四季彩 原風景への旅  日本には二十四の季節がある!
tabikara.exblog.jp

たかだけんじ(写真と文)の 旅から旅へ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タカダフォトグラフィー 写真工房旅
<   2018年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
週末の炎天下は過酷だった!いつまでもこんな同じ様な話を書き続けるのかと?で、朝夕は秋の気配でと(笑)・・・
これもまた同じような話が続き。仕事の消化能力が格段に落ちて来ていて、創造力も湧かなくなり最悪の環境が輪をかけて。そろそろ、引退の潮時かと本気で思い始めた頃?仕事がさり気なく舞い込む。先の先のメジャーなフィールドまで・・・有難いんだけれども、色々クリアしないといけないコトも多い。しばらく顔を出してない現場も有って、それが先週末だったんだけれど。最前線で必要と判断していただいてるんだなあと安心と安堵もしたが、以前の様な「忖度」「欲」の「本音」は皆無で、自然体で与えられたミッションを真摯に遂行した。

結論として。

仕事もプライベートも付き合う人間はきっちりと選ぶべき。

もう、ウンザリ・・・。

で、疲労もそこそこ失せて。老人の早起きです・・・(笑)。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-08-28 05:18
長かった「お盆」の日々。我が家のお盆も無事済ませ、町内会にも顔を少し出し、仕上げは西名阪道を
三日連続「早朝&夜勤」の三往復のドライブで。なんと気温は20℃が掲示されており、日中も30℃をこ超える事も無くエアコンの効いて居るであろう「インドアより」も外気の方が格段に気持ち良かった風が吹いたのが金曜日。日曜日は少々蒸したが、上旬のそれとは比較にならないほど「快適!」。

で、オーダーは入ったが進まなかったスケジュールの打ち合わせが世間延々の盆休み明けとなろう週明けであるが?一週間以上の「間」が気にかかる?本当に話が通じて、進むんだろうか?他人も巻き込んでの案件もあるんで気がかりになって来た・・・

そこへ。次のオファーがお盆真っ只中に掛かってきて(笑)。お盆開けてから、打ち合わせに伺いますと「返事」はしたものの、私用、他用のさらなるバッティングにどうなることやら?

まあ、それでも。

暑さ寒さも彼岸まで・・・の今日この頃。

閑話休題?

で、世間一般外の「時間帯」の仕事は充実していて、快調なペースで作品作りが進行していて。普通ならば、時計の針だけ見ていれば?夕方前の刻限を指して居る筈が。夜明け、日の出前に「絶好調」とまでは当然行かないまでも「心地良い」気分で日々、過ごせて居る!

これは大事な事である(笑)。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-08-20 03:30
独断と偏見による「残暑」への対応は、内からは氷たっぷりの保冷ボトルを携行する。
皮膚への直射日光の対応は自転車の選手時代、毎日お世話になったボトルと言われる専用のいわゆるポリの「水筒」。ノズルの ON.OFFで簡単に水を体にしかも適度に噴射できる優れ物。で、先の氷入りのには紅茶、スポーツドリンク、ジュース、麦茶など気分で調達。スポーツドリンクはそのままだと濃いので、かなり薄くなるように調節する。市販のままだと一般庶民には効果が強すぎて下痢になる場合もある。要注意(笑)。

それと蟻を大量に呼ぶので注意!

快晴の天候の安定で、晴れ間が多い今年の稲作は「実」が小さい。写真の写りも「イマイチ」でと書くと苦労して育てている方には申し訳ない。南の強い風が今日も吹いた!
たっぷりの水分を携行したが、涼しささえ覚える野の道である。それでも体温に近い気温は1度ほど数値的には低いだけで、空冷の効果絶大である。

たわわに実った「稲穂」のイメージフォトがゲット出来れば?このテーマのライフワークが取り敢えず完結する。そう言われれば、今年の「実」は小さい・・・美味いかどうかは別だから、これも毎年仕事で伊賀米の収穫期には伊賀上野へ撮影に出かけていた。

一番美味しい「旬」の頃には稲田に「獣道」が通過する!動物や虫たちはよく知っている。その関わりの写真をもと思うと24H営業となり、何時?眠るんだい?となる・・・

世間お盆休みにつき、便乗して「休息日」とならないのが、しがない写真屋の今日この頃である。

600ミリのフローライトの描写力に惚れ込んで、マクロレンズの撮り方で、風が吹けば「右往左往」の連続で、ピント合わせもアングルの固定もままならず翻弄され続ける。これで、本格的に秋風が吹いて9月になりその終盤には超絶なスペクタクルと出会う季節が巡る。

