が出たら、ずぶぬれ間違い無しで病院送りの談になる。月末は九州オートポリスでS-GTがあるんで、知り合いのカメラマンが近辺に不在となる。這ってでも撮影にむかうことになる。以前、東京八王子で撮影があって、這ってむかったコトがある。辛すぎる経験はもう沢山だ、、、。

あ~からだがおもいよ~。

直っちゃんはS-GTにJR九州の仕事をからめて昼過ぎに伊勢を出て行った。今日はもったいないぐらいの快晴で、週末の荒天が逆に予想できる。小生もスケジュールの調整ができてれば、山陰経由で同行するつもりだったけれど。9月がほどなく終わってしまう、、、。

すこし、横になって様子を見るとするか?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-26 16:34
例によって週末を向かえ、カメラマンが足りないらしい?
今晩、東京からの電話だったんで、てっきり撮影のオファーかと思いきや、はずれ。今宵は2週先まで。三重県はF-1からお祭りイベント、運動会、さらに大安吉日とカメラを持ってたらプロアマ関係なく引っ張りだこですよと答えた。問題は地方を把握して無くて、さらに現場を知らなさ過ぎる。この時期に今日明日に近い日取りで、カメラマンを探す神経を疑う。普通に考えても非礼極まりない!小生の現場では、真夏の鈴鹿8時間が終わると秋のイベントに合わせ予算を組んで、オファーをかけてくる。さらに三重県は結婚式場がカメラマンを確保していて、普段から週末はやりくりに奔走している。さらに地元に写真販売サイトが立ち上がってきていて、これもカメラマン不足。で、思い切ってここで書いてしまうと◎○◎が東京を逆転して久しい。大手広告代理店が格差をつけていた時代は今は昔の物語。デジタル最前線は機材も経験も時と場所を超越した!

あ~つかれる、、、。なんで、小生がこんなことを書かんといかんとですか?この手の電話とわかってたら、とらないんだけどな~。こーも毎週だと信頼関係もおかしくなるよな~?

で、今宵はすでに別件で疲労困憊していたのだ。長年ベッドの具合がしっくりこずにぐっすり眠れた感覚がなくて、どーしたモノかと朝が来るたびに思案していた。だいたい、石ころだらけの荒地にエアーマット一枚で、快眠するテント生活のほうが向いているのか?北欧の高級で超豪華なのは柔らかすぎて枕ととも沈みこむし、日本のはうたい文句とあきらかに違う。

多分それは年齢の所為か体型の所為か。そっちも大きいと思うし、長年の長望遠の手持ち撮影で、骨がずれてるかもしれない。還暦を機にすべてをメンテナンスする必要があるかもしれない。

他人の非礼もそうとして。自分の非礼を一つ、クリア。もうこの年齢で営業でもあるまいしと名刺を何年も持ってなくて、ちかごろ。まずいと思うようになった。人と人が礼を尽くす時、名乗り挨拶を交わす。名刺交換はもっとも日本的儀礼なのではと思うようになった。来年は伊勢神宮の式年遷宮を迎え、伊勢は活気付いている。伊勢をささえる人たちも若い世代が台頭し、そこへ偶然招かれた。名刺はいるよな~(笑)。

で、四季自然風景写真が大好評で、自分でも大きなウエーブを肌で、感じている。自分が感動した青い空に白い雲。波打つ浜辺のグラデーション。新緑の中をさえずり飛翔する森の妖精。漆黒の闇にほのかに明かりをそそぐ、満点の星。満月のゆらめき。太陽のゆがみ。日の出、日の入り。月もまた、同じ。人工の光無き楽園で見る天の川。光乱舞する渓流の水の流れ。そこに生きる生き物たちもまた、小宇宙の色彩をマトウ、、、。生命の不思議、、、。

それは太古からの光と影の饗宴!出ることのない答えを夢見て、写真家はレンズを向ける。それだけでも十二分なんである。自然界イコール1タス1は、2では無い!

ちっぽけで無駄なコトにつきあっている暇は無い(いや、失礼!)。小生に残された時間は少ない、ご容赦あれ、、、。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-25 23:31
両腕が特にぱんぱんで今だ乳酸が抜けてないのか?
年齢の所為か?60肩に60腕も問題で、若い頃にも腕が上がらないというか草野球で思いっきり投げられず肩がぬけたように力が入らなかった時期があり、使わない筋肉に神経は退化するのだと知る。今の現状は何時?ドッグ入りなんてえ限界に来てる気もするし。納品作業がリミットに時間を残して完了!しているのが救い。くろねこ便の集荷待ち!

眠いはだるいわで、しまりなく息だけしている。自転車でひと汗かけばすっきりするんだけれど。車輪のトラブルを修理してなくて、悔やむ。河内長野の三浦家に行って、修理してもらい、ツールド沖縄頑張れってエールを送り、酒でも呑んで帰ってくるのも手だ(笑)。

閑話休題?

