四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2015年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
8月も過ぎてゆく。何事も無かったかのように・・・
週末の撮影は土砂降りの中のミッションも有りで。S-GT鈴鹿1000km激闘!ただし、Nikonプロサービスの完璧な「前方、後方支援」が完璧で、究極、限界の条件の現場(撮影)を切り抜けた!大感謝です!で、モータースポーツ最前線のこれまた「現場」では、なんとNikonの200−500がお目見えして。画像まで、じっくり「検査?」できた。あれっ?オフレコ?でしたっけ?結論は「絶対」「買い」です!(笑)。で、ついでに。先々週、週末でも「この」「ズーム比」のレンズが大活躍(自転車の「某」国際ロードレースで)しておりました。

時代はフットワークとF5.6の明るさ?を制したプロフェッショナルが、生き残る!そう、実感した「瞬間」を幾度も味わいました(個人的独断と偏見による感想でありますが?)。そう、アングルが。撮影角度の多様途柔軟フル対応、撮影ポジション自由自在、程よいボケ味、完璧なコントラスト、グラデーション、解像感、色再現、ノイズなど。どれをとっても「仕事」を完璧に表現出来ると実感した。

で。真夏、残暑のミッションもこれで?完了?夏の陣?完了?・・・
それにしても。デジタルカメラ?なんでもありだなあ?写せないもの、撮れないものは「何も無い!」有り難きかな、有り難きかな(合掌!礼!)。

さて。ほんじつも?
この涼しさが、好い!

それにしても。昨晩と言い、土砂降りが多すぎる・・・。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-31 17:48
パソコンの環境が、最新になり「超快適!」
気分が全く違う。パソコンでの作業に向かうのが、待ち遠しくて楽しみな日々がつづく。それは撮影機材にも言える。11−24の超超広角ズームがリリースされ、200−500の超望遠ズームがつづく。ボディーも凄いことになってくるだろうことも予想できる。単焦点レンズも異次元の描写を魅せる!撮影のスタンス、テクニックまでもが、過去の踏襲を許さない!

そこへ「業界外」のアイテムとのコラボで、さらに撮影テクニックに幅が出来て、素晴らしい撮影結果が期待出来て、見えてくる。

秋なのか?冬なのか?NEWデジタルのリリース「待ち」である。

野生圏の「夜間撮影」なんかもセンサーでの一か八か?では無くて「可視」で、いけるスタンスが劇的に増えるに違いない。それと「距離」である。高感度領域がぐんぐんとクウォリティーをアップさせていて、感度のアップに伴う画像の品質の向上で、絞り込めるようになるし、ストロボ適正描写の距離が、2倍3倍となれば?超望遠とのコラボで、今まで写せなかった写らなかった「世界」を美しく描写できるようになる!

超高速シャッターからスローシャッターまでの「新世界!」が、ニューストロボで演出である。

これで、いただきだな(笑)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-27 02:09
ああ、なんて日だ!?台風が日本海へ抜けてから、
暴風雨になって。とんでもない「夜」になった。昨日午後もすべてで最悪で、それがずっと続いている。草木も眠る丑三つ時の出勤も出たには出たが。もう、そろそろ台風一過などと、たかを括ったのが、大間違いで。途中で、超集中豪雨に見舞われて、視界ゼロに。道路が川になり、普段水の無い谷筋から滝のように流れ出す。

のを目の当たりにして。さすがに前に進むのを止めて、Uターンした。自宅へ戻っても車からしばらく出られず・・・(泣)。

で、することも無くなり。がっくりで、さて「眠い」けれど。眠るのもなんだかなあ〜。せっかく撮影機材をフル充電してでかけたのに・・・。諦めきれない「往生際」の悪さは相変わらずで、こんなときは何をやってもロクなことは無いと頭では分かっているんだけれど。ああ〜起きてるのにもったいないとなる。

ちょっとした「スランプ」の入り口に嵌まり込むパターンに違いない。ただし、また「猛烈」に雨戸を叩く風雨にやっと、諦めが付いた。

さて。
眠るとするか?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-26 02:17
野生圏から帰還して。夜食と水分補給の後、
画像セレクトの内職を夜明けまで慣行!納期は午前中!やっとこせ仕上げた刻限には、すでに日の出も過ぎており、曇天の気味に明るさが分からず。で、伝送に入ったら、エラーが出た?まだ、クライアントは出勤していない刻限で、やきもきしながら?時刻の進むのを待つ内に朝食も済ませ連絡を入れる。