春夏秋冬の巡る四季彩の中で、食物連鎖が展開される「日本の四季」折々の風景に対峙する。








[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-08-12 02:12
撮影現場の環境が先ず、気温が体温を上回る!ただし、フェーン現象の最たるその特筆すべきは五月晴れの如く
風景に透明感が延々と持続された!この光景は過去に遡っても記憶に無い!故に純然たるオリジナルを叩き出すことに成功させた!どこにレンズを向けようと絶景が展開された!撮影機材のバージョンアップもドンピシャで来た!全てに「感嘆符」が付くのであった(笑)。

ただし、激暑・猛暑・酷暑・熱波・灼熱も「峠」を越した。二十四節気「秋分」を刻み、季節は去り、巡る・・・。

ブログに画像をアップする時間を作品制作の仕上げに持って行ったら?何と凄まじいペースでカット数を稼いでいた(笑)。情報を漏らさず、効率が随分と上がったんだけれど。広告宣伝にならない分も大きく?葛藤でもある・・・。暫くは「漏らさ無い」と言うスタンスを続けて、売上に影響があるのかをサーチしたい。本音は今更宣伝することも営業する事も必須では無いと感じている。口コミが最高の手段であると知る。

数の論理もある。バリエーションを付加する段階に来ているとの自負もある。そこへニューエリアを開拓して拡げて行けばの算段である。気の長い話ではあるが、楽しみと夢がある。

ただし、現実とのギャップは相当である、筈。

さて、寝る時間だ・・・(笑)。

まあ、なんてえ「生活」なんだ・・・














[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-08-09 03:25
Nikkor 180ー400(x 1.4 tele)を伊勢神宮、インターハイ総合開会式(インドア)その他、競技でフルタイムの
何日間を激写した!重量感はたっぷりあるが、ズームレンズの重量感のバランスでこれくらいの重量が無いと撮影の安定感に繋がらないだろう。この一本されど一本!特筆すべきは撮影ディスタンスを選ばない!要は撮影ポジションが格段に広がるという印象で、思い出すのは初めて世界選手権を撮影に行った時の話。とある競技のゴールでAパスのフォトグラファーは世界各国から終結した数百人の中から18名がコースオンで撮影OKのタバードが支給された。

小生は特別枠で次のグループに入れたが、コース外の観客は居ないがガードレールの外側。ただし、ゴールラインサイドまで徒歩で移動できる絶好の移動可能ポジションで、世界の主流がサンニッパの全盛期の頃に400を携えていたので、外国メディアに混じって自由自在のポジショニングだった(笑)。要は機材のアドバンテージはすべての場面においてストレスフリーとなるばかりでは無くて、ポジショニングのつばぜり合いの混乱からも回避出来るしシャッターチャンスも余裕で対応可能となる。

Aパス諸兄は最前線なんだけれど、撮影ポジションは固定!小生は可動!で、不運が襲った!Aパスの自称世界ナンバー1がヅカヅカと小生に向かってやって来た!で、お前のレンズは長いから何処でも撮れる。俺のは短いから俺に場所を譲れと来た!報道規定に沿ってのポジションで一年前の報道会議も出席しての本番の幸運を引き下がる事は無い!喧嘩になって、国際問題?

ところがそいつ以外の外人がこっちに加勢した!(笑)。ドリンクまで奢ってくれる顛末(笑)。その他話はもっと面白いことが沢山付録されたが省く。

言いたいのは「写真はレンンズで決まる!」を、この夏。何十年かぶりに体感したと言う「回りくどい」話・・・それ以来の「特別枠で」の撮影は Fー1GPでも体験している!から、数えきれない。どこからでも撮れると言うことはアングルに制約のないばかりか「バリエーション」が自由自在になるのだ。

まさにプロフェッショナルな最高のレンズを Nikon はリリースしたのだ!いい時代だなあ〜。










[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-08-08 09:25
灼熱の夏のフェーン現象はサウナの様な湿気?で、ある面「救われた?」日陰、風の吹くエリアは「案外」
気温の割には快適?だった・・・ただし。灼熱の太陽の直射は「生命」に危機有り!この間の「雨」で風景が変わった!いよいよ「立秋」の「旬」であろうか・・・

乾いた風景の続く頃、受注仕事で7月の大半が過ぎて。ライフワークの「森」への欠勤が続いた。やっと落ち着いて、振り返ったら?その「季節」も遠退いて、夏バテだけが残っている。

気を抜いていても遠ざかる。

この年齢では気合を入れ過ぎても保たない。若い頃の様に営業もしなくて大義名分も動く理由も付けなくても良い。見猿聞か猿言わ猿の「自然体」が成功の秘訣?鍵?キモ?そう自覚しているつもりでも、体力、行動力はともかく?口は相変わらず絶好調ですねえ(笑)と昨日も言われた!これはいかん如何なものか(反省)・・・

真面目に残暑に立ち向かい、乗り切ろう!