夜に写真コンテストの審査員に呼ばれてるんで、それまでにはシャキっとしないとな?腹が減ったんで冷蔵庫のレトルト食品でごまかす?少し、仮眠した方が疲れがとれるかも?で、小生のような年齢は寝すぎると寝たきり老人状態に筋肉や神経が低下する。やっかいだ、、、。寝たら復活した若い頃がなつかしい(笑)。

秋晴れがいつしか曇天になっていて、野外は涼しさが増す。良い季候になったコトを誰ともなしに感謝する。こんな季節のひとときはのんびりと旅する場所が近場には多くあり、ありがたい。奈良、京都、滋賀水郷、地元伊勢志摩。味覚もまた最高の時、、、。その内牡蠣の季節になり、安乗ふぐも最高だ!

自転車をはやく直さねば、遊びに行けない。で、ミニベロは50~60kmのポタリングに最適で、時速10kmほどで、一日楽しむ。観光客の少ない時間帯にバス、電車、車で移動して、サイクリングする。片道50kmを越えると宿泊する。ほんまに来たんか!と絶賛と呆れ顔で迎えられるコトが多い。若い頃に200km~300kmはバイクペーサーで平均45~時に60km越えなんてえアクロバチックなコトもやってたんで、走行距離50~60kmなんてのはゆっくり走ってれば、立って歩ける内はどおってこたあない。

で、そのお言葉なんでありますが、もともとは。マトリックスの自転車イベントには立って歩ける内はカメラを持って出て来いと安原昌弘に言われている。それを引用した。春SP鈴鹿ではオフィシャルのポロシャツを返却したら安原昌弘の片腕?のおばはん?に洗って持っとけトイワレタ。ありがたいような、複雑な心境の今日この頃である。

さきほど。週末撮影分が、無事集荷された。めでたし、めでたし。夜まですこし、休もうか???
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-24 15:24
若い頃、オリンピック選手やその予備軍と寝食を共にした
ひとときがあって、けっこう長きに渡った。で、普段の言動を何気なく記憶していて、これはかけがえの無い財産で今も直、脈々と日々の指針になっている。弱い選手は無いものを数えてぐちる。人の中傷と弱みを語る。チャンピオンは自分の道は自分でつけてゆく。だからたった一人しか味わえないお立ち台のてっぺんに立つ。ここは風景が違う!近頃、カメラマン談義で、人や会社を中傷して、相槌を打っていて、これはいかんと自分が弱くなった時、それを思い出す。

本日。ポケットにコインが1100円ほど。仕事は午後からで、地元三重県営サンアリーナ。インドアである。秋雨がしとしと降っていた。昼食は廻る寿司より、高くて。カウンターの寿司よりは安価な寿司をゲット。さらにポケットからコインをかき出し、138円の2リットルのダカラを買った。撮影会場のロビーでゆっくり、名古屋のカメラマン氏と近況交換会話をしながらのんびり食べた。

氷を入れて、保冷ボトルを用意したのを自宅に忘れた。気のゆるみだ(渇っ)。

で、アリーナは水飲み機が常備されていて、ラッキー!

ただし、撮影が始まるとウエイトトレーニング状態になり、レースのように一方通行では無い被写体なんで、普段まれにしか使わないであろう筋肉をもフル動員してて、じきに汗ばむ。2~3分のインターバルで、14:00過ぎから16:00過ぎまで長望遠をフルスイング!!腕と肩がパンパンの乳酸満タン状態になり、肩を使って、呼吸もぜいぜいはあはあの態であった(情けねえ!)。

昨日のナゴヤドーム往復の労働基準法違反の長時間勤務に過労運転の疲労が残ってるのも要因?

プロフェッショナルフォトグラファーの一日は法的基準外なんである(笑)。自分で選んだ道である。オリンピック選手の練習を例えたら、コーチや監督、企業まで即、逮捕されるすさまじいレベルの労働になる。

チャンピオン達は愚痴らず、つねに前へと立ち向かってゆく!心の中の葛藤は別として。

で、カラになったポケットに手をつっこんで。月末の入金を首を長~くして待つ?フリーランスの生活はまっこと厳しい、きょうこのごろである、、、。VTR撮影の詳しい仕事の話はまたもや次回になる。デ、軽く話すと小生は幸い、駆け出しの頃、局の大型VTRもアルバイトカメラマンで長らく回しながら、スチールも撮ってたんで、今の時代の要請もなんら違和感は無くて、1台のボディーでの両刀使いになんら問題はさらになくて、待ってました!ッて、感じでホクソエンデイル。

これもまたまた、幸いにも。マッキントッシュユーザーなんで。ソフトも快適!

で、ハードディスクが足りなくなるし、パソコンも新設が無難だろうけれど。ポケットにコインも無い現実で、どーしましょう(笑)。まーなんくるないさ???
[PR]
by syashinkouboutabi | 2012-09-23 23:38