あの手この手のあげく。小生の知識の無さが露呈!またしても周りを巻き込み「ひと騒動」に朝のお忙しい時間帯を失わせてしまい・・・ただし、小生に取ってはそのかいあって、大収穫!マックのOS-Xが、バージョン10.8.5にアップグレードされたのとコラボしたOCN「隼」が、額面通りのパフォーマンスを発揮出来る環境になり、東京間を激走快走の巻となり、今までのパソコンの伝送時間はいったいなんだったのか?桁違いの超高速になったのを確認出来た「ひととき」でもあった。

またしてもデジタルの環境の進化を有り難く味わった!(大感謝)。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-25 17:15
伊勢悠久の森、野生圏へのアプローチ!
先週末の撮影で肘通になり、ただし。性懲りも無く、週明けの撮影は、例によって。夜な夜なの遭遇接近の巻で、デジカメの更なるポテンシャルのアップを待つのか?身体能力をアップ?させるのか?新たなるステージにのめり込んだ葛藤が始まった!

b0169522_8131231.jpg
b0169522_8125410.jpg
b0169522_8124156.jpg
b0169522_8122818.jpg
b0169522_8121570.jpg


ど真ん中へ「入り込んで」の撮影とあいなった。今の所、許容は?されているが、発情期までは「大丈夫」だと踏んで入るが、何分相手は「野生」なので、どんな「危険」が潜んでいるのか検討もつかない。

野生の毛並みは美しい!生命感がなんとも云えない!ただし、至近距離の写真には、大自然の摂理の傷跡が生々しい。鹿にとっても害虫は当然、存在するのだ。体にはダニをつけ、血を吸われた跡が幾つも有って、痛々しい。生きると云うことは、容易くは無いと知る。

b0169522_8355982.jpg


自然界の漆黒の闇の季節はすでに初秋。日々、成長してゆく今年生まれた「こどもたち」は、見るたびに逞しく育っていた。今年は食物が豊富らしく、まるまると太っている感じが、見て取れる。若い雄の鹿や瓜棒にも風格が出てきた。野生圏の生まれ育つ中で、四季が巡り、去ってゆく・・・。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-25 08:33
完璧では無いにしろ、疲労困憊が「疲労」と軽減。
気分も余裕で、先ほど。昨日の残りの「補給食」をおやつに朝夕の「薬」を飲んで、ルーティンを完了。安堵している自分が居る。ただし、それでも体重が減らん、ダイエット出来ない?心当たりはある。週末のホテル連泊で、連日のホルモン定食二人前!ブーである。自分で自分を愚かだと思うが、喰える内が「華」である。エネルギーをたっぷり補給して、エネルギーがみなぎらないと「写真家」は勤まらない(笑)。

TOPPOが、お後。1000kmほどで、オイル交換である。忘れないように「呪文」を唱えてから、エンジンに「火」を入れる。

デジカメボディーのバッテリーなんだけれど。使い切ったのが2本出たが、ごちゃ混ぜになってしまった。めんどうだなあ〜?まあ、撮影完了後の話なんで、まあええか・・・で、年末には?モンスターマシーンとスーパーレンズのアッセンブルになってる予定?鬼に金棒で全世界に作品リリースであると意気込んでいる。

写真家として。最高の環境に来た!日々是、感謝であります。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-24 18:32
なんだかんだ?云っても?結局は?
すげ〜「残暑」との闘い!?が、延々と日中は続く・・・(泣)。負け惜しみだが、夕方から日の出前までは、涼しい(笑)。で、作品作りが、夜な夜なの「徘徊」とあいなりますようで・・・今朝も日の出とともに「残暑」真っ只中で、週末の炎天下の手持ち撮影の筋肉痛も含めた「疲労困憊の「図」であった・・・で、それも思い起こせば?右ひじが痛くなるという「アンバランンス」なレンズセレクトでの撮影で。そうそう、200−500f5・6の黄金比が、時代を切り裂くレンズになることを現場で確信した「週末】でもあった。

エアコンの涼しさの風の中。日永?一日「心身】のケアだな、今日は。

閑話休題!

パソコンを最新、最速、最強!ハイパワー!で展開するのが「時代」の最前線をゆったりと余裕で、活きてゆく「きも」となる話は、前にも書いた。ただし、世間全般大方の人が、疲労困憊、疑心暗鬼、心身屈折の「態」となっている。

閑話休題その2!