約束が二つ以上果たせてない・・・

笑って許してもらえるだろうか?

身体は一つ。脳みそも一つ。それが、人並みに働けない・・・今日この頃・・・









[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-08-08 01:46
伊勢・五十鈴川界隈 二十四節気 「暦」は 立秋 ・・・大雨の朝です。インターハイの中頃に
陸上競技場のNPSのデポで清掃、ファームアップのバージョンアップをしていただき気分揚々と迎えた週末のサーキットも滞りなく完結!次は大きく「括ると」観光写真となる。で、その「暦」の上での表現は残暑となる。ただし、いまが一番厳しさの最高点で、もうこれ以上にはなりませんよと云う「話」・・・

気象もそうなんだけれど。いろんなメイドインジャパンの失墜で、そこへ加えて「人間」も一体誰が信用出来るのか?信じて良いのか?のこれはいまも昔も普遍の実態・・・

まあ、今が落ちる所まで落ちた「鍋の底」だと思いたい。で、良い話が皆無のような?いや、何。これも気持ちの持ちようか?今するべきコトは明日に延ばすな!善い、文言ではある。

夏バテに負けるな、ぐわんバレ!それにしても?である・・・異常気象では済まされない。水分とか摂ってりゃ良いてモンじゃない。次元を超えている!外にいるコト自体が間違いで、ただし。空気の淀んだ「室内」が最も危険!

今ん所、安全地帯は日本に無し?やっぱ、知床へ「逃避」かな?(笑)・・・
















[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-08-07 10:15
も〜たまらん!激暑なる文言を初めて見た!本日も汗まみれの塩まみれの体に鞭打って「生還!」。
機材もタオルをかまして、撮影に臨み。本日はクーラーボックスに体に水をかける為の専用のボトルを用意した!で、いつにも増して「氷」入りのしかも蓋まで届くほどのたっぷりの体積を放り込んだ!夕方まで氷も残り効果有り!で、生き延びた!

クールロングシャツ、タイツで日射しを避け、頭に濡れタオル。ところが、意外なところにウイークポイントが出た!サーキットのコースサイドで座っての仕事(撮影)のポジションではシューズに直射日光で、足の甲が痛くなるのを体験!

並みの暑さじゃないんだ・・・(泣)。

あんた、ええ加減にせんと。「死ぬで!」・・・


閑話休題!
暑さのせいだと思うんだけれど?
大怪我・・・
倒れたのと知人の話があった。

仕事とは言え、そこまでやるか?
いや、やった。

小生も一度、倒れなかったが?
救急車搬送!ICU諸々に8日間。
酸素マスク、複数点滴、心電図、管類のこれも複数のお世話になり。

それ以来、生き方が変わった!当然だよなあ・・・


















[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-08-05 23:13
二十四節気はまさに「大暑」を超えの候。暑さも慣れたと思いきや汗まみれは塩まみれの最悪のコンデションに有り・・・
次なるミッションは秋に跨る。ちょっと広範囲のアートになるが、まあ「遠方」では無いが仕事(撮影)は「ほぼほぼ」夏場だけと言う「物理的制約」があるので、ストック力が肝となる。で、思いも寄らない「エリア」がテーマで。ストックがフルシーズンをフォロー出来てない!?

ただし、ライフワークとドンピシャで方向性は間違ってはいなかったのが未来につながった。

撮影機材の革命的進化によって、フォトグラファーに「寿命」が延命されて入るが、秋に65歳を迎えるにあたり、かなり「しんどい」(笑)。それでもぐっすり眠れれば?結構、回復する「体力」と勘違いして寿命を縮めているのかも知れない。で、これも医学の進歩に何度も「生命」を助けられている現実・・・仕事への情熱と心身への労りとの葛藤の真っ只中。の、今・・・

お盆前までに完結させないといけないテーマから入る。今の「旬」である・・・

二十四節気の8月は「秋分」である。人生と同様?時間の経過は待った無し!お声を掛けて頂ける「内」が「華」である(笑)で、日々。全知全能を振り絞っている!(つもり・・・)

閑話休題!
オーダーがあって「伊勢うどん」をクール便で東京へ送る!
本物の「伊勢」を食す会をやるらしい?

こっちは「伊勢」の二十四節気を全世界へ「発進」の天命を持った(笑)。
まだまだ、「志(こころざし)」半ばでの「先の」エリア外のミッションを御所望に預かり、さて?切り口は?どうする・・・?

・・・待った無し!












[PR]
by syashinkouboutabi | 2018-08-02 03:26