海辺の自然と云えば。そろそろ、ウミガメの孵化も終盤線上にある。今年は蛍がさっぱりで、とうとういくつかの「夏」テーマをウミガメの巻を最終章にて、ストックブックの欄に仕舞う時・・・でもある。

疲労困憊の「対策」には?ニンニクたっぷりのホルモン焼きで、餃子で、稀に「うなぎ」を貧乏している「心身」に馳走する。・・・そう、稀に。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-24 11:14
今年は随分と「すごしやすい」と書いた、矢先・・・
先ほど、地元の神社の祭礼で、出かけたら。西陽の強さが、強烈で!階段を登り、下りでほうほうの体で、幸い「足神さん」も祀られており。入念にお賽銭を・・・さらにお礼と今後の足の無事をお祈りしました。で、強烈な台風もふたつ。天気図に見えてきた・・・

空模様が、エネルギッシュで。今はまだ、遥か洋上なんだけれど。影響が出始めてると感じる。仕事の環境をフルセットマッキントッシュに完全移行させたら、伝送がとんでもない「速度」の「仕事量」をこなしていた!?ほんまかいな?と、止まってんじゃないかと?早速、クライアントに確認の電話を入れたら、OKと云うではないか。信じられない?本当に大丈夫?

と思いながらも、丁重にお礼を申し上げた。ただし、今も、不安である・・・

それにしても。

世の中の流れにどんどん、「体」が、追いつけなくなってきたきょうこのごろ・・・。だから?マイペースの風景写真家への道のりは、もう少し「回り道」らしい?
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-21 17:26
今年の夏は、随分と過ごしやすい?何年かぶりかに、
「タマムシ」を見た。もう少し、アングル違いをと「模索」してたら、ふわりと飛んで、見えなくなった。夏の終わりのわずかな夢の中の物語だったのか・・・

b0169522_2132064.jpg


で、夜の部は。お食事中のいきものたちに接近遭遇を試みるのに違いないが。本日はゲストを案内するという「役」で、照明係も兼ねて、伊勢悠久の森に分け入った。ばっちりの筈のアングルだったが、パソコンで開いたら?角先と足が中途半端に切れていて(笑)。

b0169522_2193715.jpg


鹿とイノシシは、仲良く共存しているのが、伊勢の山では。群れが入り交じっているのに最近、気づいた。季節が進む内に若い鹿たちの群れが、大きくなる感じで。その中に逆に群れから離れたイノシシが、混じる「きょうこのごろ」。

b0169522_2241921.jpg


もう、ひとつ。里に住処が無くなり、山奥へと住み着いた「カマドウマ」と峠の夜道で出会う。

b0169522_2262864.jpg


週明けにも。案内の予約が入っている。本日は、デジカメとVTRを駆使?した。食物連鎖のまさに「宝庫」は、そろそろ「幻の夏鳥」が、南を目指し、旅立つ頃・・・夜を徹して、イノシシが掘り起こした後におこぼれで、生き残った「特大みみず」を捕食する。

夜明けのドラマチックロケーションは、今日は休憩・・・寝るぞーーー。
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-21 02:36
夏の銀河が西に傾き。そろそろ、首の付け根が
根を上げる・・・窮屈な態勢で星空を見上げているからだ。悠久の森が「星明かり」にディティールを浮かび上がらせるが。森の奥は漆黒の闇である。音の無い、真っ暗な世界に「音」が起つと、伊勢悠久の森の生き物たちの登場である。で、夜の闇の中では?人間が見られているんだ。

撮影は常に「間合いの見切り」にあった。躊躇はチャンスを失い、せっかくの「運」も失せる。問題は70−200まで短くなったレンズであったが。ついに撮影最短距離を割った!200マクロの出番になった。この夜は持ってきてない(泣)。

ブラインドやえさ場はいっさい、設定しない撮影スタイルで。夏は短パン、Tシャツの正装で。むき身でアプローチなんであるが。正確に云うと、いきものたちが。小生に大接近してくるのだ。

b0169522_245872.jpg
b0169522_244226.jpg


巣穴から顔を出した「小動物」が、尾っぽをたてて。夜の闇のおつとめに出て行った!?


b0169522_281328.jpg
b0169522_275879.jpg


さらに小さなのは。かさこそと本当に小さな音をたてて移動する。落ちた「木の実」を両手に持って、こりこりと食べる仕草はなんとも「かわいい!」。ただし、漆黒の闇のどこからか?捕食者(ふくろう)が音も無く、忍び寄っている!

で、週末のスポーツフォトが、まだまだ。過酷で、残暑きびしく!疲労困憊・・・これで、平日の「徹夜徘徊」を「連日」ともなると。さすがにくたくたで???ただし、(続)もののけとの遭遇は、最高に楽しい!

閑話休題!

でだ。次期デジカメなんだけれど?D400?が、噂どおりのスペックで、リリースされてくれば?またまた、さらに。新世界の扉が、開かれるコトになるに違いない!すばらしき日本の四季自然に乾杯!
[PR]
by syashinkouboutabi | 2015-08-20 02:32